NYLON100℃「パン屋文六の思案 ~続・岸田國士一幕劇コレクション~」@青山円形劇場

c0025481_011159.jpg日本現代演劇の父、岸田國士の短編8作をポップに再構築し、大好評を博した『犬は鎖につなぐべからず』から7年。
ケラリーノ・サンドロヴィッチとナイロン100℃が再び岸田名作群のコラージュに挑む。
前作に引き続き、着物監修はモダン着物のカリスマ・豆千代女史、
振付は脱力ダンスの名手・井手茂太氏(イデビアン・クルー)。
円形劇場を縦横無尽に駆け巡るパノラミックな和装劇。
乞、御期待。


かなり久しぶりにナイロン観てきました。
いったい何年ぶりなんだ?記憶が曖昧w(過去ブログを辿ればすぐわかるけど)

岸田國士の戯曲をアレンジした作品で、これが第二段。最初のときも、青山円形劇場に行ったよな。(アレは確か、まだ新百合ヶ丘を拠点にしているときだった)
あれからそれなりに年数が経過しているわけですが、正直なところ、より一層繋ぎが上手くなっていたなぁという印象。第1作がメガミックスとしてCDに1曲として収められているのだとしたら、今回はフロアでのプレイに近い感じ。複数の戯曲を、特に一つにまとめるというわけでもなく、心地よく、でも全体の統一感を持たせて、繋いでいくという感じでした。
おそらく、前回よりもケラによる戯曲へ潤色(と言っていいのかわからんけど)が入っているからかもしれないんですけど。あとは、今回の作品群って、ご近所のエピソードとして構成していたわけではなくて、一つの時代を見せていたって感じなんだよね。大正デモクラシーとか昭和初期とかそういう頃。なんか、モダンなイメージのある頃。実際、時代がそうなのか、そこまで近代文化史に詳しいわけではないけれど、とはいえ、(勝手に思われがちな戦前のイメージと比べると)驚くほど女性の社会進出が進んだ時期ではあるわけですが、こんなにも女性が強いものなのかと。実に、強くたくましく生きる女性が、舞台にはたくさん登場していました。岸田國士ってそんなにリベラルだったのかね?(すんませんね、あたしその辺不勉強なもんで)
でも、なんか同時に、今ではこれだけ男女も自由なわけで、今日の憂鬱はあの人たちの希望立ったのかとか思うと、もっとしっかり生きなきゃな、なんていう謎の奮起もしたりしなかったり。

てか、この戯曲がどうこうってわけじゃないんだけど、よく考えたら、ベテランがあまりでてないからなのか知りませんけど、ちょっとナイロン印象変わったなぁって気もした。若返ったし、芝居もあっさり味になった気がする。もちろん、今回の戯曲が特殊なので、ちゃんとケラ作品をいつもの劇場で観たら、またわかんないけど。でも、多分演出がちょっと変わったんだろうなぁ、っていう印象の方が大きいかな。とはいえ、今の自分には、ちょっとこれくらいの味付けの方が気分だったりはする。特に、青山円形劇場だしね。ちょっとすっきり味くらいの方が、絶対にいい。

着物もむちゃかわいかったし、緒川たまきが毎度異常に美人だし、長田さんも堪能できたし、森田さんってすてきな役者にも出会えたし、途中でにおいシートを擦って、香りもセットで芝居を観たり、なんか色々楽しかったよ。
まぁ、そんなこんなで、足取り軽く、表参道を後にして、地元で(カレーの匂いをかいでしまったが故に)カレーを食べて、お酒を飲むのであったー。ちゃんちゃん。
実は、この日、仕事の疲れやらなんやらで、相当眠たくて、強強打破飲んで挑んだんですけどね(笑)でも、おかげさまで芝居も面白くて一睡もしませんでしたよ。ビバ。(実は世話になるの2回目なんだけど)

--------------------------------------------------------------------------
NYLON100℃ 41thSESSION
「パン屋文六の思案 ~続・岸田國士一幕劇コレクション~」
2014年4月10日~5月3日 @青山円形劇場

作:岸田國士
潤色・構成・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:みのすけ、松永玲子、村岡希美、長田奈麻、新谷真弓、安澤千草、廣川三憲、
藤田秀世、吉増裕士、眼 鏡太郎、猪俣三四郎、水野小論、伊与勢我無、菊池明明、
森田甘路、木乃江祐希、萩原聖人、緒川たまき、植本 潤、小野ゆり子、志賀廣太郎
衣装監修:豆千代 振付:井手茂太 音楽:鈴木光介 美術:加藤ちか 
照明:関口裕二(balancee,inc.DESIGN) 音響:水越佳一(モックサウンド) 
映像:上田大樹(&FICTION!) ヘアメイク:宮内宏明 演出助手:山田美紀 
舞台監督:福沢諭志(StageDoctor Co.Ltd.) 宣伝美術:坂村健次 
宣伝写真:渞忠之 イラスト:あずみ虫
宣伝ヘアメイク:上田美江子・三島裕枝・新城輝昌・福池千鶴(SHISEIDO) 
宣伝衣装着付け:竹村典子・野村文枝・清水里香(きもの道楽) 
宣伝衣装協力:豆千代モダン 撮影小道具協力:PROPS NOW
プリンティングディレクター:青山功 プロデューサー:高橋典子 
制作:青野華生子、北里美穂子、川上雄一郎、中谷正資、馬場順子 
広報宣伝:米田律子、太齋志保 製作:北牧裕幸 
企画制作:シリーウォーク、キューブ 主催:キューブ

[PR]
by yokusang_09 | 2014-04-12 23:44 | 芝居を観てきた2014 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2018
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 01:51
あけましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 23:27
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

タグ

(174)
(142)
(52)
(48)
(41)
(38)
(36)
(30)
(20)
(20)
(20)
(17)
(14)
(10)
(8)
(8)
(8)

検索

最新の記事

木ノ下歌舞伎「勧進帳」@神奈..
at 2018-03-04 17:51
ほりぶん「荒川さんが来る、来..
at 2018-03-03 19:50
虚構の劇団「もうひとつの地球..
at 2018-02-04 17:57
青年団「さよならだけが人生か..
at 2018-01-27 19:12
ロロ「マジカル肉じゃがファミ..
at 2018-01-21 18:59
東京芸術劇場「秘密の花園」@..
at 2018-01-20 22:38
玉田企画「あの日々の話」@B..
at 2018-01-20 17:55
2018年の生き方標語とか。
at 2018-01-05 01:39

ブログジャンル

つぶやき
演劇