SAYURI@109シネマズ名古屋

笹島のシネコンに行ってきてまったがね。
万博サテライト会場には行ったことがなかったもんだで、これが初。
シネコンいいねぇ。郊外じゃなくて、都心にってところが!

とゆーわけで、年末から観そびれとった「SAYURI」をようやく観てきてまったわけ。
あらすじは、どらめちゃ大雑把に言うと、
サユリ(チャン・ツィー)という芸者が、少女時代に芸者小屋に売られてきてから、
都(みやこ)で一番の芸者になって、ほんで紆余曲折を経た後に、
ずっと好きだった人(渡辺謙)と一緒になっちゃったよーん。ってハナシ。
ちなみに、桃井かおり大先生は、芸者小屋の女将の役だがね。

スピルバーグ、親日家とか言うくせして結局「芸者」かよ!
ってのは言わんことにしといて。(まー、しょうがないがね。)
桃井かおりの演技以外、そう期待しとらんかったもんで、
予想外に楽しめたってのが一番の感想かしらん。

確かに、ありゃ空想のニッポン、「JAPAN」であって、「日本」じゃねゃあわな。
なんか、そういう設定だもんで、日本人だけでのキャスティングじゃなかったりしても
アリらしーんだわ。そんなようなハナシを聞いたことがあるがんね。
(ってか、日本人関係者はそう処理したらしい。)
だけどさぁ、それだったらさぁ、一貫して英語喋りゃーよ…。
冒頭シーンはどら日本語出てくるし、途中も中途半端に日本語が出てくるんだがね。
イメージとしては、すべて日本語で撮影した場合に、
「ここは英語の字幕がつくんだろうなぁ」ってところだけが英語で台詞。
ポロッとでる「ありがとう」とかは、何故か日本語で「ありがとう」。
だけど聞かせる台詞の「ありがとう」は「thank you」だったりするんだがね。
そういうの、日本人としてはちょーっとヘンな感じだったがんねぇ。

面白かった点としては、「外国人の視点からみた日本」ってのを満喫できたこと。
映像が結構きれいなんだが、ああゆう色の見せ方とかって、
外国の雑誌なんかが日本を特集したときなんかの写真と一緒だがんね。
(最近、書店に日本をテーマにした外国書籍が並んどるで見てみりゃわかるわ。)
特に映像に関しては、意外と新鮮な経験だったがーん。

役者の演技は、ミシェル・ヨーが良かったがんね。勿論、桃井大先生も☆
渡辺謙って、あんなにカッコイイ役の人だったかしらん。
工藤夕貴は、やっぱし「日本人」を地でいっとるわー。

空想の都市「みやこ」で「日本人」が英語喋くりまくっとるけども、
それでも役者個々は、だんだんちゃーんとみんな日本人に見えてくるもんで、
そこはやっぱしハリウッドで活躍する役者の力量なんかなぁ、と思ったりしつつ、
逆に言えば、欧米(非アジア系)諸国から見りゃ、日本人も中国人も一緒なんだわなー。
とも思った。ま、ワタシらが、イギリスもフランスもごっちゃなのとおんなじだがね。

と、だらだらと感想を書き綴ってまったけど、そんな感じだったわー。

感想総まとめ:桃井はハリウッドに行っても桃井である。

あー、吹き替え版で桃井がどんな風に台詞を喋っとんのかが気になるー。
(ってか、この映画自体吹き替えで見たらどんな感じなんかしらん。
ま、それはDVDで楽しむわー。)

******
「SAYURI」 (2005年・アメリカ)
監督:ロブ・マーシャル
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:チャン・ツィー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、
    桃井かおり、工藤夕貴、コン・リー 他
[PR]
by yokusang_09 | 2006-01-23 00:26 | 映画を観てきた。 | Comments(4)
Commented by みてぃー at 2006-01-23 14:42 x
うちの親もSAYURI観て結構面白かったと言ってたとです。ちなみに、笹島ではブラピのMr&Mrs Smithとケイジのロード・オブ・ウォーを堪能しましたよぉ。
Commented by yokusang_09 at 2006-01-23 23:43
>みてぃーさん

ま!ご両親と馬が合いそうだがー☆笑
Mr.&Mrs.Smithも気になるところです。
ついつい「ハリウッドなんて…」とか思っちゃうんですけど、
(基本的に天邪鬼だし、変わりモンなんでw)
やっぱし結構オモロイなぁ。と素直に思ってみちゃったりして。
Commented by てばさき at 2006-01-24 00:55 x
SAYURIは気になりつつもスルー(苦笑
DVD待ちかな~とか思っとったけど、実際どうなんやろ?
やっぱ劇場ならではのシーンとかありました??

Mr.&Mrs.Smithはお気楽なコメディかと思いきや、けっこうヘヴィな作風だったと思いましたですよ。
Commented by yokusang_09 at 2006-01-25 01:01
>てばさきさん

劇場ならではのシーン…ないかも(笑)
でも、映像がきれいだから、折角なら大画面で見たいかも。
ってくらいでしょうかねぇ。
Mr.&Mrs.Smitは、気になるけど、多分金曜ロードショー待ちな
予感がします。(ほかに見たいやつがあるもんで)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 11月
2018年 08月
2018年 07月
more...

タグ

(176)
(143)
(53)
(48)
(42)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

ヌトミック「ワナビーエンド」..
at 2018-11-03 15:08
今までどおりのことができない。
at 2018-08-22 21:49
NYLON100℃「睾丸」@..
at 2018-07-21 22:41
モダンスイマーズ「死ンデ、イ..
at 2018-07-21 18:48
のぞみグリーン車で行く広島の..
at 2018-04-22 23:17
のぞみグリーン車で行く広島の..
at 2018-04-21 23:21
木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50

ブログジャンル

つぶやき
演劇