世田谷パブリックシアター「The Diver」@シアタートラム

昨年に引き続き、今年も野田秀樹の英語劇。
「The Bee」のときは、日本語バージョンみてからだったもんで、
字幕とかあんまり頼らんでよかったけど、今回は英語のみだもんで、
おみゃーさんよ(汗) しかも、初日だでよっ!

c0025481_19151390.jpg【あらすじ】
警察にあるカウンセリングルーム(拘置部屋の一角?)で待機してる、
精神科医の元に、放火殺人犯の容疑者である女がやってくるところから
物語が始まる。
女は精神異常の状態にあり、自分が誰だかわかっていない。
精神科医のカウンセリングが始まると、女は、能や源氏物語の
登場人物に成り代わりながら話しを始め、
そして事件の概要が段々と明らかになっていく。

1993年の「日野不倫OL放火殺人事件」を下敷きに、
源氏物語「夕顔」や能の「海人」「葵上」の要素を絡ませながら、
物語が進んでくって感じみたいよ。

女性殺人犯モノとしては、ほれ、「贋作 罪と罰」に近いノリがあったかも。
(まぁ、あくまで演出的「ノリ」「雰囲気」であって、深いところは違いますけど…)
前回の「THE BEE」に比べると、時空が交錯して云々っていう点で野田戯曲っぽい感じに
なっとったと思うんですけど、ただねぇ…。これを英語で観るのはちょっとえらいw
と、自分の英語スキルの低下具合を嘆くのはこれくらいにしといて。
「時空交錯系」って書きましたけど、例えば、過去のそういう類の作品として
「メルス」とか「オイル」とか色々あると思うんだけど、そーゆーのに
比べちゃうと、なんてゆーんかしらん、複雑なんだか単純なんだか…。って感じで。
自分は、「詰め込みすぎ」って感想は持たんかったけど、振り返ってみれば
「あれ、要らんかったがんね」とか思うところもありつつ。
「モチーフ」ってモノに頼りすぎたのか?(まさか、大学の課題のレポートじゃあるまいし…)
野田戯曲って、以前は「抽象性が高くて色んな風に解釈可能」っていうのが
特徴だったと思うんだが、今回の戯曲について、
作者曰く「答えを一つに絞らなかった」んだそうですけど、今回は、
「色んな風に解釈可能」というよりは「色んな具体的要素が散りばめられた」って印象で、
その点が「詰め込みすぎ」と感じる人がおらっせる所以なんかしらん、とか。

んで、それと、そのモチーフになっとる日本の古典文学(&事件)について、
多少知識がないとえらいがんね。
一応、知らんくっても物語はぼえるけど(特に日本人なら)、
ほんでも、これをロンドンでやってまって、フツーのイギリス人が、
どの程度までわかるんかしらん?…という素朴な疑問w
日本人のワタクシでございますが、「海人」については殆ど知らんくって、後で調べて、
あと、日野の事件の細かいハナシもネットで調べて、んでようやく、全体的に納得。
って感じでしたけど…。やっぱ野田さんの脚本って、
予習できるときにはしといた方がええわーw

なんとなく結論=「野田らしさ」を、英語書き下ろしでも表現しちゃった作品。
           だけど、その「野田らしさ」が吉にも凶にもなっていた作品…。

って感じかな。

イギリス人俳優の舞台での演技って、やっぱそう拝む機会あれせんから、
そこはやっぱし珍しくていいがんねw
あと、舞台装置がシンプルな分、いつも(お正月に渋谷でやるやつとか)よりも、
メタモルフォーゼ度がどら高くて、そういうところは文句なしにオモロイんだけどねぇ。
(扇子をピザに見立てて、みんなでむしゃむしゃ食べるシーンは秀逸w)
つーか、わしって、劇作家としての野田秀樹よりも、
役者としての野田秀樹が好きだもんで、そっちの点に関して言えば、
結構満足しとるんだけどねぇ。えへへ。
精神科医の格好のまま演じる、不倫相手の妻の役とか、ステキやったわぁ~w

-------------------------------------------------------
世田谷パブリックシアター芸術監督 野村萬斎企画/現代能楽集Ⅳ
「The Diver」(ザ・ダイバー)

(東京公演)2008年9月26日~10月13日 @シアタートラム

作・演出:野田秀樹
共同脚本:コリン・ティーバン
キャスト:野田秀樹 キャサリン・ハンター グリン・プリチャード ハリー・ゴストロウ
囃子:田中傳左衛門  笛:福原友裕
作調:田中傳左衛門  美術・衣装:キャサリン・チップマン  
照明:クリストフ・ワーグナー  音響:ポール・アルディッティ
演出助手:ラッガ・ダル・ヨハンセン
プロダクションマネージャー:(ロンドン)マット・ノッディング、(東京)山本園子
舞台監督:ニーナ・スカラー  舞台監督助手:ナターシャ・エマ・ジョーンズ、(東京)奥野さおり
サウンドエンジニア:ロス・チャットフィールド  照明操作:武井由美子
音響操作:徳久礼子 字幕オペ:加藤淳吾、横尾優美子(G・マーク)
技術通訳:松村佐知子  稽古場通訳:スーザン・ヒングリー
ツアーマネージャー:エリン・ガバハン  プロデューサー:穂坂知恵子
制作:大迫久美子、菅原力  インターン:桑原和彦、上杉春香
広報:宮村恵子、和久井彩  営業:鶴岡智恵子  票券:横田みはる  法務アドバイザー:福井健策
主催:財団法人せたがや文化財団
企画制作:世田谷パブリックシアター  共同制作:ソーホーシアター

[PR]
by yokusang_09 | 2008-09-26 22:13 | 芝居を観てきた2008 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇