劇団猫☆魂「グロッソラリア」@シアターVアカサカ

【ネタバレしとるでよ】
なんか、e+なんかで結構押しとったもんで、
他の気になる劇団とのスケジュールとか18きっぷのスケジュールとかを
見計らって、観てきてまったわ。初めての赤坂。TBS!
渋谷から歩こうかと思ったけど、原宿経由の表参道で力尽きた…。

自分の中で、「猫☆魂」って劇団は、
若くてカッコイイお兄さん達が、割と爽やかに、若々しいノリの芝居を
作っとらっせるんじゃないか。
という予想でおったんだが、はっきり言おまいか。
良くも悪くもイメージ通りだったw
てか、客席の女子率高いて!
去年の美輪サマのとき思い出してまったがねw

閑話休題。(ってわけでもないか。)

【あらすじ~チラシより~】

c0025481_2330241.jpg僕らの未来に希望の光はなく、
ただただ退屈で、ダルくてダサくてグルームな日常が続いていく。
「生きてればいいことある」なんて安っぽい。
だって、「いいこと」ってのは、
本当は「凄く些細で小さなこと」なんだし。
どん底に落ち込んだときに出会う「いいこと」が、
僕たちにとって最高にアツいことなのかもしれない。
今朝も寝言でグロッソラリアを言ってたし。
気づいてないだけだよ。


補足として、でら大雑把にあらすじを説明しますと…
1.設定=「この世」じゃないもう一つの世界。もうすぐ終わるといわれている。
2.「瞬間強盗」っていう強盗団がいる。何でも3分で盗む。
3.それに便乗してる「学生強盗」っていう強盗団がいる。手荒。
4.「瞬間強盗」の次なるターゲットは「薔薇の会」という新興宗教団体。
5.学生強盗もそこを狙っている。
6.んで、そこで驚きの展開がっ!世界は終わってしまうのか!?


「グロッソラリア」とは、異言、難解で意味不明な音声発話 という意味の英語らしいです。

って感じ。ハイ。

最初にも言ったけど、とにかく「若い男子」なノリなんだて。全てにおいて。
なんていうか、「どえらい活気のある男子高の演劇部」みたいなノリ。
暑苦しくはないが(どちらかといえば爽やか)、男子特有の垢抜けなさがある。
ただ、この「若い男子」ノリがどう言った具合に作用するか、ですわな。

実は、前半部分は「若い男子」ノリが引っかかりまくって、かなわなんだ。
実は自分、「若い人が描く(もしくは演じる)、イマドキの若者」ってぇゆうのがダメなんだわ。
あるがね、芝居で「え~、****(←結構時事・流行ネタ)ってすごくね?」みたいなやつ。
やたらとリアルなイマドキの若者の他愛もない会話。しかも台詞化させとるで、ちょっと固め。
てゆうか、前半部分って、コレに限らず、個人的に趣味じゃない方向に「若い表現」が
向かっとったところが結構多かったんだわ。

ただ、ストーリーがある程度進んでくると、そうでもなくなるけど。
(「他愛もない」シーンとかが少なくなるもんでw)
逆に、「若い男子」のパワーで、スピード感のある展開に運べとったんじゃにゃあかと。
力が上手いこと分散ってゆうか拡散っていうか、そんな感じになったんかしらん。
ハナシとしては、在りがちな展開といえばそうなんだが、
観とって、ある種の清々しさのようなものも感じたり。青春だがー。

まま、その他細かく気になった点を申し上げますと、
宗教団体の役2名が、なんかオイシそうで、この芝居やるんだったら、
自分はあの辺りの役だなってかんじでございましたwww(巫女さん役キボンヌ)
今回もキャラはみんなどえらいしっかりしとったけど、しっかりしすぎて
なんかマンガみたいだったがぁ…w
それと、井澤サンのいつも笑ってる顔が印象的だったわぁ。
老若男女関係なく「純朴」に弱いワシですので。えぇ。

つーか、前回→MONO、前々回→流山児 とかだもんで、(←濃ゆいなぁ…)
余計に若さが目に沁みてまったのかもせんけど、でもこの「若い男子」ノリっていうのが
もっと上手いことコントロールできたら、まっとステキなのかもせん。
総合的には全然悪くないのよ。ホントに。損はないんじゃないかしらん。
なんつーか、今後のさらなる飛躍に期待って感じだわぁ。(でらエラソーだがん、俺。)

****************************

劇団猫☆魂 vol.11「グロッソラリア」

2007年3月3日(土)~3月11日(日) @シアターVアカサカ

作/演出:西永貴文
出演:鷲尾昇(*pnish*)、佐々木光弘、井澤崇行、堺沢隆史、村木宏太郎
    秋枝直樹、中村たかし(宇宙コード)、ひわだこういち(トラッシュマスターズ)
    岸潤一郎(NAィKI)、富士たくや(プリセタ)、オケタニイクロウ(オケラジ!)
    中西広和、宮崎陽介(山下総合病院)、佐伯太輔
バンド:Spanish Gauguin、石倉久幸(腰のOZZY)、岡野直史(SGT)、ぢんた
    天野順治

音楽:岡崎保憲  舞台監督:西廣奏  美術:袴田長武(ハカマ団)
照明:宮野和夫  音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)  映像:ZAKULO entertainment
小道具:子供組、和田由里子  衣裳:さかくらきょうこ  演出助手:桑原豊広
写真:村岡亜貴子  宣伝美術:井澤崇行  宣伝スタイリスト:上野剛史  
宣伝衣裳協力:far2east  制作助手:安元千恵、島内真弓  票券:宍戸円(ミヤコハンター)
制作協力:ネルケプランニング  プロデューサー:丸川雅也  企画制作:TWIN-BEAT

劇団HP

[PR]
by yokusang_09 | 2007-03-03 23:34 | 芝居を観てきた2007 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇