<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「はだか道」@長久手町文化の家 風のホール

c0025481_0453875.jpgある日、インターネットゲームを作る会社が、温泉旅館に慰安旅行に来ました。みんな、会社では黙々とパソコンに向かっているので、あまりコミュニケ―ションが上手くありません。顔は知っていても、話をした事が無いとか、そんなのは当たり前の職場みたいです。だから、会社の社長なんかは、そういう職場環境はどうなんだろ?と思って、こういう慰安旅行に、半ば強制的に社員を連れて来たりするんです。で、今日初めて喋ったという、田所と中西。二人は、お風呂で出会いました。温泉旅館です。周りは山しか無くて、温泉に入るくらいしかする事が無いのです。お風呂で挨拶を交わして、裸の付き合いをすれば、まあ、ある程度気心は知れるだろう、という社長の思惑はそれほど外れている訳でもなかったのですが、まずかったのは、この旅館でした。旅館の女将が、少し離れた所に「秘湯」と言われる露天風呂があると教えてくれたのです。「もう、すぐそこだから」という事で、田所と中西は、バスタオル姿のままその「秘湯」へ向かったのですが、行けども行けども、その「秘湯」は見当たりません。明らかにケモノ道です。「こりゃあ道を間違えたな、引き返そう」と来た道を戻ったのですが、今度は行けども行けども、旅館に辿り着かない。二人はバスタオルという無防備な姿のまま、森の中を彷徨う事になってしまいました。ようやく辿り着いたのは、朽ち果てた小屋と、打ち捨てられたバスタブのある場所。そこには彼ら同様に、道に迷った人達が代わる代わる現れては、先行き不透明な会話をするのでした。で、人の良さそうなおじさん風の山賊や、経理の林さんにそっくりな幽霊なんかも出てきたりして。 こんな調子で、二人は無事に露天風呂に、旅館にたどり着けるのでしょうか? (「はだか道」HPより)

天野さんの活躍が観たくて、観てきた。

実は平塚さんのお芝居って初めてだったんだわ。
で、率直な感想。

思いっきり不条理系会話劇だった。

自殺の名所である樹海(だと思う)という、ある種の閉じられた空間に、
プログラムのバグという考えが持ち込まれて、観とる側としては、
どこまでが現実で、どこからが幻覚(「バグ」)なのかがわからず。
観客もなんか、その、なんちゅーか、ブラックボックスみたいな樹海に
ほかられたような気になっちゃう感じで。
んで、なんてったって、会話が不条理系。
おまけにみんなバスタオル ←文字通り不条理www
てか、空のバスタブに入る場面で、佃さんのヘアが
ちら見えしてまっとったら、後ろのオバサマ方が「わーきゃー」って、
喜んどらした。
てかさー、もう何でミセス達は、男性のヘアが舞台上で晒されると
そうも喜んでまうんだてー。気持ちはわかるけど、佃さんよ?
別に、ヨンとか、うら若きイケメソ俳優とかじゃないのよ?
ほんなら、ワシのも見せたろきゃ?…見せんけど。

なんちゅーか、個人的には、若いセンスを体感したーって印象。
オシャレ不条理ってゆーか。
てか、最近、あの不条理系会話劇って類のモンに対して、
オサレなにおいを感じてしまうのは何でなんかしらん。
正直、そんなに得意なジャンルではないんだけど、何故かオシャレ。
例えて言うならば、イケメンがちょっと服装に気をつかったら、
「や~ん、オシャレ~」って言われるような類のオシャレ。
だから、「ただし、イケメンいい芝居に限る」なんだが。
今回のは、なんか、そーゆーオシャレ感がビンビンしとった。
結果的に、観劇後は、不思議な充足感ってゆーか。

ま、とどのつまり、結局のところ、なんだ。
わかったような、わからんような。…そんな感じ(笑)

--------------------------------------------------
第4回仙台劇のまち戯曲賞大賞受賞作
「はだか道」
2010年3月19日~20日 @長久手町文化の家 風のホール

作・演出:平塚直隆
出演:佃典彦(劇団B級遊撃隊)、古川聖二(オイスターズ)、小山広明(劇団ジャブジャブサーキット)、新美要次、天野順一郎(劇団「放電家族」/どっかんプロ)、鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
舞台監督・舞台美術:井上知也 演出助手:空沢しんか 照明:村瀬満佐夫
照明オペ:今津知也(オレンジスタ) 音響:田内康介(オイスターズ)
 
[PR]
by yokusang_09 | 2010-03-20 18:41 | 芝居を観てきた2010 | Comments(0)

てんきん2

↓ ガーラ湯沢のキャンペーン@池袋。globeやzooじゃないんだねw
c0025481_23463828.jpg

春は出会いと別れの季節…。

予想外にも転勤することになった。人生2回目。
(ホントは、職場内の配置換えを希望しとったんだけど)

ちなみに、今度はまた名古屋勤務どぇす☆
でも、なんか、噂によるとまた忙しいらしいもんで(←意外にも…)
とりあえず名古屋住まいは変えん。
予想に反して暇だったら、また考えるけど。

あー、これで

(1)栄・矢場町まで、定期で行ける
(2)隣の席の上司とおさらばできる!!!!(←どら重要)

(2)に関しては、天佑稲荷(恵那峡)&熱田神宮&鶴岡八幡宮で
祈りを捧げまくっただけのことはあったがんねw
この上司については、どらめちゃ語りたいんだが、一応やめとくわー。

今度の職場は、実は今までやっとった仕事と、全く系統が違う内容だもんで、
これまで何だかんだで、個人プレーで好きなようにやってきたワシとしては
不安に感じる部分もあるんだけど、頑張るしかないで、やります。

人に恵まれるといいなぁ。。。

[PR]
by yokusang_09 | 2010-03-17 23:57 | よくさん日記 | Comments(2)

ろりえ「恋2」@王子小劇場/一心寺シアター倶楽

c0025481_1838926.jpg客演で出とらっせる方とか観て、以前から気になっとった劇団。
早大(エンクラ)の劇団らしいんだが…。
学生劇団には思えれん。

最初(3月7日)、王子で観て、そのときは若さに圧倒されてまって、
でも、それだけじゃないがんね、的なしこりがあって、それが何か
悔しかったもんで、(18きっぷ余っとったし)大阪でも観てまったw
という、我ながら珍しい行動に出てまったがー。的展開www
しかし、その1週間の間に、自分の身にある事件が起こり、
2回目+個人的体験により、また深みを増してまった…(苦笑)

ビラには、「なくしてもよい手荷物、汚れても良い服装でお越しください」とか
当日は、「絶対席を立たない、手に何も持たない、膝の上に何も載せない」
とか言われて、結構ビビってまったんだが、理由は最後にわかる。
大阪の方がこの注意事項は重要だったです…。
ただ、思ったより安全だったけどw (当り前か…)

舞台上には、2階建てで、6つに区切られた部屋。
既視感アリwww (早大出身の先輩劇団、ポ○ドール…)
それらは、カラオケボックスや、主人公の自宅の一室、車校の教室、
警察の取調室、ロックバンドの控え室(?)だったりと、様々。
そして、部屋の前にあるスペースでも、芝居が展開される。
どーみてもバラバラな各お部屋の、しかもどえらいハイスピードで小出しに
展開するエピソードは、次第にゆるやか~につながりを持ち始める。
でも、この「ゆるやか~」が一つのミソなんじゃないんかしらん?
つながると言っても、みんなが一堂に会するわけじゃないんだわね。
まぁ、空間としてつながったり、人物単位でつながったりって感じで。
パンフの演出の言葉に書いてあった内容と、この散文的な構造とが
妙にマッチして、オレにとっては面白かったです。

誰でも経験しうる、どうしようもない恋する気持ち。
当の本人は真面目なのに、毒っ気を盛りながら、パロディにして語る
この草食男子的センス、こりゃヤラれてまった!って感じだがー。
若干詰め込み気味だったもんで、1回で消化できんかったけど、
結果的にはヨシw 
実は、大阪に行った日は、激しく落ち込んどったんですが、
お芝居観たら元気でたし。
今後の作品もちょっと観てみたいかも。

(センスで言えば、劇中の音センスが極めてよかった!選曲とか。)

-------------------------------------------------
ろりえ第4回公演「恋2」
東京公演 2010年3月3日(水)~7日(日) @王子小劇場
大阪公演 2010年3月13日(土)~14日(日) @一心寺シアター倶楽

作・演出 奥山雄太
出演:梅舟惟永、志水衿子、徳橋みのり、奥山雄太、 岡野康弘(Mrs.fictions)
    尾倉ケント(アイサツ)、坂口辰平(ハイバイ)、深谷由梨香(柿喰う客)
    高木健(タイタニックゴジラ)、 松原一郎、 横山翔一(お前と悪戯酒)、中村梨那
    三井翔太、本山歩、吉江浩
舞台監督:土居歩  舞台美術:三井優子  音響:田中亮大  照明:南香織
宣伝美術:だり子(薔薇色乞食)  WEB:徳橋みのり  当日運営:会沢ナオト(劇団競泳水着)
制作:徳橋みのり  製作:ろりえ  
協力:アイサツ、お前と悪戯酒、柿喰う客、zacco、シバイエンジン、タイタニックゴジラ、ハイバイ、Mrs.fictions

[PR]
by yokusang_09 | 2010-03-14 21:34 | 芝居を観てきた2010 | Comments(0)

いざ、ぶらり、鎌倉。

c0025481_1573173.jpgいざ!
キャバクラ
きゃまくら
鎌倉
(どうぞ、左の画像から、ニコ動に飛んでください)

東京から、日帰りで鎌倉に行ってきたてー。

前日に、遅くまで起きとったもんで、行きの湘南新宿ラインは爆睡w
あと、なんか、日光に続き、また雨…。雨男じゃないはずじゃないんだが、
今回の同行者(ハマさん)と一緒に遠出すると、雨が降ります。
多分、二人が揃うと、あいだに前線が張り出すんだと思われるwww
(でもわからんなー、厄を呼んでまうのかもしれん。ワシが。ネガティブだで)
c0025481_295128.jpgc0025481_2104736.jpg

直接、横須賀線で鎌倉に乗り込んでもよかったんだけど、
江ノ電を堪能したかったもんで、藤沢まで行って、江ノ電乗車☆
(藤沢駅で降りるのって何年ぶりかしらん…)
江ノ電とか世田谷線とかって、個人的にどら興味ある規格の鉄道でして。
でも、なんか、案外でかいよね。江ノ電。4両編成だったし!
(三河線と同レヴェルだがね!)
電車の先頭で、雨にも負けず車窓を堪能しながら、向かうは長谷駅。

c0025481_2122370.jpgc0025481_213847.jpg
ほんなん、おみゃあ、大仏さん拝んどかんと、鎌倉に何しにきたんだてー、
って話になってまうがね。でも、何故か長谷寺に寄り道www
まぁ、ハマさんが行きたいって言うモンでなんだけど。
案外楽しかったです。巨大観音像が、すっかりくたびれた私の心に染みた。
しかし、長谷寺は、眺めがいいところなんだが、雨にでら煙る七里ガ浜…。
♪そぼふる雨に煙る江ノ島」 なんて、浜省のノリにゃ…なれすかw
紫陽花の季節だったらまだよかったかもですけど…春だで薄ら寒いw
c0025481_2153484.jpg
そこからスタスタと鎌倉大仏へ。道路標識がオシャレ☆
東大寺もそうだけど、ホントに大仏があるだけよね…。でもこの潔さが◎。
大仏のときは、雨も一時的に止んで。やーん鎌倉!「いざ」ってよかったーw
20円払って、大仏の中にも入っちゃったし。(ちょっと善光寺みたいだがね)
大仏前は、こじんまりとしながらも、なかなか御土産屋とかも充実しとって、
なかなか楽しかったです。(鎌倉駅方面へ向かういい予習になった)

c0025481_231216.jpgc0025481_231177.jpg
雨が小雨になったところで、鎌倉駅へ。
構内の「鎌倉ハム」の店を見て、「山田昌!Kウィンナーだがー!」
「まー1本、まー1本と、たいがいにしとかなかんよ!(ry」
って連呼する名古屋人は、オレだけじゃあるまいwwww
鎌倉駅に着いたら雨が本降りになってきて、テンションが
徐々にだだ下がりつつも、鎌倉野菜食べ放題の美味しいお店で
ランチして、(テレ朝が取材に来とった。ちゃんと取材後に、
スタッフが残った御飯って食べるんだね~。)鶴岡八幡宮へ。
てか、おれ、ゴメン、ずーっと「つるおか」だと思っとりました。
「つるがおか」だったのね…。
(でもセンター試験は、「鶴岡」だでえーんだけどw)
現地でも「つるおか」って連呼しとったけどwwww
ちなみに、何で知ったかってゆーと、大銀杏が倒れたニュースのおかげ。
やー、びっくらこいたてー。ま、最後の姿を見られたってことで☆
(同行者が「アレ、倒れそうじゃない」って言っとったんだよね…!)
てか、雨でテンションがどら下がっとったってゆーのも、
印象に影響しとんのかもしれんけど、鶴岡八幡宮って、
案外なんか普通なのね…。
参道があんなにドバーン!ってあって立派なのに。
てか、鎌倉は街の規模からしてもそうかもしれんけど、
色々と地味ってゆーか、こじんまりしとるよね。
もうとにかくよー、鶴岡八幡宮では、どら雨に降られたで、えらかった。
国宝館は、歩きながら寝かけとったしwww

c0025481_2465375.jpgc0025481_2472929.jpg
その後、小町通りでぜんざい食べたり(←ここも今度取材に来るらしい)、
お団子食べたり、鳩サブレー買ったりしながら、
同行者の希望で最後の目的地、銭洗弁財天へ。
てか、鎌倉って小さいながらも有名なところが沢山あるのに、
ガイドブックって、半分くらいがお店のハナシなんだてー。
だで、その名の通り「銭が洗える」って行くまでしらんかったです…。
しかもー、営 業 時 間 終 了 w
それ以上に、財布に小銭あれせんかったしw
(甘味屋で、小銭出してまったんだて…。うかツゥ~!)
※右側の写真は、銭洗弁財天に向かう途中にあったガードレール。1192の数字がw

てな感じで、雨に降られながらの、初めての鎌倉小旅行が終了。
なんか、スケジュールと天候のせいで、やりきった感がイマイチで、
帰りがけはちょっと不満で、ぶーたれとりましたけど、
でも何だかんだで楽しかったです。
道中、お互い交互に不機嫌になりまくりなのは、ご愛嬌…。
あと、帰りに人身事故で横須賀線がダイヤボロボロだったのもご愛嬌w

京都よりも、街の規模が小さくてまとまっとる分、
遠足感覚で、ひょっこり行きたい感じだがんね。
(ま、あくまで東京出発という前提ですけどwww)
…ま、名古屋在住のワシは、京都は結構「ひょっこり」テンションですけど。

鎌倉こそ、次回は晴れた日に行きたい…!
(今度は、北鎌倉駅らへんをちちくりたいがんねー)

c0025481_2491981.jpgc0025481_2494943.jpg
買ったお土産の一部。
江ノ電サブレ。鳩サブレ。サブレ祭りだがねwww
あとは、鳩サブのマグネット。かわゆす!てか、好きなんだて、鳩サブが。

[PR]
by yokusang_09 | 2010-03-06 23:09 | たびにでたがね。 | Comments(0)

東京芸術劇場「農業少女」@東京芸術劇場小ホール1

【ネタバレしとるでよ】
c0025481_22442765.jpg日本の西の果て、田園地帯。農家の娘 百子(多部未華子)は、「農業」という駅のベンチに座っている。農村の生活しか知らずに終わってしまうの? そんな思いからふと電車に乗る百子。
上京する電車賃を出してやった「毒草研究家」ヤマモト(山崎一)は、その後の百子を見つめ続ける。原宿にたむろする少女からボランティア少女へ、そしてなぜか農業高校で米を作る「農業少女」へ…。純粋な少女という「毒草」を百子の中に感じたヤマモトは、かなわぬ恋心を抱き続ける。「農業少女」はいつしか「不登校の少女たち」の代名詞となり、彼女たちを救済したヒーローとしてボランティア活動家 ツツミ(吹越満)がもてはやされる。ツツミの正体が暴かれるとき、東京は百子に何を残すのか、そして百子を愛するヤマモトは…?
欲望と妄想を肯定する都市の姿から、現代日本の深層を描く。少人数のキャストからテーマを立ち上がらせる、スピーディながら濃密な戯曲として完成された作品。


野田さんの演出する初演は観たことがないんだが、実は某学生劇団が
上演しとるのはみたことがあったんで、一応、観た事はあったんです。
今回の再演は、初演のときは役者として参加しとらした、
松尾スズキが演出として取り組む、ってゆーのがウリ(なんきゃ?)。

まぁ、初演がワカランからその辺のこと交えた講釈がこけれーせんでかんけど、
全体的に、松尾サンの野田サンに対するオマージュと(照れ隠しもある?)、
あとはそれに留まらん松尾的解釈で成立しとった100分間だったがんね。

戯曲を読むか、どっかの劇団がやっとった芝居を観たら分かると思うんだけど、
物語のラインを変えてあるとか、世界観が全く違うってことはないと思う。
(ただ、コネタとかは現代版に落とし込んであるけど。)
ロビーから既に美術に凝っとって、んでもって美術も、稽古場みたいな感じ。
劇中も、役者が客席に入ってきて、急に観客になりすましたり、
野田サンが蟻の格好をしてVTRでちゃっかり登場したりw、
テレビを観るシーンでは、山崎一の懐かしのNOVAのCM流れとったり、
(あれはいかん!ついつい見てまうwww しかも台詞が全部言えてまう自分w)
山崎一が、野田サンのモノマネしながら台詞言ったりw、
秋の五反田団に続き、また松尾サンを客席で目撃してまったりw、
とりあえず、コネタばっかし列挙してまったけどw、かつて役者として
出演した芝居を演出するという、松尾サンならではの、
舞台の敷居の低さというか、客席との一体感ってゆーか。
まま、そういうことを含めて、松尾的再構築は、おそらく初演よりは、
だいぶわかりやすくなっとったんじゃないかと思う。
(観とらんで何とも言えれんが。)

不況が続く昨今、農業に注目が集まるようになった。
注目というより、流行として持て囃されるようになった。
…でも農業って、人間の生命に関わるどら大事な産業なんですけど。
(とりあえず、このことについては自分の意見は省略)
個人的に、野田サンは、自分が劇団時代に経験した小劇場ブーム
(=演劇が流行として消費された時代)のことを、どこか念頭において、
この脚本を書いたんじゃないかと思っとるんだが、
(ちなみに、その野田サンが小劇場ブームのときに感じとったことは、
以前、日経の夕刊にインタビュー記事として載っとった)
この2010年の時代の流れと合わさって、んで、松尾演出によって、
この芝居のテーマが、バシーンと提示されたがー。って感じ。

しかし、なんでこの4人の役者を選んだのかわからんけど、
どらめちゃ良いキャスティングだがんね。
多部未華子があんなにいい仕事するとは思わんかったし、
吹越満も、あんなにいろいろ出来ちゃうお方だとは思っとりませんでした。
お目当ての江本サンは、予想外に静かでしたけどwwww

いやー、コレはいい芝居観た。正直、まっぺん観たいです。

------------------------------------------------------
野田秀樹 芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」

2010年3月1日~3月31日 @東京芸術劇場 小ホール1

作:野田秀樹 演出:松尾スズキ
出演:多部未華子、山崎一、江本純子、吹越満
舞台監督:瀬崎将孝 舞台美術:加藤ちか 照明:佐藤啓 音響:水越佳一
衣裳:戸田京子 ヘアメイク:大和田一美  演出助手:佐藤涼子
協力:大人計画、ヒラタオフィス、フロム・ファーストプロダクション、オフィスIII's、マッシュ、毛皮族、NODA・MAP
主催:東京芸術劇場(財団法人東京都歴史文化財団)/東京都/財団法人東京都歴史文化財団

[PR]
by yokusang_09 | 2010-03-05 22:59 | 芝居を観てきた2010 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇