<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青年団「さよならだけが人生か」@AI・HALL

c0025481_22245413.jpg
東京都内某所の雨が続く工事現場に、折り悪く遺跡が発見される。
遅々として進まない工事。
工事現場の人々、発掘の学生達、ゼネコン社員や文化庁の職員など、
様々な人間達がだらだらと集まる飯場に、ユーモラスな会話が、
いつ果てるともなく繰り広げられる。
青年団史上、もっともくだらない人情喜劇。

1992 年に初演され、「そのとき日本の演劇界が青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、
2000 年 のリニューアル上演以来、16年ぶり待望の再演。(劇団HPより引用)


昨年、吉祥寺で見逃していたのだが、随分と経ってから
伊丹でやるということは知っていたので、さくっと伊丹までおでかけ。
ちなみに今回は、帰りは珍しく高速バス1900円!
(いつもはJR新快速利用で2時間半なのよね。近いもんです、大阪。)

とある工事現場の作業員の休憩所が舞台。
まもなく山形の現場に移るベテラン作業員の送別会に向けた準備の話と、
工事現場から見つかった遺跡の発掘調査に関わる大学院生の話を中心として、
交錯する人間模様を描いた作品。
前回の上演は、旧石器ねつ造事件の頃(2000年ころ)なのだそうで。
そこからさらに、2018年現在に合わせて書き直しているのだろうか?
でも戯曲そのものには、初演が1992年だと感じるような古さは全くなく。

わかってはいたのだが、相変わらず役者のリアルさには驚いてしまう。
大学院生も、ああいうの、思い出すと大学時代には居たな…。
あんなようなビジュアルと会話!史学とか、心理学専攻!!
工事現場のおじ様たちも、ちょっと小ぎれいだけど、確かにいる(笑)
がゆえに、演技面の問題ではなく、そもそもの設定がちょっと芝居っぽい役は
なーんか、キャラ立ちとは違う意味で目立つ。
例えば、文化庁の役人とか。ああいう文化系女子は世の中に確実にいるのだが、
文化行政に携わっているかと言われると、私はあまりイメージがない…。
国公立の博物館学芸員ならまだしも。
そして、そういう役に限って、意外と芝居っぽい言動をしたりするもんだから、
ちょっと鼻につくのである…。(苦手な人には苦手なアレ)
役者的には、その役にドはまりで、いい味出しまくっているのだが、
それとこれとは少し別の話で。

この芝居、タイトルが凄く印象的だが、もちろん元ネタは、
御存知、さよならだけが人生だ」と井伏鱒二が訳した漢詩である。
この漢詩の解釈について、惜別と捉えるか、もしくは一期一会と捉えるか、
2つの見方があるらしい。
詩に描かれた事象は一つだし、見えてくるビジュアルも当然一つなのだが、
その様子をどう捉えるか。惜別と一期一会、違っているようで似ている、
というか、この微妙な具合を上手く言葉に言い表せないが、
ベースにあることは一つなのだと思う。

声高に主張するわけでもなく、込められたメッセージが、やおらハッキリ
立ち上がるというわけでもない。ぱっと見た感じ、本当にその辺の日常を
そのまま切り取ってきたような、特段ドラマチックでもない話。
しかし、各登場人物がポロリと語る過去や現在の境遇には、
それまでのドラマや歴史がある。「人に歴史あり」である。
ここの歴史が日々交錯してドラマが生まれて、さらに年月を重ねて、
また歴史になって、そんなその辺の人々の、ごく溢れた日常の積み重ねの
一端やら痕跡やらを、何千年後には歴史学者が発見して、
勝手に分析しちゃったりして、ロマンを感じているわけである。

そう思うと、こうして過ごしている私の日常もちょっと愛おしいモノに
思えてもくるし、今身近にいある人の人生や、ともに過ごしているこの時間も、
何やら無価値ではないように思えてくるから不思議。

「さよならだけが人生だ」の漢詩には、個人的には、
どこかフォークソング的な出会いと別れを感じるところがあるのだが(笑)、
そんな(今の時代となっては)暑苦しいものでなくても、
瞬間瞬間の出会いを、感謝までしなくとも、大切にしていきたいものである。

というか、この漢詩の意味(井伏鱒二訳)について、じっくり考えてみると、
「本当にそうだわ~」そう思うことがいっぱい…。
大事にしたい出会いはたくさんあるのだが、なかなか続かない…。
人生は、あっけないまでに、さよならばかり。
一期一会と思うのも、情緒があるようで、切ないものもあるんだよな。

---------------------------------------------------------------------
青年団第76回公演 「さよならだけが人生か」
(伊丹公演)
2018年1月26日~29日 @AI・HALL

作・演出:平田オリザ
出演:山内健司、小林 智、太田 宏、石橋亜希子、荻野友里、小林亮子、
立蔵葉子、森内美由紀、石松太一、伊藤 毅、井上みなみ、小瀧万梨子、
佐藤 滋、前原瑞樹、串尾一輝、藤松祥子、大村わたる、寺田 凜
舞台美術:杉山至  装置:濱崎賢二  照明:西本彩
衣裳:正金彩  舞台監督:小林朝紀  宣伝美術:工藤規雄+渡辺佳奈子 太田裕子
宣伝写真:佐藤孝仁  ロケーション・コーディネーター: 渡辺一幸(NEGO-TI)
制作:石川景子、金澤昭 撮影協力:(株)TYOテクニカルランチ、恵積興業(株) 
協力:(株)アレス  主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 
共催:伊丹市立演劇ホール 助成:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

[PR]
by yokusang_09 | 2018-01-27 19:12 | 芝居を観てきた2018 | Comments(0)

ロロ「マジカル肉じゃがファミリーツアー」@神奈川芸術劇場大スタジオ

津で観た「BGM」が自分の中で大ヒットだったので、ちょっとロロづいてしまった私。
年明け1発目の新作も観ちゃうことにしてしまった。
2010年に初演された「旅、旅旅」に大幅な書き直しを加えた新作公演。
そして、2017年上演の「BGM」「父母姉僕弟君」から連なる
“旅シリーズ”の第3弾として上演するのだそうだ。

c0025481_2325356.jpg
家があって、家のなかにはあたしがいて、あたしのそばには彼がいて、あたしと彼の間に君がいた。君があたしを「ママ」って 呼んで、あたしはママになった。ママは50⾳のなかから最高の音だけを選んで、君ぴったりに並べてプレゼントした。そうして君は「めくるめく」になった。ママとめくるめくは、家のなかのあらゆるものに名前をつけた。洗濯機はエッフェル塔になっ て、冷蔵庫は⽔星になった。2人はいつも呪文を唱えるみたいに名前をよんだ。だから名前は 2 ⼈にとって魔法だった。

別に我が家は特段の機能不全に陥っていたことはないので、
我が家と特に共通点はないけど、特に拒否反応を示すことなく観ていた。
「人間って、こうやって成長していくのかな」というほっこり感というか、人間愛というか。
愛も恋も描かれていたけれど、全部ひっくるめての、人生に対する愛情が詰まっていた。
何気なく流れていく日常は、実はドラマの積み重ね、ということか。
大抵の人間は、あんなに綺麗でキラキラしてないし、
すくすく成長もしてないと思うのだが、そんなことは当たり前すぎて問題ではなく。
だいたい、あんなマッチョな母親いないでしょw(そもそも男だし)
ロロで家族モノやると、キャスティングも含めてああなるのか、となんか納得。
夫婦役の二人の俳優がすごく印象的だった。
マッチョな母さんは、なんかとっても愛らしくてよかったし、
父さん役の猪俣さんは、安定感のある演技が父親役に大変マッチしていていい仕事。

家族の構成員各々でエピソードがあって、シーンもころころ変わるなか
あの大型の3分割(3.5分割?)回転舞台はかなり有効に機能していた。
場面を転換する・風景を流すといういわば物理的な効果以外にも
回転舞台の周辺もアクティングスペースとして使っていたがゆえに、
回転舞台そのものが社会の最小単位ともいえる、
家庭そのものを表している気がして、全体を振り返ってみると、
かなり劇作というか演出そのものに食い込んでいて、やたら印象に残る。
あとは、衣裳も、なかなかに謎でよかった(笑)
特に家族の衣装が、色使いも素材使いも、カラフルでキッチュ。
近未来なのか、もしかしたら彼らは宇宙人なのか?とも思ったけど(笑)、
そうではないにしても、これまた芝居全体に大きな存在感を放っていた。

リリカルで、ポップでちょっとキッチュなテイストに、健やかなる家族と愛、
現代とも未来ともつかない、(埼玉あたりだろうけど)どことも言えない場所、
なんていいますか、これ、多分恋愛ものだったら絶対嫌いなのだが、
ロロ版サザエさん、って言っちゃっていいんだろうか。違うかw
でも、母親役ってちょっとサザエさんぽかったし、
私の中ではそういうことにしておく。

-----------------------------------------------------------------------------
ロロ vol.14「マジカル肉じゃがファミリーツアー」
2018年1月12日~21日 @神奈川芸術劇場大スタジオ

作・演出:三浦直之
出演:板橋駿谷、亀島一徳、篠崎大悟、島田桃子、望月綾乃、森本華、
猪俣三四郎(ナイロン100℃)、北川麗(中野成樹+フランケンズ)、宮部純子(五反田団/青年団)
美術:杉山至(青年団) 、中村友美  照明:久津美太地(Baobab)  
音響:池田野歩 舞台監督:小川陽子、熊木進  衣裳:臼井梨恵(モモンガ・ コンプレックス)  
演出助⼿:中村未希(恥骨) 、山道弥生
イラスト:ボブ a.k.a えんちゃん  デザイン:郡司龍彦+佐々木俊  
広報:浦谷晃代(Diet-chicken) 当⽇運営:⽥中亜美(劇団女体盛り)  
制作:奥山三代都、坂本もも 助成:公益財団法⼈セゾン文化財団
提携:神奈川芸術劇場 企画制作・主催:ロロ さんかくのまど

[PR]
by yokusang_09 | 2018-01-21 18:59 | 芝居を観てきた2018 | Comments(0)

東京芸術劇場「秘密の花園」@東京芸術劇場シアターイースト

福原さんが唐作品の演出と聞いて、見逃すわけにはいかぬっ!!ということで。
芸劇で唐作品なのか~って声を見かけたのですが、実はこの作品、
1982年の下北沢本多劇場のこけら落とし作品だったんですね。
ってことは、別にホールでやったっていいがね!ってことですわね。
で、初演時の主演が柄本明だったんだそうで。それが今回は息子の柄本佑。
へ~。なかなか感慨深いじゃないの(笑)

c0025481_22432224.jpg
【あらすじ】(劇場HPより引用)
日暮里にある古びたアパートの一室。この部屋に暮らすのはキャバレーホステス、いちよ(寺島しのぶ)とポン引きの夫、大貫(田口トモロヲ)。この二人のところに店の客であったアキヨシ(柄本佑)はもう2年もの間、毎月自分の給料を何の見返りも求めずに届けている。そんなアキヨシにいちよはよく「生まれる前の港で、契りを交わした」というメルヘン話を語り聞かせていた。ある日、アキヨシはいちよに実は自分には縁談話があり、関西に転勤しなければならないと切り出す。憤慨するも「お幸せにね」と明るく振舞いその場を離れたいちよであったが、その後共同トイレでアキヨシが見たものは首を吊った、いちよの姿だった。その時、動揺するアキヨシの前にいちよと瓜二つのアキヨシの姉・もろは(寺島しのぶ)が現れる。いちよとアキヨシ、もろはの三者三様の思いが絡み合い新たな物語が紡ぎ出されていく…。


「秘密の花園」自体は唐組やほかの劇団でも何度も再演されているし、
私が足らない教養で云々いうよりも、他の批評を読んだ方がいいと思うので
その点についてはお任せしつつも、でもやっぱり感じたことを。

ものすごく壮大なお話っぽく見えるけど、実は(傍から見たら)
日暮里のボロアパート周辺で起きている、全然個人的で
ミクロでアンダーグラウンドな話で、でもそれがあんなに壮大になっちゃうって
なんというか、(これはどなたかも仰っていたことなのだが)
まるで子供の頃の心象世界がそのまま舞台になっているのかなぁ、
なんてことをぼんやり考えていた。
色んな感情や妄想が交錯して、現実と非現実の境目が
ぐちゃぐちゃになっていくのも、特に誰かに対する愛憎と、
並行して悩み事があったりした時の、自分の頭の中の思考を、
本当にそのまま考えると(表現してみると)あんな感じかもしれない(笑)
この作品のパターンに似たものは、恐らく過去に何作品か見たことはあるのだが、
思い起こしてみると、(最近このテイストが気になっているというのもあるが)
一番ストンと頭の中に入ってきたのは、つまりはそういうことなのかも。
ある種のカオスなのに、すとんと収まる。

しかし、戯曲のパワーもさることながら、この公演で一番気になったのは
やはり演出である。もう、福原さんの唐十郎愛が溢れまくってて(笑)
戯曲に対する理解とか、原作を大事にしながらの新しいことへの
挑戦といった類のことは観ていて感じ取れたのだが、
それらすべてひっくるめて「戯曲への愛」、と言いたい。
てか、事実そうでしょ、多分w
役者の演技もあるけどすごく観やすかったし、美術はでかいし、
水もぶっかけてたし、葉っぱも落ちてきたしで、超しっかり福原芝居。
何より、福原さん本人が冒頭トラストに役者として
出演していたのもかっこよかった。
出演者もなかなかに贅沢に個性派ぞろいで、超好みだった~。
寺島しのぶの、あの小劇場女優ノリはやっぱり大好き。(おっぱい関係ない!)
あと、柄本佑はなんか可愛くって、それがまたあの役柄にハマっていた。
他にも気になる役者はいたけど割愛w
しかし、それもこれも、兎に角、すべてひっくるめて、
この芝居に対する愛だよ、愛。(←自分で言って懐かしい)

というわけで、お判りいただけたとは思うのだが、
私の好き成分で殆どが構成されており、
超絶大満足な2時間30分なのであった。幸せ~~~。

-------------------------------------------------------------------------------
東京芸術劇場 RooTS Vol.05
「秘密の花園」
2018年1月13日~2月4日 @東京芸術劇場シアターイースト

脚本:唐十郎
演出:福原充則
出演:寺島しのぶ、柄本佑、玉置玲央、川面千晶、三土幸敏、和田瑠子、
池田鉄洋、田口トモロヲ
美術:稲田美智子 照明:斎藤真一郎 音響:高塩顕 衣装:髙木阿友子 
ヘアメイク:大宝みゆき 演出助手:相田剛志 劇中歌作曲:田山雅充
企画協力:劇団唐組、徳永京子、渡辺弘
企画制作:東京芸術劇場

[PR]
by yokusang_09 | 2018-01-20 22:38 | 芝居を観てきた2018 | Comments(0)

玉田企画「あの日々の話」@BUoY

c0025481_2205569.jpg
【あらすじ】
このとき彼らは信じていました、この楽しく無垢な関係は永遠のものだと。
彼らは「俺ら誰よりもおもろいよな」と言い合った友を信じ、
間違いを犯したとき泣いて殴ってくれた恩師を尊敬し、
そんな彼らに「今となっては感謝している」などと素直なことを言える
自らの純粋さを誇りに思っていました。
そう、彼らは気づいていなかったのです。自分たちが欲にまみれ、
権謀術数の限りを尽くした泥沼の聖戦に突入することになるとは。

今作品は2年前に上演した作品の再演です。
大学デビューをした若者たちによる、誰もが身に覚えのある痛々しい思い出を、
滑稽かつ無様に描いた青春群像劇です。面白いと思います。お楽しみに!


今年の観劇始めは、東京・北千住から。
なじみの北千住だけど、あの地区まで行ったのは初めてだったので、
細路地を探検気分。(なんか、中村区っぽかった)

大学サークルの会合(?)後の、カラオケでオールの一場面。
私、ちゃんと大学は出てますけど、部活やサークルには所属してないかったので、
ああいうのをモロ経験してはいないのですが、なんか…わかる(笑)
ぶっちゃけてしまいますが、あのサークルにある独特の狭いコミュニティ感とか
部活まで至らないカジュアルさを装いながらも、なんか面倒そうな上下関係とか、
実は学生時代からああいうのがあまり得意ではなくて、メンバーの人の様子は
楽しそうだな~、正しく青春しているな~、と思いながらも
属したいとは露にも思わなかったんですね…。
そういうのが、思いっきり舞台上に出てました(笑)
前回観たときも思ったけど、あの「学生時代の1ページ」の再現度の
高さはいったいどこから来るのか…。
それにしても、学生時代って、今にして思えば可笑しいわ…。

キャラクターと関係性がいろいろとバラけているので、それぞれ肩入れというか
注目してみてしまう役があるのが、また楽しい。
自分は、文と小川さんに妙に共感しながら観ておりました。
小川さんはね…ああやって知らない間に自分が歳食っちゃうことある…。
彼はそれなりに自覚しているとは思うのですが、少し最近の自分を見ているような気分でした。
(気づいたら、自分より若い人が周りに増えまくってて焦ることがある)
あと、文ちゃんは、なんというか、私、割とああいう感情の抑制の仕方とか、
可愛げのなさとかあるんですよ…。最近はもうだいぶおとなしいですけど。
というか、その感情を抑制しながらも、相手に仕掛けていくという
演技のその感情の圧が素晴らしかった。
久し振りに客席まで感情がバンバン飛んでくる。

キャラクターの関係性だったり、場の空気感だったり、
それは戯曲の巧さもあるのですが、それ以上に、演出と役者力が、
この芝居の面白さに大きく貢献しているのかな、と思ったりしておりました。
最後、始発列車が走り始めるころの、オール明けのダウナー感も、
本当にオール明けっぽかったし。(それくらい疲れているのかもしれませんが…)

というわけで、なんか、手近な距離感ながらも、だいぶ役者力に
魅せられた観劇始めとなりました。これが観劇始めでよかった~。

--------------------------------------------------------------------------
玉田企画 「あの日々の話」
2018年1月18日~28日 @BUoY

作・演出: 玉田真也
出演:浅井浩介、青山祥子、猪瀬青史、木下崇祥、菊池真琴、近藤強、
富樫まなり、真臼ねづみ、山科圭太、玉田真也
舞台監督:宮田公一 舞台美術:濱崎賢二(青年団) 照明:井坂浩(青年団) 
音響:池田野歩 衣装:根岸麻子(sunui) 演出助手:川井檸檬 
構成協力:木下崇祥 制作:足立悠子、小西朝子、井坂浩
宣伝美術:牧寿次郎 宣伝写真:馬込将充 主催・企画制作:玉田企画
協力:イトーカンパニー、ダックスープ、BELLONA MODEL AGENCY、
レトル、うめめ、青年団、sunui

[PR]
by yokusang_09 | 2018-01-20 17:55 | Comments(0)

2018年の生き方標語とか。

c0025481_01321391.jpg

あっという間に、2018年。
こういうの、1年の終わりにやれなくって、
新年になってから完全に振り返るスタイルなのですが。

去年は、実は「八方塞がり」の年でして…。イマイチなことがよーけあったw
しかも、その(八方塞がりだという)事実に気が付いたのが6月頃で結構遅いという…。
去年の初詣で引いた御神籤が「末吉」だったけど、まぁ、確かに末吉だったな。
去年の主だった思い出を振り返ってみると…
【bad】
・やたら感染症になる。(ノロウイルス、蜂窩織炎、結膜炎等…)
・人間関係のトラブル続く。(まぁ、疲れました…)
・ストレスたまって抜け毛が急に増える。(今のところ止まっているが…)
・健康診断で引っかかる(血圧もだけど、赤血球多めだったです…)
【good】
・デジタル一眼レフを購入。(写真楽しい。色々調整できるの楽しい。)
・ジム通いを10年ぶりに復活。(筋トレ楽しい。軽いランニングで肌荒れが減るし。)
・近場の観光地の魅力に気付く。(離島に登山に、色々あった)
・仕事がほどほどに忙しくなる。(暇の方がつらいので…)

ほんとパッとしーせんがやwww 
末吉って、7段階中(大吉~大凶)上から5番目だてね!
まじめなはなし、[bad] のダメージは結構でかかったのですが、
[good]で何とか精神的な埋め合わせしています…。

あと、毎年恒例、去年立てた目標を振り替えってみましょ。
PDCAだがね、PDCA。って、ほんとかて…。

大テーマ:健やかで快適に過ごすための実践 その2
①もっと純粋な旅に出る
②身体を鍛える(姿勢改善が喫緊の課題)
③血圧下げる・よく寝る・スキンケア頑張る
④仕事着を頑張る(主にクールビズ期間)
⑤名古屋の友達に会っておく


③の血圧は下がるどころか上がったんだけど…。
④はクールビス期間は思ったより頑張ってませんでした、すんません。
⑤は相変わらずあまり会っていないどころか、下手すると、もうあまり会いたくない人も
発生しており、また東京に帰りたい病が発動しかけとるw
あと、去年も「見通しが立たない」って言っていたけど、今年は史上最高に立たない。
4月以降の予定は殆どペンディングになっている。困った。

とはいえ、やりたいことはあるんですよ。きわめて個人的に。
それはやらないと、多分、自己が保てない気がする。大げさだけど(笑)
いかに振り回されないか、自己をキープできるかが重要な気がしている。

大テーマ:惑わされないようにする。
①焦らない・初心忘れない・しゃべりすぎない
②引き続き身体を鍛える
③お菓子を控える
④オシャレ頑張る
⑤ストレスは定期的に吐き出す



①は、相手のテンションに便乗したりするとロクなことがないし、
気を使って頑張って喋ると損するので、しないことにします(笑)
この年になって言うのもなんですけど、マイナスの成果しかない
自己犠牲は払わないようにしたいです。マイ生産性革命!
かなり難しそうですけど…。
②はそのとおりで、筋トレ初めて2か月で、早くも少しずつ成果が
出てきているので継続したい。マッスルメモリーってホントにあるのね。
③もそのとおりで、そろそろ糖尿病が怖い。家系に糖尿病の人いるし。
④のオシャレ頑張るは、実は自分の立ち位置のバロメーター的なところが
ありまして、そういう点で、もうちょっと今後を見つめなおすためにも
資本投下しつつ、改めて気を使っていこうかなと。
⑤は、①と関連しますが、まとめて吐き出すと周りにも迷惑だから…。

最近、仮想敵もたくさんできたし(苦笑)、憧れもできたので、
そういうのは活用していきたいですね。

というわけで、実は今年の御神籤も「末吉」でしたが、
少しでも小吉に寄せてまいる所存…。ホント願望ですけど。
[PR]
by yokusang_09 | 2018-01-05 01:39 | よくさん日記 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
more...

タグ

(175)
(142)
(53)
(48)
(42)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

今までどおりのことができない。
at 2018-08-22 21:49
モダンスイマーズ「死ンデ、イ..
at 2018-07-21 18:48
のぞみグリーン車で行く広島の..
at 2018-04-22 23:17
のぞみグリーン車で行く広島の..
at 2018-04-21 23:21
木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12

ブログジャンル

つぶやき
演劇