ウーマンリブvol.10「ウーマンリブ先生」@サンシャイン劇場

●ネタバレしとるでね●
実は、初めての池袋だったんですけどね。
サンシャイン劇場、駅から(つーか東急ハンズから)遠すぎるてぇ…。
しかも、2階席、椅子狭すぎ!(けど、観やすいには観やすいで許すw)
あ、そういえば、劇場で片桐はいり氏を目撃しました。
でらフツーにおらした。(東京に来て、初めてだがんねぇ。フツーに芸能人目撃)
c0025481_18425069.jpg【あらすじ】
静岡県の温泉旅館を舞台に、執筆のために泊まっている官能小説作家・夏祭冬助(松尾スズキ)と「ウーマン文学賞」の審査委員の塩谷五郎(古田新太)を中心に話が展開される。「ウーマン文学賞」というのは、女性の地位向上などに寄与した作家に送られる賞なのだが、夏祭の作品は官能小説なので、そんな文学賞を受賞するわけもなく、逆になぜ落選したかを、その官能小説の文章を取り上げられながら指摘される。(というか、いかにフェミニズムに反しているか糾弾される。)
ところが、実は塩谷は夏祭のファンであり、ひょんなことから
(不倫等で大忙しであるため)筆が進まない夏祭の代わりに塩谷が書くことになるのだが…。

*あらすじは、こちらのレビューを参考にさせていただきました。 → 浅読み日記

ウーマンリブって言っても、70年代のアレではなく、
大人計画の(松尾スズキでなくて)宮藤官九郎作・演出による公演だでね。

かつて「轟天vs港カヲル」のレビューで、
大人計画の女性はウーマンリブでは酷い扱いだ、みたいなことを
読んだことがあったもんだで、そーなんかなぁ、と思っとったけど、ほーでもなかったわ。
むしろ、池津祥子・猫背椿・伊勢志摩の3氏なんて、なくてはならん演技を
繰り出しっからかいとったし!(池津さんは事あるごとに、フラダンスを踊っとらした…)

ほんでも、その代わりってわけでもないけど、
これでもかっ!っていうくらい下ネタまみれだったがんね(w ←ビバ☆ 
多分、ち○こ・ま○こって言葉が台詞の中に無かった役ってないんじゃねぇか、って位。
ほんでも、それらの下ネタはあくまで純粋にネタだし、何より「大人計画」だもんで、
さらっと流れてまうけどね。(でも、会社で昼間に言ったら、訴えられること必至なレベル)
台詞だけじゃなくて、あんな事しとるシルエット(でも、抽象的)とかもある。
ついでに、星野源さんは出てくるシーンの殆どで素っ裸だった!(前バリはあるけど。)
…しかし、あんなに裸なのに、真面目に演技ができる星野さんはやっぱし俳優だわぁ。

そうそう、今回は第10段ということで(だったかしらん?)、「ウーマンリブ」の名前らしく、
フェミニズムとかに関連したことがストーリー上出てくるんだが、(「あらすじ」のあたり)
結局、何だったんかしらん。1日に2回観た友人は、1回目の観劇後、友人と
フェミニズムについて語ったらしいんだが…それは多分、きっかけに過ぎんと思うがんね。
塩谷の台詞で「生まれたときからフェミニストなんて人は誰もいない」みたいな
ことを言うんだが、しかし、その後の台詞を忘れてまってねぇ…_| ̄|○
大学時代、「真面目に下ネタが言える」という理由から(笑)、ちょっと齧っとった
時期があったもんで、終演後、ちょっと気になってまったんだわー。ハイ。
*追記* わかった。「男尊女卑山脈の向こうの、フェミニズム平原をめざして」だった。

あと、これは蛇足だけど、雑誌「hon-nin」のクドカンと松尾スズキの対談で
あった「仕掛けた笑いどころが全部ウケたらかえって怖い」みたいな発言とのカラミ。
どえらいウケまくっとったけど、この戯曲は数年後に読んでも大丈夫なんかね…?みたいな。
細かい演出(っていうかコネタ)とも絡んで、そんなことを考えてまった。
(まぁ、その日のお客のノリとかもあるもんで一概には言えれーせんけど。現時点ではウケた。)

まま、何はともあれ。
とにかく、どらめちゃ凄まじい勢いで突っ走る2時間20分。
「面白い!そんでもって、凄い!」ってのが、最終的なまとめの感想だてー。

***************************************
大人計画 ウーマンリブvol.10「ウーマンリブ先生」

2006年11月2日~19日 @サンシャイン劇場

作・演出:宮藤官九郎
出演:松尾スズキ、池津祥子、伊勢志摩、宍戸美和公、猫背椿、皆川猿時、荒川良々、
    平岩紙、少路勇介、星野源、宮沢紗恵子、宮藤官九郎/古田新太

舞台監督:青木義博  照明:佐藤啓  音響:山口敏宏  舞台美術:加藤ちか
音楽:富澤タク・星野源  衣裳:戸田京子  ヘアメイク:大和田一美  振付:八反田リコ
映像:ムーチョ村松・吉田りえ 
[PR]
by yokusang_09 | 2006-11-05 23:00 | 芝居を観てきた2006 | Comments(8)
Commented by yattokamedagaya at 2006-11-07 20:52
いつも思うんですが、すごい行動力ですね。
渋谷の外れから、池袋から一駅くらいの場所までハシゴとは……。
東京の港区以外には、最近僕より行っているんじゃないですか?
テーマに関係なくてすみません。でもその日僕は多摩にいました。
Commented by yokusang_09 at 2006-11-08 01:04
>yattokamedagayaさん

多分、地元の人間じゃないが故の行動力じゃないかと思います…。
土地勘がそれほどないから、逆に移動に抵抗がないってことと、
「たまの東京なんだからモトとらなきゃ!」って意識で(笑)

ちなみに、駒場に行く前には、六本木と代官山にいまして…。
(六本木はピンポイントでヒルズに用事があったからなんですけど。)
流石にこの日は、我ながら動き回りすぎたなぁ、と思っとります(w
Commented by wake1 at 2006-11-09 20:21
すごいなー、結構ウチの近くまで来てたんじゃないですか(w

その劇場って、2階はぜったいに2階じゃないですね。階段しかないし、ていうか、階段3階分くらい登らされるでしょ。死ぬかと思いましたの。
Commented by yokusang_09 at 2006-11-10 00:08
>wake1さん

ありゃ!あっちの方なんですか。何かカンドー☆
そう、アレは絶対に2階じゃない…。階段だって、非常階段みたいだし!
確かに、死ぬかと思いました(w
1000円ケチっただけでとんだ仕打ちだ...。
Commented by はま at 2006-11-10 02:10 x
リブお疲れ様です。

今、パンフ見たら、美術が加藤ちかさんだったんで、すごく気になるんですが、見にいけません。

このスペースで申し訳ないんですが、どんなセットでした?

可動式の何かありそうですね。

追記
ゲストは所縁ある人が条件らしいからね・・・
みなさん、なかなかがんばってたから声かけられなんだよ。
ちっちゃいチラシでも作りましょうか?
で、地味に折り込みにいく・・・もちろんアフレコの時に出演者全員の了解を取ってさ。
Commented by yokusang_09 at 2006-11-11 01:47
>はまさん

とりあえず、日本旅館です。
で、障子と柱で仕切られてた(隠されてた)ところが、ババーッと
何もなくなっちゃったりしてた。…何がなんだかわからんですね(苦笑)
今度会ったときに、図でも交えて説明します。
(あと、障子がスクリーンのように使われてました。)

チラシは、出来を見てからにしたい…(笑)
でも、妙案かも☆
Commented by ani8823 at 2006-11-11 10:10
はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。

「ウーマンリブ先生」、僕はチケット取れなかったんですよね。
羨ましいです。
実のところ、一度はウーマンリブを観たいと思いながらもチケットが取れたことがないんです。
(なので「七人の恋人」が発売されたときは本当に嬉しかったです。)
次回こそは!

あ、ちなみに僕もナゴヤ人だでー。
Commented by yokusang_09 at 2006-11-11 14:53
>ani8823さん

はじめまして!ご訪問ありがとうございます☆
ウーマンリブは、悪いこと&法外な値段を支払ったりはしてませんが、
色々な手立てを使って入手にこぎつけました(笑)
次回も是非行きたいですー。(…しかし取れるのか?)

てかani8823さんのブログ、なんかオサレ感まんてんですね!
ちょくちょくお邪魔させていただくと思いますー。
今後ともよろしくお願いします☆


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇