<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

話題のCM(みんなが紹介しとるで対抗してみたw)

地元名古屋じゃ密かに騒然っぽいがねw
http://210.188.234.149/recruit/media_win/tw758/tw758_9.html

わし、まだいっぺんも見とらんのだけどね…。

ちなみに、おじいさんが、ピンク色のジャンパーを着て
家族で店から出てくるところを目撃したこともあるし、
この孫と合宿に行ったこともあるがんね。

なにせ、同じ区民だったでよぉ。


*体調不良が相変わらず治らん…。
 ゆっくりながら、治りつつはあるようだけど。
 てゆうか、今年の勤務評定の「健康欄」に「頑強」って書いてから
 体調を崩し気味だがんね…w
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-25 00:40 | ナゴヤだがー。 | Comments(6)

さよならかばんちゃん

c0025481_2384984.jpg

愛用の旅行鞄がこわけてまったんだがね。
写真じゃわかりにくいかもせんけど、実はベルト部分もちぎれとるし、
こないだの東京で取っ手部分もこわけてまった。
修理に出そうと思って、栄の地下街にある某店で
見積もりを取ったら、2万とか言われたもんで、まー、やめといた…。
だって、これ、大学1年の「マンモスフリーマーケット」で2800円で買ったやつだもんでw
大学の先生には巡検のたびに「ええ鞄持っとるねぇ」と褒められたし、
国内あちこちをコレ持って旅したもんで、思い入れはそれなりにあるんだけど。
(↓こんな塩梅)
c0025481_2327661.jpgほんでも、2,800円の品に、2万ってぇのはねぇ…。
いくら「MOTTAINAI」とかで、万博理念の継承とか言われても、
ちょっとキッツイもんがあるがー。
まー、どーしてもこの鞄が使いたなったら
修理することにしよみゃーか。とか思っとる。

…で、いっぺんFRAITAG見にいこっかなぁ(ハート)

*万博理念の継承で思い出したけど、今日、愛知県知事選の某立候補者の応援に、
 片山さつきが来たらしいっすね。だで、なんだぁ。って話だけど。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-21 23:29 | 物欲との死闘 | Comments(8)

出来町通沿いの某耳鼻科で内視鏡ぶっこまれた。

喉の違和感は相変わらず継続中…。

ついにリンパ節まで痛くなってきてまって、
耳の後ろ押さえながらミーティングとかしとったけど、
まーかんわぁ、ってなって、早引けして、まっと信頼できそうな耳鼻科に行ってきた。
(実は10年以上ぶりに行く、古出来町の某耳鼻科だて。)

「喉に違和感があるんです!何かよからぬモンできとーせんかしらーん!?
ってな感じで、でら心配なんだがーん★」って訴えたら、
鼻から内視鏡突っ込まれて、自分の声帯とか見せられてまったわ。
看護士から「あら、(突っ込まれ方が)うまいわね」とか言われてまったけど、
ワシ、お鼻に細長いもの突っ込まれるのは、もう慣れっこなんだわー。
鼻の穴の処女は、もう11歳のときに喪失しとりますんで(笑)
(当時、鼓膜に異常が出て、鼻の穴から空気を送り込んで、
なんやかんややっとったんだわ。)
内視鏡による診断の結果、
「痰が喉にたまってますね。別によからぬものはできてません。」とのことで、
同級生の実家の薬局で、薬をもらって、3時間以上、友人の父母とくっちゃべって帰宅☆

c0025481_22402578.jpg

↑なんでもええけど、こうやってホームライナーとかに乗るのは
名古屋近辺の人だけってのはホントきゃ?
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-18 22:47 | ナゴヤだがー。 | Comments(10)

年末年始のドタバタ疲れで風邪ひいた

c0025481_2341134.jpg
年末からバタバタしまくっとったら、ついに体調をくずしてまったわ。

えらくて、朝、体が動かんでかんがね。

こんな感じで突如としてグター。 →

仕事は半日休暇。

多分風邪。

喉も少し痛いし。

↑心配だで耳鼻科に行ってくる。

まー寝る。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-16 23:41 | よくさん日記 | Comments(0)

岡山→金刀比羅宮へドライブ

この年末年始、毎週どこか遠くの街へ出かけとるんだけど、
そんな週末もようやく今週でシメだがね。

この週末(1月13日)は、大学時代の友人Tくんを訪ねて、岡山に行ってきたんだわー。
(名古屋から「のぞみ」で1時間半。東京に行くのとおんなじもんだがね。)
…でも、そっからすぐに琴平(金刀比羅宮)に行ってまったんだけどw
(ホントはTくんは県北の方を案内するつもりだったらしいんだが、ごねて琴平にw)
1年以上ぶりの再会に、まーでら興奮、てゆーか、キャピキャピしっからきゃーてまったてぇ。
(なんか、お互いちょっと角が取れたって感じかしらん…。)
c0025481_2055480.jpgc0025481_2065698.jpg
c0025481_20125717.jpgc0025481_20153930.jpgc0025481_20172693.jpg
c0025481_20174579.jpgc0025481_2018142.jpg c0025481_2124961.jpg

Tくんの愛車で、瀬戸大橋を通って、「こんぴらさん」まで。
実はクルマで瀬戸大橋って、中学3年のとき以来なんだがんね。
途中の島のSAまでしか行かんかったし。
島々が相変わらずステキだったわー。「瀬戸の花嫁」を知っとる範囲だけ熱唱w

琴平駅近くのホテルにクルマを止めて、参道をてくてく。これでもかっ!ってくらい
階段があったけど、なんか案外スルっといけたような…。
なんか、途中の土産屋を冷やかしたり、写真撮ったり、キャピキャピしとったもんでかもw
…といいつつ、まぁ、それなりにはえらかったけどよぉw
てか、785段の階段って聞いたんだけど、それってどこから785段なんかしらん…。
(写真・中段 左・中)

実は我々、到着時間が遅かったもんだで、結構焦り気味だったんだわー。
だもんで、実は表書院に円山応挙の作品があるとか、忘れとった…。襖絵を愛でたかった。
(ひたすら本宮を目指すのみだったもんでよ。でもまっとしっかり予習しときゃよかったよ…)
だもんで、なんかあんまりじっくり見れーせんかったんだけど、
ほんでも、旭堂(中段 右)は、休憩しながらぼーっと見とったけど、
なんか個人的には四国とか山陰な感じってゆうか、
少なくとも京都や奈良じゃない感じがしとったような気がしたがんね…。
ま、あくまで感覚ですけど。(なんか、素朴にゴテっとしたイメージなんだわ、自分の中では。)

で、ようやくついた本宮。結構造りが開放的。(写真:下段右)
伊勢神宮(内宮)なんかとは、やっぱ造りが違っとるね。(あそこ、チラっとしか見えんし)
ちなみに金刀比羅宮には、崇徳天皇が祀られとるんだわー。保元の乱だがぁ。
(↑あー、正確な表現ではないのかもせんけど、間違ってもおらん。)
そんでもって、本宮からの眺めがどらすごいんだて!(下段中)
それにしても、なんでこう瀬戸内って、胸が締め付けられてまうよなスポットが多いんかしらん。
ワシも中・四国地方出身になりゃよかったがーw

帰りには、こんぴら温泉で疲れを癒して、また岡山まで。
T君が美味いという、「グリル蔵敷」っていうハンバーグ屋で御飯食べて、
でら名残惜しい感じで解散★
(香川県内の讃岐うどんの店は、帰るころにはどっこも開いとらせんかったわ…。)
余談ですが、Tクンは気づいとらせんかったけど、「グリル蔵敷」ってのは、サンマルクの
レストランなんだそーで。
(ワシも帰ってから調べたんだけど。)
そうだがね、「サンマルクカフェ」のサンマルクだがね。
サンマルクって、岡山が本社らしーんだわ。知らなんだわぁ。
アンタ、岡山が本社なのは「進研ゼミ」だけだと思っとったらかんよってことだがね!!
なんか、最後の最後でまた勉強になったがー。

まー、でら濃密な土曜日だったて。
久しぶりにあんなに長時間ニコニコしとったかも(笑)
お陰で、なんか、今年度の残りも頑張れそうだわー。

ちなみに、しばらくは隠居生活なり…。(おじいさんの法要とかそういうのはあるけど。)
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-14 21:53 | たびにでたがね。 | Comments(8)

職務質問に怯えながら、日比谷・霞ヶ関散策&今回の戦利品

たまにゃ、渋谷周辺&新宿以外の地をゆっくりと歩いてみたわ。
散歩だわ、散歩。

More
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-08 23:38 | よそんとこ | Comments(2)

フジテレビジョン/ホリプロ「スウィーニー・トッド」@日生劇場

ま、2月に名古屋でも公演があるんだけど、ついでだで観てきた。
名古屋で観るより、600円高かったけど…。
ま、えっか。(←だもんで貯まらんのだろうなぁ…)
それにしても、ミュージカルって一体いつぶりだろ…。(多分、2年ぶりくらいかしらん。)

c0025481_22193891.jpg【ストーリー】(e+ホームページより)
19世紀末のロンドン。好色なターピン(立川三貴)判事に妻を横恋慕され、無実の罪を着せられ流刑にされた床屋のスウィーニー・トッド(市村正親)は、若い船乗りアンソニー(城田優)に命を救われる。
15年ぶりに街に戻ったスウィーニーは、妻の自殺と、娘ジョアンナ(ソニン)がターピンに養育されている事実を知る。彼への復讐を誓うスウィーニーは、ミセス・ラヴェット(大竹しのぶ)のパイ屋の2階に理髪店を開業する。その素晴らしい腕前からスウィーニーの店は大繁盛。素性を偽っているスウィーニーは、その過去を知る人間たちの髭をあたるふりをして喉を掻っ捌いていく。
一方、ろくな肉を仕入れられないラヴェット夫人のミートパイはロンドンで1番まずいことで有名だったが、スウィーニーが殺した人間の肉でパイを焼くことを思いつく。人肉パイはこの上もなく美味で、店はまたたく間に大繁盛。死体も隠滅でき、一挙両得と高笑いの2人。
この様子をラヴェット夫人を慕う頭が弱い使いっ走りの青年トバイアス(武田真治)が不思議そうに眺めていた。
また、スウィーニーを助けたアンソニーは、偶然知りあったジョアンナと恋に落ちてしまう。駆け落ちを企てる2人だが、ターピンに取り押さえられ、ジョアンナは精神病院に隔離されてしまう。
ターピンへの復讐を画策するスウィーニー、スウィーニーの正体を疑う小役人ビードル(斉藤暁)、スウィーニーでさえ知らない秘密を握りながら彼を愛しはじめるラヴェット夫人、ジョアンナに邪な欲望を抱くターピン、愛を成就したいアンソニーとジョアンナ、不吉な予言を言いだす謎の乞食女(キムラ緑子)。
それぞれの欲望が渦を巻き、物語は恐怖の終幕に突き進んでいくのだが……。


さすが、宮本亜門。違いがわかる男だがねー!(笑)
久しぶりにミュージカル観て興奮したわー。
どうだろ、石丸幹二主演の「壁抜け男」以来だわ。(あれ、また違いがわかる男だがーw)

いや、もう、こんなドキドキするミュージカル(つーか、芝居)って久しぶりだて。
おもわず「むふむふ」って感じのポーズになってまったでねぇ(爆)
       (↑両手をグーにして口の前に持ってく感じ)

まず、オーケストラピットの存在に興奮w
実は初めてなんだわー。その存在を目にするのが。

つづいて、本命・大竹しのぶに興奮。(欲情したって意味じゃないでね!)
さすがだわー、まさに女優だわー。貫禄の演技。
歌いはじめてまうと、それほど役(普通の演技)のときと声や喋り方なんかが
一致してない場合が多かったりするんだが、大竹しのぶは、良い意味で、
台詞を言うように歌っとった。歌唱力をフォローする作戦なんかしらん?
(でも、それが、妙に気に入ってまったんだけど。他の人もやっとらした。)
つーか、大竹しのぶの歌って「みかん」のイメージしかなかったけど…。
だからなんたって感じなんだけどね…。
あ、ほんでも、ミュージカル嫌いな人には、どらダメな感じかもしれん。
「歌ってんだか喋ってんだか」なんて。

役者に関しては、市村正親もかなりキとらした。さすがミュージカルスターだがね。
スウィーニー・トッドの役がハマりまくっとった。斉藤暁もいい具合だったし☆
「四季」とかだと、声楽出身の人とかおって、美声ドーン!
って感じだったりするときもあるけど、今回の場合、
演技メインの役者が歌う、そのある種の素朴さが、結構心に染みた。

それと、戯曲自体がそうとうスリリングでエキサイティングで、でら面白い!
(ま、ありがちな話といえばありがちなんだが…。わかっちゃいるけど…ってやつだて。)
片時も目を離せれーせん感じで、ドンドン引き込まれてまうでよー。まーかん。
でも、しっかりテーマ性を持たせてあったりしてね。復讐ですわ。…ある意味で流行の。
宮本亜門がこれをやることにしたのは、やっぱし「太平洋序曲」の流れがあるんかしらね。
そっちの方は、あんまよーわからんけど。

とにかく大興奮間違いなしの傑作だわー。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

「スウィーニー・トッド」

2007年1月5日~1月29日 @日生劇場

原作:クリストファー・ボンド
作:ヒュー・ホィーラー
作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム
演出:振付:宮本亜門
翻訳・訳詩:橋本邦彦 音楽監督:山下康介  指揮:西野淳  美術:松本るみ
照明:中川隆一  音響:大坪正仁  衣裳:前田文子  ヘアメイク:憑啓孝
歌唱指導:北川潤・泉忠道  音楽助手・ピアノ稽古:中條純子  演出助手:伊藤和美
舞台監督:二瓶剛雄  主催:フジテレビ・ホリプロ
出演:市村正親・大竹しのぶ・キムラ緑子・ソニン・城田優・立川三貴・斉藤暁・武田真治
   阿部裕・大須賀ひでき・岡田誠・越智則英・小関明久・さけもとあきら
   中西勝之・水野栄治・山田展弘・秋園美緒・北澤装子・菅原さおり
   高橋桂・福麻むつ美・三木麻衣子・山崎ちか
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-07 16:00 | 芝居を観てきた2007 | Comments(2)

荒れ模様

c0025481_2241471.jpg
東京に来とる。

今日は4時過ぎからようやく外出…

だって吹きなぐっとんだもん!雨が!

今日はお買い物のつもりだったけど、
お茶を飲んで、午後は終わり。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-06 22:41 | よそんとこ | Comments(6)

NODA・MAP「ロープ」@Bunkamuraシアターコクーン

2007年一発目の芝居は、やっぱし今年も野田だがねー!
(ここ数年で恒例化したがんね。)
というわけで、NODA・MAPの新作「ロープ」だわ。
c0025481_16595573.jpg
【あらすじ】(NODA・MAPのHPより拝借しました。)
ところは、四角いジャングル、プロレスリング。そのリングの下に棲みついている女。
彼女は、未来からやってきたと信じている。
そして、不可解なほどに実況中継が上手かった。
リングの上には、「プロレスは決して八百長ではない」と思いつめている独りのレスラーがいる。思いつめたあまり、引きこもっている。その二人の出会いが、物語のはじまり。
やがて彼女は、戦う人間たちの「力」を実況し始める。
その一方で、引きこもりのレスラーは、「力とは人間を死体に変えることのできる能力だ」という信念にとりつかれていく。
そして、物語は遠い遠い未来へと向かっていく。
だのに、この話は、決してサイエンスフィクションではありません。
未来の話なのにSFではない物語。


「遊眠社」時代と解散後を比較して、最近の野田さんって勢いがない、
という方がちらほらおらっせますけども、そういう方にとっては、
どらめちゃ勢いがない芝居かもしれーせん。良いか悪いかは別として。
野田作品であることは一目瞭然だが、従来の野田作品とは一線を画しとるて。ある意味。
(あー、でもストーリー構成上は前作の「オイル」の流れを汲んどるところは多々ある。)

重いお題を、とことんテンタメに仕上げて、難しい言葉や、言葉遊びとかおりまぜつつ、
すごい勢いでまくしたてて…ってゆうのが、おそらくだいたいの人が思っとる野田さんの
お芝居かと思うんだが、今回はそういう要素はあんましあれせんの。
装置・照明ともに、派手な仕掛けもなし。どーえらいおとなしいもんだて。
野田さん本人もパンフレットで「今回は終わりのほうで『これでもか』と聞かせなきゃ
いけない言葉の量があるから」って言っとらっせるけど、とにかく台詞を聞かせる
(そこにこめたメッセージを伝える)ところに重きを置いたっぽいわぁ。
「ただ刺激的な演出に走ってしまわないようにしている」というコメントも興味深い。

テーマは「距離感のない熱狂の中で、繰り広げられる暴力」らしーんだが、
そのことはひしひしと伝わってくるがんね。(こんだけテーマがわかりやすいのも珍しい…)
ただ、今まで、抽象性&勢いがウリだったような部分がある野田作品としては、
賛否(つーか、好みとか評価)が分かれるところなのかもしれんわー。もしかしたら。

てなわけで、野田作品にしては随分とこじんまり&おとなしい&わかりやすい
作品だったわけなんだが、ほんでも、自分にとっては面白かったがんねぇ。
そこんところはやっぱ野田クオリティーってゆうか。
上演中は、うきょうさんのコメントを借りるならば、役者が面白いから身体で楽しめたし、
終演後は、いつもの、打ちのめされたような感覚はあれせんかったけど、
あとから美味しくなる感じだったがんね。

「オイル」からの流れもくみながら、世の中の痛いところを、
エンタメというオブラートに包んだ、シンプルなコトバで刺していく様子は、
相変わらずの野田センスなんだけども、なんてゆうか、
ぼやーっと結構な率の人が思っとらっせるんじゃねゃあの?ってところを
見事に表現しとらっせるがーん、って感じだった。
それと、「照明・装置が地味」と前述しておきながら、言うのはなんかビミョーなんだが、
ラスト付近(ベトナムの村が襲撃されるシーン)、リングの上で、全員がモノクロ写真みたく
なって、その後、藤原竜也にだけ照明があたる(カラーになる)のは鳥肌だったわー。

つーか、ホント役者がかなりワシ好みなんだてー。キャスティングも真っ当だしw
三宅サンと中村まこと氏は結構好きだもんで、結構興奮w
渡辺えり子はやっぱりTVより舞台だわー。あ、野田さんは活躍の場が若干少なめだったわ…。

ま、そんなところ。

夏に、ロンドンでやった英語劇「THE BEE」を日本でもやるらしい。いーこっぺ!
(でも、英語でやるんだったらどうしよ…。字幕ナシとか…。でらムリだがんね…。)



.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

NODA・MAP第12回公演 「ロープ」

2006年12月5日(火)~2007年1月31日(水) @Bunkamuraシアターコクーン

作・演出:野田秀樹

出演:宮沢りえ・藤原竜也・渡辺えり子・宇梶剛士・橋本じゅん・野田秀樹・三宅弘城
    中村まこと・明星真由美・明樂哲典・AKIRA・松村武

美術:堀尾幸男  照明:小川幾雄  衣裳:ひびのこづえ
選曲・効果:高都幸男   ヘアメイク:河村陽子  舞台監督:瀬崎将孝
オイルペイティング(ポスター):金子國義   プロデューサー:北村明子 
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-05 23:13 | 芝居を観てきた2007 | Comments(0)

2007年をどう生きるか。ブログ2周年ついでに考えてみる。

c0025481_2145295.jpgども。yokusangです。


実はこのブログ(「なごやかなごやレコンキスタ!」)は、1月4日で2周年なんだがね。
(ちなみに、その数年前からもチマチマやっとったブログ期間をあわせると現在4年目。)

年末慌しかったもんで、なんか振り返る暇もあれせんかったけど、
2006年は、なかなか充実しとったと思う。
沢山芝居観たし、あっちこっちでかけたし。
飛行機も乗ったし。自己解放も多少なりともできたし。

参考までに、昨年初めに立てた目標を検証.

①貯金する → はじめた。しかもすでに緊急支出時に2度対応.
②引き続き体を鍛える → トレーナーにまで教えてもらいながらやったてー。
③パンツ類を買い換える。 → 年始に1本買っただけです…。
④仕事に関してもう少し自信を持てれるようにする。 → 昨年度よりはよかった。間違いなく。
⑤よい芝居とよい映画をよーけ観る。 → 芝居24本以上、映画10本。

…つーか、全然たいした目標たてとらせんがねw 貯金くらいだがー。せいぜい。


☆2007年の目標☆

①蓄財に勤しむ。(何となく抵抗があるけど、財形貯蓄を始めようかと。)
②海外旅行に行く。(目指せ、パリ!でもフラ語勉強する気力が…。ユーロ下がりゃーて!)
③仕事で、何かしら成果を残す&完成度を高める。
  (成果に関しては、私の努力の範疇外のことも多々ありますが...)
④丁寧な暮らしをする。そして自分に正直に。(正直すぎてもかんけどw)
⑤仕事着に、もうちょっと色気を出していく。(とりあえず、シャツは買い替え。首がキツイ。)
⑥引き続き、真面目に身体を鍛える。(この1年間が結構勝負だと思っとります。)
⑦芝居を観るとき、席種は可能な限り我慢してランクダウンさせる。
 (上京は極力18切符シーズンに。蓄財のためです。)
⑧日商簿記3級取得(再来年に備えて。役立つかどうか知らんけど。努力目標です…。)

総合的に → 自分の商品価値をこれ以上低下させんようにする!自分に更なる愛を(爆)



今年は、芝居のお声がかかるかなぁ…。

あー、あと、生デニムは買います。絶対に。もう4年間くらい躊躇しとるっつーの!
それと、革の旅行鞄のベルトをまーええ加減に修理するわー。


明日は御用始め。なえー!
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-03 23:24 | よくさん日記 | Comments(4)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇