タグ:landscape ( 37 ) タグの人気記事

春を探しに、いなべへ、長浜へ。

3連休、元々はちょっと旅行に行きたいなと思っていたのに流れてしまったのですが、
そのかわり、というわけでもありませんが、ちょっと久しぶりに会う友人と一緒に、
三重県のいなべ農業公園に梅を愛でに行ってまいりました。
なんか、梅を見に行くって、完全に関東在住時に仕入れた楽しみなんですけどねw
c0025481_0105869.jpg

c0025481_011266.jpg

c0025481_0115100.jpg

白梅は軒並み開花していて、紅梅はまだこれから、って感じでしたが、
でも結構咲いていて、なかなかに春の訪れを満喫。
お天気にも恵まれたので、山の上なので多少の肌寒さもむしろ快適。
名古屋から行きやすいところでこんなところがあるとは知らんかったなぁ。
しかし、梅ってもっと早い時期に咲くもんでないのかしら?
実は梅のシーズンってよくわかっていない…(笑)
でも、桜よりも長いよね…?

そしてそのあとは、1時間ほどドライブして、滋賀県の長浜までドライブ。
実は長浜も初めてなんだよなぁ。黒壁スクエアとか有名ですけど。
わしが大学生のころは、地域活性化の成功例として紹介されることが多くて
だで、その手の資料はよく読んでいたんですけど、行ったことはなかったというw
実は黒壁スクエアは最近経営がよろしくないようなことを目にしたことがあるが、
とりあえず、むちゃくちゃ観光客はいましたけどね…。
c0025481_0202392.jpg


歴史を感じる建物やら、激シブな建物やらたくさんあって、
カメラとおこずかい持ってぶらぶらすると楽しい感じです。食べ歩きとか。
もっと時間があれば琵琶湖畔まで行ったり、ヤンマーの展示施設行ったりとかも
出来るんだろうけど、このときは黒壁スクエアのある商店街をぶらぶら。

偶然通りかかった有名なパン屋の列に、軽い気持ちで並んでみたら、
なんと、ギリギリのところで石窯で焼いたパンを買えてラッキー(笑)
c0025481_0203962.jpg


あとは、近江牛のコロッケ買って食べたりしてね。うまうま。
(飛び出し坊や推しなのは、発祥が滋賀県の近江地方(八日市)だからです)
c0025481_0203535.jpg


そんでもって、お土産で堅ボーロを買ったのですが、これが激うま。
ショウガの風味が効いてて止まんないの。堅いのもサイコー。また買う。
サラダパンは、このときは買えませんでした…。
c0025481_0204331.jpg


たまにはドライブ行くのもいいなぁ。こういうの、名古屋に戻ってから久しぶり。
琵琶湖畔とか、滋賀県って結構近いのに、なかなか関ケ原の向こうって億劫なのw
[PR]
by yokusang_09 | 2017-03-19 22:08 | よそんとこ | Comments(0)

夏の茨城旅2016

c0025481_02193162.jpeg


7月の三連休は、名古屋に帰ってきてからは、割と夏休みらしく過ごしている。
とはいえ、決まって関東地方(主に東京)にいるのだが(笑)

今年は少し久しぶりに茨城県へ。
ちゃんと遊びに行ったのは、以前、筑波山に行った以来なので、
1年半ちょっと、ってところでしょうか。

土浦駅で、友人にクルマで拾ってもらったあと、今回は海の方向へ。
とはいえ、常磐線って水戸以南は内陸部を通っているので、
結構距離があるんですね…。
道中は、関東平野らしく開けた土地が広がっていて、そして一面の田畑。
あと、霞ヶ浦を通過したりしてね。
それにしても、茨城県、何度か来ているけど、
これ、思っていたよりもずっと田舎だな…(笑)

クルマを1時間ほど走らせてたどり着いたのは、鉾田の海岸。
(茨城県内では有名な海水浴スポットがあるところです)
てなわけで、なんと、記憶が正しければ、18年ぶりの海水浴でした。
海岸の砂は黒くて、やっぱ関東っぽいなぁ、なんて思いつつも、
海水も砂浜もすごくきれいで、かなりテンションがあがる。
浜辺で寝転んで、ちょっと海に入って(気持ちよかった!)、
まただらっと寝転んで、そうしたら霧が出てきたのでおしまい。
いやーーーーーー、超楽しかった。一日いられるw
寝転んで、散歩して、また寝転んでってのがこんなに楽しいとはw

でも、霧が出ては怖いので(笑)、海岸を後にし、汗を流しに
温泉に行く途中で、今度は茨城県で3番目に大きな湖である涸沼へ。
お恥ずかしながら、私、詳しく知らんかったんですけど、
「ひぬま」なんですね。「こぬま」じゃなくて。
ここも、湖を眺めながらダラーっとするにはいいところです。
といいますか、茨城って外海で、しかも東京よりも北でしょ。
名古屋よりも全然涼しいんですよ…。だからどこでも快適w

そのあとお目当ての温泉に行って、石岡駅前で一杯ひっかけて、
さいごは「ときわ」に乗って東京まで戻りました。
そういえば、フレッシュひたちじゃないんだな…。
(上野駅の特急専用改札がなくなっていたのもちょっとショックだった)

お土産は、鉾田の産直所で買ったお野菜とメロンサイダーと、
一番搾りの取手づくり(6本セット@ヨークベニマル)。
まぁ、ちょっと前までは電車で4駅も行けば取手だったんですから、
こんなもんでしょw

あぁ、またぶらり、茨城県行きたいなぁ。
遊びに行くにはいいところだけどなぁ、茨城県。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-07-20 22:18 | たびにでたがね。 | Comments(0)

江ノ島散策に行ってきた

11月からずっと先延ばしになっていた、江ノ島散策に行ってまいりました。
江ノ島好きの友達のガイド付きなので、もうこちとら怖いもんなんてないんだぜ!

というわけで、久しぶりの藤沢駅から、江ノ電乗り放題の切符を買って、乗車。
江ノ島駅で降ります。
c0025481_1212581.jpg



江ノ島へ抜ける道の途中にある、湘南堂へ立ち寄りました。レトロなパン屋さん。普段は学校等に卸しているんだそうです。ここのクリームパンがおいしいとのことなので、クリームパンと、他にあんドーナツとピロシキをお買い上げ。焼きたてのふわふわ。ちなみに、友人はクリームパンは冷凍保存して、食べるときは寝る前に冷蔵庫から出して、常温で自然解凍するんだそうな。んで、朝食べるらしい。ほうほう。
c0025481_0573923.jpg


ぶっちゃけ今回の最大の目的は、しらす丼を食べるということだったのですが、もうお昼近かったので、これまたその辺の食堂に入り、釜上げしらすとアジの丼を注文。
c0025481_0574872.jpg
じゅるるるるる!
ちなみに、シラスは1月から3月中旬まで禁漁期間なので、生シラスはありません。それでもやっぱり江ノ島で食べるしらすはうまい。


腹ごしらえをした後は、いざ江ノ島へ。早速たくさんのサーファーの姿を見かけて、湘南感がぐいぐい上がります。何となくだけど、この辺はユーミンじゃなくてサザンの管轄エリアって感じよねw
c0025481_0585229.jpg
c0025481_0585669.jpg

元々は小さな島で、それが今は橋で繋がっているので簡単にアクセスができるわけですが、橋を渡ってからの、凝縮された門前町的な空気が、予想していた以上で、なんかキャピつきスイッチが入るw
c0025481_1244196.jpg
昭和な香りのするエスカーに乗って、江島神社へ参拝したのち、島内を散策。湘南っていうとオシャレなイメージがあったんですけど、ここはオシャレというよりは、古くからの風光明媚な観光地といった趣で、東海地方でいうなら、ちょっと伊勢志摩的香りがします。海苔羊羹と実演販売のたこ煎餅を買ってしまいました。散財してるね!
c0025481_135447.jpg
c0025481_135892.jpg


その後、やはり湘南の浜辺をブラブラしたかったので、再び江ノ電に乗って、七里ヶ浜で下車。途中、鎌倉高校前駅付近で、電車から見える海のまぶしいことまぶしいこと。高校生が乗ってたけど、こんなところを通学できる高校生っていいなぁ。スラムダンクだがんね!
c0025481_174726.jpg
c0025481_175319.jpg
七里ヶ浜は、サーファーとそうじゃない人がなんかもういっぱいで、にぎわっておりました。道路沿いには、情報番組で紹介されそうなおしゃれなレストランとかありましたけど(そして、おしゃれなマダムとかがサングラスかけてテラスで会話とかしてらっしゃいましたけど)、そこはスルーw
まずはこの浜辺を堪能する事が大事なのです。ギャルソン風の服を着た、外国人女性が裸足で歩いていて、めちゃくちゃ画になっておりました。それと、なぜか名鉄バス(路線バスのアレ)が国道を走っていて、驚きおののきました…w 貸し切りだとは思うんだけど、何故!?


さらに、長谷駅で降りて、由比ヶ浜へ。この駅、降りたことは何度かあるんですけど、海の方にはでたことがなくてね。どんだけ浜辺が好きなんだって、感じですけどでも穏やかな海も観てみたかったのだからしょうがないw
c0025481_110778.jpg
c0025481_1102537.jpg
c0025481_1103359.jpg
七里ヶ浜よりはもう少し海沿いの生活の雰囲気があって、その辺もポイントが高いです。ここで、海を眺めながら買ったパンを食べていたら、トンビに奪わそうになりました・・・。一度失敗したら二度目のアタックはなかったけど、江ノ島じゃなくても油断はなりません・・・。相模灘に沈む夕日を眺めながら友人と語らい、冷えてオシッコしたくなってきたのもあったので、再び江ノ電に乗り、終点の鎌倉へ。


c0025481_1115663.jpg
c0025481_112217.jpg
鎌倉も何度か行ったことあるけど、悪天候だったり、酔っぱらってたりと、なんか万全じゃない感じのときばかりだったので、こんなに晴れてシラフの状態は初めてですねw
ここでは、観光はせずに買い物に専念。鳩サブレーはマストですけど、加えて、友人おすすめの鎌倉ピクルスをお買い上げ。最近疲れているのか酸っぱいものがたまらなく大好きで、酸味が沁みるのよw まぁ、確かにちょっとお高いんですけど、それでもうまいからいいのである!いろんな野菜詰め合わせのやつが初めてならおすすめかもしれません。もちろん、単品(っていえばいいの?)もあります。きゅうりとか。

江ノ島含め湘南海岸って、電車でこうやって気軽にアクセスできるのがいいよね。例えば名古屋からだと、知多半島は近いけど内海だからちょっと雰囲気違うし、渥美半島の海岸には電車でなかなか行けないしね。まぁ、電車で行かなきゃいいんだけど(笑)、気軽さが違ってくるんだよなぁ。それに、近所にすんでいるカッコイイおやじの多いこと。ウエットスーツに、サーフボードを自転車にひっかけて、チャリチャリ漕いで帰宅してたりしますからね。なんと、まぁ素敵な暮らしですこと(笑)

以前から思ってはいたことなんだけど、もちろん湘南というブランドもあるけど、近場を大事にするこの姿勢って、やっぱり首都圏の好きなところだなぁ。うん。そういうの、自分も大事にしたい。でも、やっぱ名古屋に帰ったら車買った方がいいもんなんかね。(でも通勤で使わないし、金銭的な問題以上に維持ができない気がする)
[PR]
by yokusang_09 | 2015-01-17 23:56 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ぶらり、初めての仙台へ

c0025481_293115.jpg

c0025481_293762.jpg

c0025481_294451.jpg

c0025481_295878.jpg
c0025481_2101117.jpg

c0025481_295065.jpg

c0025481_2101784.jpg
c0025481_2133339.jpg

c0025481_2102568.jpg

ふらりと日帰りで仙台に行ってきました。
「はやぶさ」じゃなくて「こまち」に乗って。

実は、仙台はこれが初めて。
仙台在住の友人の案内で、まずは牛タンで腹ごしらえ。
その後、瑞鳳殿と青葉城址を訪れる、という伊達正宗三昧(笑)
だって、やっぱ仙台って言ったら伊達正宗像でしょうよ!
この日は、仙台では珍しく雪が降っていて、情緒がありました。
(東北っぽくていい、と思ったけど、友人が寒くてムカついていたので自粛w)

さらにそこから、せんだいメディアテークに足を伸ばし、震災関連の展示を見た。
色んな立場の人のインタビュー映像やら、作家の展示やら。
実は、こうした「展示」という形で東日本大震災に触れるのは、
おそらく昨年のあいちトリエンナーレ以来だと思う。
発災当時、名古屋に住んでいた自分としては、正直に言ってしまうと、
少し実感に乏しい部分あったのだが、
被災地だった仙台という場所でこうしたものに触れると、少なからず
心が揺れ動くというか、リアリティを持って迫ってくるものがあった。
見終わった後に感想を口にするにも、少し言葉ばないと言い表せなかった。
1.8万人が死んだ一つの地震ではなくて、あの地震で、一人の人間の死が
1.8万人分あったのだ。

メディアテークのある定禅寺通り(ザ・杜の都仙台な場所の一つ)では、
数日前から、光のペーシェントが始まっていて、メチャクチャ綺麗だった。
綺麗なライトアップなんて、東京にはいくらだってあるのだが、
東日本大震災前から続いていた仙台の冬の風物詩が、
こうして今も開催されていることに、なんというか、感慨深いものがあった。
でも、本当にキレイなんだよね。感慨深くなった後みると、余計に。
イチャついてるカップルにもイラつかなかったよw

なんか、グルメに、歴史に、震災に、最後はイルミネーションって、
日帰りノープランの割には超堪能しちゃったよ。初仙台。
最後は、宮城産の牡蠣やらお酒やらひっかけて、
お土産もいっぱい買ったし、完全なる大人の修学旅行だな、こりゃw
(まぁ、翌日には風邪がぶり返して寝込んでましたけど…)

案内してくれた友人に大感謝。
ありがとうございました☆

[PR]
by yokusang_09 | 2014-12-13 23:09 | たびにでたがね。 | Comments(0)

北斗星で行く函館・青森の旅 2日目(6月14日)

c0025481_0341913.jpg

北斗星で函館駅について、まずは一通り駅構内で
写真撮りまくってから(※別にテッチャンの旅ではない)、
ガイドブックを片手に、まずは函館朝市へ。

7時前にはお店はしっかり開いているけど、
観光客は結構まばらで、おっちゃんとかに絡まれまくるw 
ついて早々、そんなに買えねーよ・・・。というわけで、
帰りに買いたいおみやげの目星だけつけて、有名な海鮮丼のお店に。
朝からどらめちゃガッツリですわw でも、そこはやはり旅行。
そして、朝食モリ食い派の自分としてはきわめて満足な量でした。
いや、北海道の観光地の海鮮丼って、すっげー底上げしてあって、
もっとボッタくってくるのかと思ってたんだよね。
まぁ、ある程度観光地プライスだとはしても、そういうボッタクリ感は
なかったなぁ。朝からいいお店に入ることができました。

c0025481_0342346.jpg

そしてカメラ片手に、朝市エリアや港湾エリアをぶらぶらしながら、
「ベイエリア」といわれる古い倉庫街へ。煉瓦造の倉庫を改装して
お店として利用しているところなんですけど、ここがまた雰囲気が
たまらないのである。なんちゅーか、冷えた北の海からの風が、
このエリアにスノッブな感覚をもたらしてくれる。
少し観光に特化しているような気もするんだけど、
まぁ、俺派観光客なので気になりませんw

煉瓦倉庫を眺めながら、スタバで暖かいコーヒーを飲んだ後は、
山の手に向かう前に、北島三郎記念館へ。
そりゃあんた、「はるばる来たぜ函館へ」なんだで、行くしかないのだが、
同行した友人が熱望していたのを受けてというのが結構実際のところ。
でも、ここ、か な り よかったです。入場料高いんだけど。
まず、全部職員が解説してくれるし、写真なら基本撮り放題。
てゆーか、むしろサブちゃんの銅像の前とかでまごまごしてると、
職員さんが気を利かせて撮ってくれるし。4人組で行ったから、
ガイドさんは独占状態でした。
あと、サブちゃんロボによる「祭」のコンサートの再現とか、
もうあんなのアリーナコンサートだったとして、最後方とかだったら、
本物って言われてもわかんないレベルでした・・・。
そんなわけで、コスパとかホスピタリティに一同感心しまくり。

c0025481_121913.jpg
c0025481_122259.jpg

その後は、いよいよ、古い建物が点在する山の方へ。
(でも途中で、地元ハンバーガー店のラッキーピエロでご飯)
なんか、長崎に似てるといえば似てるんだけど、地形がもっとざっくり?
してるせいなのか、地区としては広々とした感じ。
(もちろん都市としての規模もあるとは思いますが。)
そのかわり、建物は意外とコンパクトで、質素。
あと、歴史的建造物と、新しい建物があまり喧嘩せずに点在。
というのも、おそらくこの地区の古い建物の外観って、
今でも再現がしやすいのだと思う。
白い板みたいな。(←信じられないほど雑な表現)
そこは、他の歴史的地区とは結構違うところだよなぁ…。
なんて考えながらうろうろしておりました。
(でも、一見何でもないような民家が、市の指定とか受けてるから吃驚)

ロシア聖教会とか、北海道っぽいよなぁ。函館のランドマークですけど。
それと、やっぱり旧函館区公会堂はかっこよかった。
まさかの、自分で好きな場所で撮影するという前提での衣装レンタルが衝撃的w
みんなで着替えたかったけど、結局実現せず。チッ!(笑)
しかし、改めて思ったけど、こういう地区をゆっくりぶらぶらするのは
やっぱり楽しいし、大好き。(メンバー内の、超強力晴れ女のおかげで
雨にもあまり降られずに済んだし。)
こういう町でゆっくり暮らすのもありかなーなんて、ついつい思ってしまう。
函館って、江戸時代からの歴史が続いて云々みたいなのって
あまりない(そういう歴史は浅い)から、僕からすると逆にサッパリしていて、
純粋に開国当時からの港町的な雰囲気を楽しめてよかったな。
そういう意味ではちょっと日本っぽくない。
異国情緒とかって意味ではなくて、やっぱり内地とは違うなって思う。
函館なんて、それでも、文化的にも地理的にもかなり内地に近い
エリアではあるんだけど。ある人が、ヘルシンキのことを函館みたいって
言ってたことがあったんだけど、それもちょっとわかるな。
確かに、この(いい意味で)特に何もない感じって北欧だわ。
いや、観光地として賑わってますけどね。
(完全に余談ですけど、チャーミーグリーンの、あのCMは、
函館の写真にある坂道がロケ地だそうです。)

ほんとは早めに旅館に行くつもりだったんだけど、思いの外、
そのあたりでゆっくりしてしまい、結局、路面電車で湯の川温泉に
ついたのは18時すぎ。
そこから温泉に入って、部屋で毛ガニ食べて。
本当はバスで函館山に行くつもりだったけど、間に合わなくて、
借り上げタクシー(※ルートが決まっている定額の観光タクシー)で、
函館山の夜景とライトアップされた歴史的建造物を見学することに。
タクシーでも4人で乗れば、バス+ロープウェイとそんなに
値段はあまり変わらないんですよ。
タクシーの運転手さんから、函館の夜景についてのいろんな情報やら、
おいしいラーメン屋さんの情報やら、おすすめのおみやげやら、
名古屋はいい街だ(暑いけど)みたいな話やら、
これまでに遭遇した函館ロケの面白話やら、
乗せたことのある芸能人の話なんか聞きながら、山頂の展望台へ。
c0025481_155889.jpg
c0025481_16714.jpg

あのね、ぶっちゃけると、何が世界三大夜景だとか思っとったのよ、正直。
ミシュランで星3つだったかもしれんけどよ。
でもね、いや、実際に山の上から見て、ほんとびっくりだったてw
たかがあの人口規模の街(市街地)なのに、どらめちゃ綺麗なんだもん!
ただ光ってりゃいいってもんじゃないんだということがわかった、夜景って。
(だって、それで言えば、東京が一番に決まってとるがんね)
おそらくこの街の雰囲気が、街の灯にもでているのかな、って気もしたけど。
運転手さんが言ってたんだけど、夜景って、あえて作っている都市も
あるんだそうな。その点、函館は何もあざとい真似はしていないと。
まぁ、一日中街を歩いたら、感覚的に納得する部分はある。
ちなみに、作っていない証拠なのかもしれませんが、10時過ぎると、
みんな寝はじめたり店が閉まりだすから、
灯りが減って見頃を過ぎちゃうんだそうですw
(それと、行った日は久しぶりにガスが晴れて、麓からも山頂が見えたし、
展望台からも夜景を拝むことができたのだとか。
「お客さん、ラッキーですよ」って言われたけど、それ、何年か前の
長崎旅行の時にも「久しぶりの晴れなんですよ」っていわれたことあったなw)

最後、タクシーでホテルまで送り届けてもらった後、あんなにたくさん
ホテルで飯食ったのに、近くの有名なラーメン屋
(タクシーで紹介してもらった「一文字」)に入って、
塩ラーメンと生ビールを平らげて、ホテルでおねむ。

あー。
歩いた!
食った!
遊んだ!

最終日に続く。
[PR]
by yokusang_09 | 2014-06-16 14:00 | たびにでたがね。 | Comments(0)

北斗星で行く函館・青森の旅 1日目(6月13日)

c0025481_23125527.jpg

東京にいるうちにやっておきたかったことのひとつに、
上野発の夜行列車で旅にでるというのがあったんですけどね。
ついに実行に移してしまっただよ!

北斗星で行く函館&青森旅行2泊3日。
友人との集まりでいつか行きたいという話をしたら、
思いの外早々に実現することになってしまいました。
旅行代理店に出向いてくれた友人に感謝。
(てゆーか、パックツアー利用しないと取れない。まして食堂車なんて!)
てなわけで、終業1時間前に休みを取って職場を脱出、いざ上野駅へ。
今回、我々、運が良かったのは、実はこの日、数日前から降っていた
雨のせいで、函館から先は列車がすべて運休だったのだ。
が、我々は函館までしか行かない予定だったので、
行程上は問題なしだったのである。完全に命拾いw
本当は札幌まで行きたかったけど、帰りの飛行機がとれなくて
函館・青森に落ち着いたんだけど・・・。
前日に上野駅のコインロッカーに仕込んでおいた荷物を回収して、
中央改札に集合後、ホームに入ってくる北斗星を動画撮影したりして、
いざB寝台へ。4人でまとめて予約してあるので、
開放B寝台ってわけじゃなくて、コンパートメント化されておるのです。
イエイ。動き出した後は、みんなでお酒飲んで、
さらに食堂車でビール飲んで食事して、あとは、旅行プランを考えたり、
おしゃべりしながらみんなでワイワイ。
完全に大人の修学旅行!
まぁ、この歳なので好きな子をバラしあったりはしませんでしたけどw

夜はそんな感じで、12時過ぎくらいにはウトウトして寝てしまった。
なかなか快適。まさに動くホテル。朝は、早起きして、
津軽海峡を眺めながら、そして青函トンネル突入の瞬間を堪能した後、
ぎりぎりゲットできたシャワー券で、シャワールームも堪能。
これ、なかなか快適でしたよ。結構広いし、脱衣所もしっかりあるし。

ただ、まぁ、確かに車両は老朽化の色が隠せてなかったかな。
ていうか、内装がどことなくバブリーなのねw 
それと、JRになってからの運用ではあるけど、
それでも残る昭和の香りというか、国鉄の香り。
まぁ、それらすべてを含めて愛おしいんだけど。北海道新幹線の工事が
始まる関係で、北海道へ行く寝台列車は、来年3月で廃止だそうで、
その前に乗れてよかった。
なんだかんだで、ブルートレインって、憧れでしたから。
いやー、俺も大人になったねー(笑)

そんなわけで、朝7時前には函館に到着。
はるばる来たぜ函館へ~♪ だがね。
初めての北の大地。しっかり楽しんじゃいます。

(つづく)
[PR]
by yokusang_09 | 2014-06-16 12:00 | たびにでたがね。 | Comments(0)

芝桜を求めて本栖湖までドライブ

在京の友人たちと一緒に、本栖湖へドライブにってきました。
てなわけで、品川駅に朝7時半集合w
そして、友人の愛車で中央フリーウェイ聞きながら、
中央道をばびゅーん。

で、メインの目的はこちら。
富士芝桜まつりでございます。
c0025481_14502183.jpg

天候にも恵まれ、目の前には富士山がどーん!
園内にほのかに香る、芝桜の香り。
そして、なんてったって、この圧倒的な芝桜。
マスゲーム感が何とも堪らんw
この日はちょっと暑いくらいだったけど、でも高原の気候が
爽やかで過ごしやすかったです。
正直、この芝桜園っていうのって、この人工感が
あまり好きではなかったところがあったんですけど、
逆に、このマスゲーム的な感じは、個人的にはツボ。
c0025481_14561439.jpg
c0025481_14595779.jpg

ピンク富士もあったよ。あと、芝桜以外の花も綺麗。
バラバラなようで、絶妙な配置のポピーとか。
(どーでもいいんだけど、露出とかをミスったせいか、最初に撮った写真が、
青みがかっていてそのうえ暗くて失敗こいた。)

c0025481_1583020.jpg

その後、車を止めていた本巣湖畔まで戻り
折角なので本栖湖を散策。
富士五湖は、小学校の時に家族旅行に来て以来なので、
20年ぶりくらい…?
駐車場の看板の「上九一色村」の表記に時代を感じたりしてたw
あの頃は、正直、本栖湖まで来たということで面白かったんだけど、
大人になってくると、この静かさとか、湖の綺麗さとかに癒される。
なんか、テントでも張って一日中のんびりしていたい。

勢い余って、遊覧船にも乗車。
千円札の、あの眺めである。
(ちなみに、遊覧船に乗るのは、1000円以下です。)
c0025481_1593262.jpg


正直、4月の新年度から、仕事がハードすぎて毎日虚ろなんだよね…。
GW前は、肉体的にも精神的にも瀕死だったんですわ。
休みの日ってほとんど寝てたい気分だったんだけど、
頑張って早起きして行った甲斐がありました。
天気もむちゃくちゃよかったし。また行きたいなー。
[PR]
by yokusang_09 | 2014-05-17 19:42 | たびにでたがね。 | Comments(0)

銚子でサイクリング

まずはこちらの動画をご覧ください。
(何でもいいけど、これ、93年のCMなんですか・・・。20年以上前!)



房総いきてー!!
房総特急に乗って房総いきてー!
っていうのと、それとこれとは別に、犬吠埼灯台に行ってみたかったという想いが、驚異的なレベルで一致いたしまして、連休後半の最大イベントとして、銚子に出かけてきました。もちろん、「しおさい」に乗って。あと、このオザケンとキョンキョンのCMソングをエンドレスで歌いながらw

てなわけで、東京駅総武線地下ホームから、「しおさい」1号に乗っていざ銚子へ。いやーん。車内販売もないけど、楽しい。こんな特急、首都圏に住んでなけりゃ絶対に乗らないじゃん!のりもの図鑑で見てた世界だよ!という、のっけから鉄分高めのテンションで銚子到着。・・・蒲郡っぽいw というか、総武線って、千葉駅過ぎてからどんどん東三河っぽくなっていくよね。
c0025481_1612538.jpg

なこたぁさておき。数日前に予約しておいたレンタサイクルを観光案内所で借りて、いざ銚子探検へ。
で、早速、ケッタで5分もかからないヤマサ醤油の工場へ。銚子で醤油造りが盛んになった歴史を紹介する映画を見て、(工場見学は休日は休みなので、歴史紹介映像だけですが、逆に予約なしでもいけます)醤油もらって、絶対食べたかった醤油ソフトを堪能。もっとみたらしっぽい味を想像していたのですが、クリーミーさの中に、香ばしさがあって、初体験のおいしさでした。じゅるる!
そしてその後は、観音駅に立ち寄り、駅構内で販売している立派な鯛焼きに舌鼓。午前のおやつをすませた後は、漁港沿いにケッタこぎこぎ。しかし、道交法改正で、自転車は基本車道を通るとはいえ、銚子市街の道はこえーよ・・・。という理由もあって、漁船をみながら、港を(漁港も日曜日でお休みなのです)抜けて、たどり着いたうおっせ(銚子ポートタワー近くの海産物直売所)で銚子産のあじの干物を購入。(帰宅後食べましたけど、コレがむちゃくちゃ美味いんだ!)
ほんで、今回知ったんですけど、漁港付近(の道路)って臭いのね・・・。多分、トラックから落ちてしまった魚が道ばたで干からびてるからなんですけど。漁協や港湾管理者も気にしているようではあるんですが、意外でした。意外なほど臭かったです・・・。道中「臭い」って連呼して申し訳なかったですけど・・・。

c0025481_1612856.jpg

漁港周りをじっくり堪能した後は、いざ犬吠埼へ・・・と思いつつも、その前に、地元のお寿司屋へ。(ヤマサの売店で、寿司屋マップをゲットしていたので、それを参考に)
初めて入る店、しかも回ってない寿司屋・・・。超絶不安要素がいっぱいだったけど、思い切って入ったら、地元のおじさまがふらりとやってくるような、気さくな雰囲気で。お寿司は、せっかくなので、上。特上って言いだす勇気がなかったっす…。お酒もひっかけたかったけど、自転車なので我慢。「レンタサイクルであちこち回っている」といったら、「それはいいわね」とおかみさんに言っていただけました。

そこからは、もう少しやる気を出して、犬吠埼を目指しつつも、君ヶ浜で大幅寄り道w いや、だって、すてきな浜辺だったから。例のCMソング「潮風が~」を歌いながらごろごろしたり、動画撮影したり、なんかそんな感じでマッタリ過ごした後は、坂を駆けあがり、メインの目的地、犬吠埼灯台へ。なんか、こういうロケーションなのって、ちょっと意外かも。(もっと狭苦しいイメージがあったんだよね。灯台の立地場所って)でも、まさに五月晴れの空に、白い灯台が映えてて、すごくかっこよかった。灯台の上からの眺めは、最近妙に高い建物が増えちゃったので、その高さには特段感動しない自分に驚きつつも、風が本当に気持ちよくて、オーシャンビューにも癒されつつ、多幸感に包まれておりました。あー、やっぱ来てよかったわー。人が多くて、だいぶキュンキュンだったけど、まぁ、この時期なので仕方がない。というか、おそらく首都圏ではまだマシ。

しかしここからが問題。このまま銚子駅まで戻るのはつまらない。てか、友人の希望もあり、屏風ケ浦まで行ってみたかったけど、残り時間も微妙に少ないので、もうあんまり寄り道しないで、目的地まで自転車を漕ぐことに。おそらく、時間があれば、もう少し平坦なルートがあったんじゃないかと思うんだけど、グーグル先生と標識に従って行った結果、峠越えをすることに。どえらいえらかったけど、その結果たどり着いた屏風ケ浦の予想以上の壮大さは、すごく印象的でした。ここでは、くるりの「屏風浦」を歌ったりw
※しかし、くるりの「屏風浦」は、ここではなくて、横浜だということが後に判明w
本当はもっとゆっくりしたかったけど、自転車の返却時間がせまっていたので、ちょっと焦りながら、再び銚子駅へ。しかし、随分来てしまったような気分になっていたけど、結果的には、ぐるーっと海沿いを回っていた状態なので、直線距離としては、屏風ヶ浦から銚子駅からそんなに遠くなくて、おかげさまで、ちょっとギリギリだったけど、当初乗りたかった時間の特急にも乗れてラッキーだった。

銚子って意外なほど遠いし、総武線快速って、銚子には行かないのね…。だから大人は特急じゃないとえらいわね(笑)
いや、それにしてもですね、ホントよかったですよ、銚子。なんなんだろーなぁ。愛知県でいうなら、やっぱ東三河的雰囲気なんだけど、いや、よかったです。正直なところ、また行きたいもん。ちょっとね、そういう意味では、東京都民の近場のレジャー先だろ、みたいな感じでなめてました。すんませんw

いやー、惚れた。
まさに、(キョンキョンの声で)「本当は、房総に行きたかった」だてー!
[PR]
by yokusang_09 | 2014-05-04 19:25 | たびにでたがね。 | Comments(0)

文京区を散歩 根津~本郷~後楽園

c0025481_1404831.jpg

GW後半の4連休は、一日仕事に出なくてはならなくなったため、
28日はお休みを貰って、根津神社のつつじ祭りに行ってきました。
てなわけで、上京後、毎日通過しているだけの根津駅で下車。
まぁ、名古屋でも名城公園や鶴舞公園にはあるんだけど、
あとは蒲郡とかも有名なんだけど、通勤経路の途中で、
これだけの密集度で楽しめるなんて思ってもいなかったので、
ビックリ&美しさに感動。
こういう地形って、名古屋の中心部には少ないから。
訪問時は、遅咲きのつつじがちょうど見ごろって感じでしたが、
早咲きのつつじもまだ花は残っていて、敷地内は春爛漫。
いやぁ、本当に今年は春を堪能しております。
写真も撮りまくったよw
c0025481_1332540.jpg

その後、同行者であるオオサワ君が本郷の文房具屋に行きたい
というので、東大本郷キャンパス方面へと歩いていくことに。
ここ来るの、多分初めて上京して以来。
駒場には、頻繁に行くんだけどね。(芝居を観るために。)
キャンパス内は、やっぱりアカデミックな香りに満ちておりまして。
ちなみに、今の職場にはここで学んだ人が沢山いるんだよね…。
ってことを考えたら、折角の休日なのに気重になってきたのでヤメw
工事中の安田講堂をチラ見後は、空腹のため学食でランチ。
やーん、学食なんて久しぶりだがね!!
自分も国立大学出身なので、何となく、この、大学生協が
運営する学食のシステムは懐かしかった。

腹ごしらえをした後は、赤門を抜けて、最初はベタに谷中へ行こうかと思って
いたんだけど、方向を変えて、もうちょっと近場の後楽園へ抜けることに。
無料で上がれるシビックタワーから、都内を見渡したり、
真下の丸ノ内線をみてはキャイキャイしたりしたのち、東京ドームシティへ。
(途中、ジャイアンツの帽子をかぶって自転車に乗る少年を見て、
名古屋出身の俺は、ドラゴンズじゃないことに、素直にビビるw)
なんと!ここで!オオサワ君発案で、ジェットコースターに乗ることに!!
もう、最後に乗ったのがいつなのか、記憶が定かではないwww
(記憶が正しければ、おそらく18年ぶりなんだけど…)
てか、前、これ、事故っとらんかったっけ…?
とか、色々言いつつも、かつては絶叫マシン好きだったので、
ひとまずはテンション上げつつ(笑)、いざ乗車☆
いやー…。大人になると、またあの頃とは違う怖さがありますねw
ただ、なんか、こう、かつてのアレが、覚醒してきた感じはしたので、
この調子でいくと、そのうち富士急とか行く可能性はあるw

そんなこんなで、夕方になり、散歩は終了。
丸ノ内線に乗って、それぞれ帰宅となりました。
いやー、なにこれ、文京区内、超堪能してんじゃん!
「ちい散歩」ならぬ、「よく散歩」ってことで・・・はいw
いや、面白かった。やっぱ、東京いいわー。うんうん。

(しかし、明後日からまた働くことができるんだろうか…。)
[PR]
by yokusang_09 | 2014-04-28 22:49 | 東京暮らし | Comments(0)

しばらく、ブログの構成なんかをいじります

c0025481_319524.jpg

(写真は、千代田線の荒川の鉄橋。金八先生!)
しばらくの間、ブログの構成等をちょっと弄るもんで、
色々お見苦しい点があるかもしれんけど、
別に気にしとる人なんかおらせんと思うけど、気にしんといて。
[PR]
by yokusang_09 | 2014-04-28 03:20 | このブログのこと | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

タグ

(164)
(136)
(48)
(48)
(37)
(36)
(32)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(13)
(9)
(8)
(6)

検索

最新の記事

SPAC「アンティゴネ 時を..
at 2017-05-05 23:07
悪い芝居「罠々」@HEPHALL
at 2017-04-08 22:56
2017年春のおしゃれ散財記..
at 2017-03-23 21:39
SPAC「真夏の夜の夢」@静..
at 2017-03-20 19:51
春を探しに、いなべへ、長浜へ。
at 2017-03-19 22:08
ミクニヤナイハラプロジェクト..
at 2017-03-18 18:04
玉田企画「少年期の脳みそ」@..
at 2017-03-11 22:56
ベッド&メイキングス「あたら..
at 2017-03-05 16:01

ブログジャンル

つぶやき
演劇