タグ:a travel abroad ( 20 ) タグの人気記事

ぶらりフィンランド・エストニアの旅 5日目(2月21日)

いよいよ最終日。フライトは夕方5時ごろなので、そんなに焦らなくてもいいんだけど、
お土産買ったり、免税手続きしたりしたかったもんで、ちょっと早めに空港へ行くことに。
というわけで、午前中しか、もう遊べーせんのだてー!(泣)
c0025481_038449.jpg

しかし、お出かけ前に、ホテル内にあるサウナを体験w
一人6ユーロ支払うと、1時間使えるということで、同行者と30分交替で入ってきた。
ちゃんとシャワールームもあるし、サウナ専用でタオルも貸し出しがありました。
水着は不要ですー。予約制なので。
別にパンパン叩く葉っぱとかはありませんでしたけどw、
10分間くらいはいるだけでも、身体がジワ~っとあったかくなってきて、
汗がどんどん出てくる!
(日本だと、お風呂と併設で、なんか結構わけわからんかったりするがんね?w)
この日は、快晴で暖かかった(とはいえ、マイナス2℃とかですけど)のも
あるんだけど、結構長い時間、身体がポカポカしておりました。

サウナを出た後は、荷物を預けて、一旦チェックアウト。
そして、てくてく歩いて、実はヘルシンキ中央駅からほど近い、国立現代美術館キアズマへ。
何の展示があるのか、あんまり知らんかったんだけど、同行者がぜひ!ということだったし、
何だかんだでそういうの好きなので(笑)、行っちゃいました~。
(だって、博物館みたいなところばっかしでもツマランがね。てか、今回殆ど行っとらんけど)
c0025481_0314523.jpg

c0025481_0355049.jpg

建物が、実はこれまたカッコイイのである。
(もっと美術館周囲をぐるっと回ればよかったんだけど)
ちなみに、道路はさんでお向かいは国会議事堂です。
現代美術館と国会議事堂という取り合わせも何だか面白い…。
c0025481_032086.jpg
c0025481_0345783.jpg
c0025481_0321296.jpg
c0025481_032939.jpg

展示は、数年前に亡くなったフィンランド人写真家を追悼する企画。
JOUKO LEHTOLAという写真家でした。)
他にも色々と現代アートがいっぱい。あいちトリエンナーレ気分w
ちなみに、マジックで落書きされた部屋がどら面白かったw
なんか、色んなネタが書いてありまして。
下ネタとかって万国共通なんだな、と衝撃をうけたw
あと、音モノがどうやら好きみたい。(スピーカーのタワーのやつ)

大きな美術館なんですが、意外と程よい展示の量で、
最近、美術館に行くと情報量が多すぎて疲れちゃう自分としては、
最後まで楽しい気分で出てくることができました。
(意外と時間食っちゃったけどねw)
現代美術とか、抵抗ない人はぜひ行ってほしいっす。楽しいよー。

c0025481_0434890.jpg

そして、ホテルに荷物を取りに行くときに、軽いランチがてら、
念願のロバーツコーヒーへ。何年か前に、フィンランドカフェで飲んだあの味
忘れられなくて、絶対に行きたかったんだてー!
(でも、噂によると最近、日本一号店が福岡にできたらしい…)
でも、コーヒーって頼むと、カップだけもらえてあとはセルフなんですけどね。
でも、なみなみ入れれるからいいw お約束のシナモンロールとセットで
これからの長旅に備えて、最後の一服。
てか、他にもうちょっといい店舗があったんだろうか…。
外観の割に店舗が小さかったんだよね。

c0025481_031353.jpg
c0025481_0313994.jpg
何回通っても、ついつい写真を撮ってしまう。ヘルシンキ中央駅周辺…。

てな感じで、ヘルシンキの街を後にすることになりました。
いやー、名残惜しい!ホントは、もう少し余裕があれば、アアルトデザインの家具に
囲まれたレストランでランチなんてのもしてみたかったんだけど!
(前日の夜にツイッターで情報入手w)
でも、かつて長崎に行った時も思ったが、やっぱり何日か滞在して
じっくりと街を楽しむというスタイルが自分には合っている。
ヘルシンキは、本当に小さい街なんだけど、だからこそじっくり散策し甲斐があった。

ちなみに、空港の免税カウンターは、出発ロビーのところにあって、
ホントにあっという間に手続き終了でした。ラクちん!
自分でチェックイン手続きしなかんかったのはちょっと迷いましたけど…。
免税店は、確かにいろいろありましたが、やっぱ買えるときに
買っとかなかんなぁ…というのが一番実感したことかなw
またしてもお土産用のムーミングッズとか買っちゃいましたけどw
陶磁器関係は、ストックマンの店舗の一部にしかなくて、そこは期待外れ。
しかも、イッタラ製品の方が多くて、アラビアはあんまりなかった(泣)
あと、免税のくせして、ミネラルウォーターが高けぇよw

でもなんかそうこうしているうちに、今回はもうちょっと余裕をもって
飛行機に乗りこみまして、あああー!さらばヘルシンキ!(泣)
c0025481_046244.jpg


いやー、夕暮れのフィンランドの空が綺麗…。
楽しかったよねぇ…。
c0025481_0444790.jpg


ごはんですー。
c0025481_0531657.jpg


で!ここで、驚くべき展開があったんですけど。
ロシア上空で、飛行機機内からオーロラに遭遇!!
別にオーロラツアーに行ったわけじゃないのに、どら儲けた!(爆)
c0025481_0455011.jpg
c0025481_0455594.jpg
※脳内では、ついついエンヤが流れる…w

カーテン状のものがハッキリ見えるほどのレベルではなかったはずですが、
空の向こうの方が、かなり明るく、ボーッと幻想的に光る様子を拝めた。
もうちょっと、コートで被り物でもしてみたら、よりきれいに
見られたのかもしれませんが。これにはさすがにコーフン。
今シーズンはオーロラ当たり年なんだそうで、よもやだったけど、バッチリ恩恵に与った☆
(最初、「ほんなの、ガセじゃねーの?」って思っとったのは内緒w)
日本人はツアー客が多かったから、その辺の連携(順番に見ようね、みたいなの)が
しっかりしとったで、別に団体ツアーじゃない我々も大いに助かったしw

そんなこんなで、随分と久しぶりだったヨーロッパ旅行は終了。
いやー、楽しすぎた。夢のようだった…。
また行きたい。けど、もう仕事の都合があわないかもしれない(泣)
(※今だったらむちゃくちゃ余裕なんだけどね…。)

てなわけで、最後に一言!(キアズマにて発見。)
c0025481_0543435.jpg

[PR]
by yokusang_09 | 2013-04-10 00:56 | たびにでたがね。 | Comments(4)

ぶらりフィンランド・エストニアの旅 4日目(2月20日)

この日は、建築めぐり!って感じだった。
またかてー!って言われそうだけど…w
でも、アアルトの母国ですから。やっぱ堪能したいがね。
c0025481_13445637.jpg

てなわけで、朝から再び、一日乗車券を買って、今度は地下鉄へ。
(これ、2日通し券にしたら4ユーロ浮いたんだよね…)
ヘルシンキは、基本的には路面電車なんですけど、地下鉄も1路線だけあります。
なんか、広島みたいだね…。
で、2区間先の、再開発地区があるカンッピ駅へ。
c0025481_1345127.jpg
何故か地下鉄ホームの真ん中に、現代アート的なものが。
そして、エスカレータを上った先の出口も、なんだか個性的。


ここでチェックしたかったのが、ホテルに置いてあった日本語ガイドで
存在を知って、同行者が気になっていた、木の礼拝堂。
正直、写真を見ただけではなんかイマイチ伝わってこなかったんですけど、
実物の外観を見たらびっくり!
どーん!なにこれ!!

c0025481_13451025.jpg

ちなみに、ものすんごく最近にできました。
だいたい、ヨーロッパ的な街並みの中にこんだけの再開発地区があるのも
正直驚きだったのに、その現代的な建築の中に異彩を放つ、謎の建物。
これが目的地だったのです。(でらあっけなく見つかって笑えたw)
どーでもいいけど、近くに寿司屋があるもんで、その看板を見てから
見ると、ちょっと稲荷ずしに見えなくもないw
c0025481_13452182.jpg

なかは、外の喧騒から遮断された、どえらい静かな空間で、
無垢の木に包まれる感じと合わさって、すごく落ち着く。
ちょっとサウナっぽいんだけどw、その点もフィンランドだがね!
中にあった、石みたいなオブジェ(実は布)も、なんかフィンランド。
しばらくボーッとしてから、ロビーのボランティアガイド?の
おばあちゃんとお話して、朝からすっかり和む。英語だけど。
ついでに、次の目的地への道順を聞いてから、次の目的地へいざ出発☆

c0025481_13453621.jpg

c0025481_13453916.jpg

とはいえ、歩いて5分ぐらいの、これまたぜったい外せない場所なんですが!
テンペリアウキオ寺院。岩の教会、といった方がピンとくるかもしれん。
なんと、ここも入場無料…!
小高い丘になっているところなんですけど、その丘(岩場)を
掘り下げて作ってあるんだそうな。
写真で見るとちょっと薄暗い感じのが多いような気がするんですが、
実際は自然光が差し込んで、ごつごつした岩に囲まれているんだけど、
無機質さというか、カッチョイイ感じだけじゃなくて、柔らかさも
感じられる空間だった。何より、椅子のカラーリングが堪らん!
確かに、まるで宇宙船の中にいるような気分。
ちょっと宇宙戦艦ヤマトごっことか、魔が差したら
やってみよかしらん、みたいなw
(魔は差さんかったで、やっとらせんけど)
ただ、このあと、丘に登ってみて、
(ここが犬のフンとかよーけあって、デンジャラスゾーンだった!)
ついに魔が差したもんで、ジャンプしたりして遊んでましたけどw
でも、タイツ穿いとるし、厚着しとるで上手いことポージングできんかったっす…。

c0025481_13462286.jpg
で、丘を越えて、ちょっと遠くの路面電車乗り場までテクテク。
(この辺でも道がわからなくなり、歩いていたマダムに聞く…)
お屋敷みたいなところの玄関に、狛犬のような感覚でクマがあるのが、
印象的だった。なんなんだろ。ちょっと阿吽っぽいような、違うような…。

c0025481_13463038.jpg
c0025481_13463745.jpg

ほんで、500m位歩いて辿り着いたところに、なんか教会があるなーって
思っとったら、それは国立博物館でしたw
いや、なんかね、博物館らしくなくて、えーんだて!
とはいえ、おトイレだけ借りて、ミュージアムショップを見学して終了w
(今回はこの手のところに入っているヒマはないのだ!)
それよりも、道路はさんで向かい側にある建物の方が目的なんだてー!
はーい。フィンランディアホールだよー!ばばーん!
c0025481_13514555.jpg
c0025481_1352342.jpg

カッケーっす!センパイ、まじカッケーっす!(←言いたかっただけです)
路面電車乗る前のチョロチョロしとっただけですけど、かなり堪能!
ちゃんと中(ロビーまでですが)も入ったし。
なんかね、ちょっと空港みたいだった。実はこの建物って、
大理石が剥がれてきたりして大変だったらしいんですけどね。
でも、外装もカッコイイし、内装もまたモダンでカッコイイんだて!満足。
ほんで、ここでアアルト熱をグッとあげてから向かった先は、
郊外にあるアアルト自邸。

c0025481_135527.jpg

c0025481_1355969.jpg

ここ、地図で見るとどえらい遠い印象ですが、実際はどうだろう…。
アラビアと同じぐらいじゃないかな?電停からも結構近いです。
ホントにフツーのおうちって感じで、ピンポンを押して入れてもらうw
ガイドブックの類には、自由に見学できるっぽく書いてあるんだけど、
実際は撮影タイムを含めて、1時間くらいかけて、
係員が英語(またはフィンランド語)で解説してくれます。
写真で見ると、随分大きなおうちって印象なんですけど、
まぁ、そりゃ割と大きい家なんだけど(仕事場も兼ねていたので)、
でも意外とこじんまりした空間だし、あと天然素材を使っていたり
建て付け家具の感じが、ちょっと昭和テイストだったりして、
うん、なんか、ちょっと昭和のかほりがしましたw
(キレイなママが美味しいお菓子を出してくれる、友達の家みたいな)
でも、年代を考えると、その感覚は決して間違ってはいないような。
つーか、最近、自分がいた職場の建物(築40年超)の意外なほどの
機能美というか、モダニズム的なものについて考えることがあって、
その辺のことと重なる部分があって、面白かった。

c0025481_1356661.jpg
c0025481_13561055.jpg

その後は、再び中心部に戻り、今度は主にショッピング。
でも、その前に、これまたアアルト建築の、アカデミア書店に立ち寄る。
まぁ、なんつーか、丸善的な雰囲気ですねw
で、店舗内にあるカフェで休憩。
「かもめ食堂」で小林聡美と片桐はいりが、ガッチャマンの歌を歌っとったとこ!
あてずっぽうで頼んだら、シナモンロールじゃなかったw
(シナモンロールって通じるのかどうかが自信なかったんだよね…)
なんでもいいけど、平日昼間なのにむちゃ混んでいたw
あと、日本語メニューもあった。どんだけ多いんでしょうか、日本人観光客。
(空港ではあんなに降りてなかったくせして…)

c0025481_1404130.jpg

このあと、マリメッコの旗艦店でボーダーカットソー買ったり、小銭入れ買ったり、
最近子供が生まれた友人夫婦×2に、お土産兼出産祝いでよだれかけ買ったり、
向かいのアルテックで、お友達の新婚さんのお土産用に鍋敷き買ったり、
持ってくる洋服の数を見誤ったため、急遽、H&Mでシャツを買ったり、
(急遽買った代物だけど、来年の冬に取り入れたい)
コーヒー好きの方のために、ローバーツコーヒーでコーヒー豆買ったり、
帰り道のスーパーで、またしてもお土産用のムーミングッズなんかを買い漁ったりして、
ホテルまでぶらぶら帰りました。
マリメッコは、多分日本で買うより安かったですw
小銭入れは1000円くらいだったよ。ここも40ユーロから免税が効くのでありがたい。
残念ながら(?)日本人がいっぱいで、日本人店員に、日本勤務経験のある(らしい)
フィンランド人店員とかおりましたけど!
でも、カットソーは年配の店員さんと相談して買いましたw
サイズ感が難しいから、日本では手を出してなかったんだけど、
折角ヘルシンキに来たんだから!と思って買いましたよ。ええ。
でも、なかなかいい具合のサイズ感で買えたからよかった☆
こんな感じで、お土産がぎょーさんになったところで、4日目終了。
次回はいよいよ最終日です。
c0025481_1414399.jpg


↓ ヘルシンキ駅近くにあったムーミンショップの前にて。
 あとは、この日の晩御飯と、夜のおやつ。オシャレなカジュアルイタリアンレストランに
 入ったんだけど、パスタがこんがらがっていた…。ビールはフィンランドの。旨し!

c0025481_1421731.jpg
c0025481_144109.jpg

[PR]
by yokusang_09 | 2013-04-06 14:07 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ぶらりフィンランド・エストニアの旅 3日目(2月19日)

3日目は、ちゃんとヘルシンキに帰ってきて、市内を散歩。
この日は、全体的におベタにヘルシンキです。
まずは朝から、徒歩で、あのヘルシンキ大聖堂や港の付近をブラついた。

c0025481_14581053.jpg

ヘルシンキ市内は、まるでバス路線のように路面電車が縦横無尽に走っとる。
結構歩行者と近い距離を走っとったりするので、ちょっとびっくりすることもありますが。
なんでもいいけど、カラーリングが昔の名古屋の市バスに似とらんくない…?(笑)
繁華街みたいなエリアをとぼとぼ歩いていると、ふと開けたところに出て、
ほーしたらあったがね!
どーん!!
c0025481_1459521.jpg
c0025481_14594486.jpg

雪の白に映えて、また白く輝く大聖堂!!!
どっひゃー!まさにヘルシンキ(笑)
あと、この前のスペースが元老院広場なのですが、
雪に埋もれて単なる駐車場みたいでしたwww
そして、ここで驚きの光景を目の当たりにする…。
雪で埋もれた階段部分を、幼稚園児(?)がキャイキャイいいながら、
背中で滑り降りとったのである!さ、さすが…!
(左下にちーっちゃく写っているのがソレ)
チャレンジしてみようかと思ったんだけど、階段の上から見下ろしたら、
スキー場でいうところの上級者コースの断崖絶壁みたいな斜面で、
しかも、下、車道だったし、恐ろしすぎて無理だった…。
だいたい、危険なスポーツしません、って言ってあったもんだで、
これで怪我しても保険貰えんぽかったし。てか、スポーツじゃねーしw
入場無料で、人も少なかったで、しばらく座ってボーッとしとった。
ちなみに、大聖堂の前にある雑貨屋さんがなかなかよかったです。
カフェも気になったけど、ちょっと入ってる暇がなくて断念。
なんかいちいち可愛いんだて…。

c0025481_1525383.jpg

ここから少し歩くと、スオメンリンナやストックホルム行きの船が
発着する港へでます。ヘルシンキの港もぶらぶらしたかったんだよね…!
今回はスオメンリンナ(世界遺産になっている、要塞の島)は行かんかったけど、
よくある、海から大聖堂とか撮った写真はおそらくスオメンリンナ行きの
連絡船上から撮影していると思われる…。(気になる方はどーぞ)
いやー、しっかり凍っとるねw
でも、この街と海との距離感がやっぱりたまんなくって、キャイキャイいいながら
ぶらぶらしてました。ここも夏だとマーケットがあるみたいなんですが、
全部雪だったもんで、ポツポツとあるくらいだったけどね…。
ちょっと覗いたら、サーモンとか売っとった。
あと、可愛い建物の、有名な市場もあったけど、残念ながら改装中(泣)
てなわけで、ぶらぶらとウスペンスキ寺院まで歩いて、また引き返して、
路面電車に乗って、一旦中央駅まで行き、6番の電車に乗り換えて、
本日のメインスポットへ~。(いや、大聖堂も、もちろんメインスポットだけど!)

本日のメインスポット(つーか、郊外にあるとなんかメインスポット化するw)。
アラビアのファクトリーショップ!です!どーん!
c0025481_156635.jpg
c0025481_1542192.jpg

行ってわかったんですけど、この地区ってなんかアラビアが開発している?
地域なんですね。ちょっとしたニュータウン的な感じになってました。
ただ、終点で降りろ、という情報だったけど、「アラビア」って駅名出てこないし
どこで降りたらいいかわからんくて(結局「アラビア」駅はなかった)、
電車が折り返したので慌てて降りて、その辺歩いとったマダムに聞いたら、
全然その辺だったw (郊外なんて人おらんで、道尋ねるのも往生こくんだわ)
ちなみに、折り返したー!って思った駅から2つ目で降りると最寄りw
あの、写真でよく見て憧れていた、レトロなビルを見たときは、軽く鳥肌モンw
写真なんかのイメージだと、あのビルだけがポツンとあるような感じですが、
実際は複合施設っぽくなっていて(しかも新しい)、カフェや
郵便グッズ扱ってる店やら家具屋とかちょっといろいろお店があった。
(カフェの食器はもちろん、アラビア。コーヒーとシナモンロールでちょっと休憩した。)
ホントは予約すれば工場見学もできたし、ミュージアムもあるんですけど、
まぁ、そこはいいかw って感じだったもんで、ショップのみ堪能。
アラビアもイッタラもフィスカースグループの一員なので、
ファクトリーショップにはその辺の商品もありまして。
ムーミンの鋏と、欲しかったサイズのムーミンの器を買ってまった☆
ホントは24hのマグカップも買いたかったんだけど、この時は
なんとなくやめたけど、やっぱここで買えばよかったな…。
てか、その後わかったんだけど、フィンランドって40ユーロから
免税してもらえるもんで、ちょっと買えばすぐ免税してもらえるもんで、
「日本と金額変わらんかも」みたいな感じで迷っとるくらいなら、
場合によっては買ってまった方が、逆にお値打ちになったりする。
(思ったけど、うかつにwi-fiつながるからって、楽天とかと比較したらかんねw)
でも、大変満足いたしました☆ ここだけでもまた来たいw
(コペンハーゲンの時もそうだったけど、工場併設アウトレットは俄然楽しい。)

c0025481_1575282.jpg

てなわけで、アラビアファクトリーを後にし、再びヘルシンキの市街地へ。
やっぱデザインものに触れたかったもんだで、なんかそういうお店が
集結しているらしい、デザインディストリクトと言われる地区へ。
若手アーティストの作品が買える「デザインフォーラム」なんかがある。
デザインフォーラムではパンツを買おうかどうか死ぬほど悩んだけどやめた…。
つーか、この地区、個人的には期待しとったほどではなくて、イマイチだった…。
なんか、おしゃれな雑貨屋とかあるんだけど、案外輸入物が多くて。
服屋さんもレディースが多いし(なんで洋服はレディースばっかりなんだ!)、
そもそもなんかうまいことショップに辿り着けれんかったし、
ちょっとこの辺で同行者とビミョーな雰囲気になる…(苦笑)
てか、結構広いんだて。ガイドブックではひとまとめに書いてあるけど!
でも、ギャラリーはちょっと楽しかった。

で、まぁ、なんか、気を取り直して、夕方から博物館に行きたかったもんで
その前に腹ごしらえ(早めの晩御飯)ってことで、行ってまったて。
「かもめ食堂」!! ずくしゅーん!
c0025481_1592771.jpg
c0025481_15101163.jpg

我ながらベタw でも、ここまで来たら行くっきゃないがねw
ご飯食べるには変な時間だったので、お客さんはあまりおらず、
でも、その少ない客の内の3/4くらいが日本人客…。
は、恥ずかしいw
絶対行きたかったし、覚悟はしとったけど、ハズいw
日本語メニューありがたかったけど、照れるw
でも、ハンパない充足感w そりゃ、あの映画みて憧れた部分あるでね…。
ちなみに、夕方でもランチやっとった。なんて、大衆食堂!
でも、実際、お洒落なレストランというわけではなく、普通の食堂って感じだがんね。
トナカイのお肉とかも気になりましたが、自分は魚のフライにして、
同行者はサーモンのプレートを注文。どっちもおいしかった。
ボリュームもしっかりあって、しかも結構お値打ち。
フィンランドって物価高いけど、案外食べることにはオカネがかからん印象。
(ユーロの相場の関係も大いにあるとは思いますが…。)
あと、もれなくシナモンロールも食べたでよ!ホント、シナモンロール美味い。
お腹も満腹になったところで、開き直って店の前で記念撮影もしてw
また街をぶらぶらしながら、本日最後の目的地のデザイン博物館へ。
火曜日は夜の8時まで開いてるのでありがたい。
(フィンランドは、冬でもいろんな施設が割と遅くまで開いとるでいい。)

c0025481_15122118.jpg

c0025481_15134454.jpg

c0025481_1536838.jpg

そうそう、何の解説もなかったけど、博物館の前にあるヨハネ教会が
なんかどえらい印象的だった。いろんなところから屋根が見えとったんだけど。
ヘルシンキの街って、なんかすごく不思議で、近代的な建物と
伝統的なヨーロッパ建築が、何とも絶妙なバランスで混在しとるんだよね。
旧市街と新市街でパッキリ分かれとる、ってわけでもなくて、
なんつーか、ホントに全く違和感なく、フェードするような感じで、
ふと気づくと街並みの様子が全然変わっとったりする。
この博物館周辺もそうで、かもめ食堂らへんは近代的なビルが
建ち並ぶ地域なんだけど、いつのまにやら古めかしい欧風建築が
建ち並ぶ地域になってて。
ストックホルムとも似とるようで、でもやっぱ、なんか違うんだよね。
うん、なんかそういうところが面白かった。
(建物の高さは揃っとるもんで、そこまでの違和感とかがないのかなぁ…)
日本も場所によっては、そんなような気もするようなしないようなだけど、
ちょっと馴れ過ぎてまっとって、よーわからんw


ほんで、デザイン博物館ですけど、思いのほかこじんまりしてて、
名品に触れながら、フィンランドのインダストリアルデザインの歴史を辿る感じ。
なんですが、我々は逆から廻ってしまい、歴史を遡ってまっとったけどw
あと、2階は特別展をやっとりまして、
どういうわけか日本人作家の作品がいっぱいでしたw (びびったよ…)
なんか、多摩美術大のカラミらしい。ここまで来て、なぜ多摩美!?(笑)
でも面白かったんだけどね。

この日は、ホテルまでの帰り道にあった、遅くまで開いてるスーパーに立ち寄り
しこたまお土産(大半がムーミングッズw)買って帰りました。
スーパー、安いからホントいい。(ようやくスーパーでお土産買うことを覚えたw)

c0025481_15335348.jpg

「あひる屋さんwww」って言ってたけど、多分保育所みたい。かもめ食堂近く。
[PR]
by yokusang_09 | 2013-03-31 15:45 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ぶらりフィンランド・エストニアの旅 2日目(2月18日)

フィンランド到着2日目にして、いきなりフィンランド脱出w
バルト海を挟んで、お隣の国、エストニアの首都・タリンに行ってきた。
実は、フェリーで2時間程度なので、日帰り旅行先として密かに人気らしい。
ただ、その割に情報がないんだよね…。特にフィンランド関係の方から攻めていくと。
ヘルシンキ行くならタリンは絶対に行きたかったもんで、
ツイッターやブログでお世話になっとるおかめさんに、BSで放送されていた
「桃井かおりが行くバルト三国の旅」みたいな番組を録画していただき、それを見て
一応の予習はしてあったのですが(←どら役に立ちました。ありがとうございます!)、
時間がなくてそれ以上の事前学習はできんかったんだよね…。

ヘルシンキからの行き方についても、ホントは4つくらいフェリーの種類が
あるらしいんだけど、ネットで調べると、高速船のタリンクシリヤしか出てこーせんし、
そのフェリー乗り場へのアクセス方法もなんか意外とめんどくさいし、
どうなんだて…と思って、同行者とスマホで調べまくっとったら、
どうやら手持ちのガイドブックの情報がちょっと古くて、半年ほど前から
実はホテル近くの路面電車の駅から1本でフェリーターミナルまで
行けるということが判明www
(どうぞ、皆さん注意してください。9番の路面電車で行けます。)
いやー、あやうく郊外の地下鉄駅で途方に暮れるところだったぜ…。
c0025481_1565873.jpgc0025481_157154.jpg
c0025481_1571274.jpgc0025481_1571969.jpg
とはいえ、朝イチの便はちょっと早すぎて乗り損ねた…。
(フェリーって飛行機と一緒で出航時間の1時間前くらいにはおらなかんのだね…)
が、高速船じゃない普通のフェリー(?)が、割とすぐに出ることがわかって、
そっちでタリンまで向かうことに。高速船じゃないもんで、ちょっとだけお安かった。
てっきり、青函連絡船みたいに、広間みたいな2等客室みたいなのがあるのかと
思っておりましたが、そんなもんはなくて、キャビン予約しとらんかったら、
テキトーに船内をブラブラしとるっていうスタイルでしたので、
レストランでビールとシナモンロール食べたり、免税スーパーで
ちょっと買い物したり、ショーみたりして、楽しんでおりました。
ちなみに、お値段的には27ユーロとか35ユーロだもんで、まぁ、
近鉄のアーバンライナーで名古屋から大阪まで日帰りで遊びに行くようなもんかしらん。
c0025481_15725100.jpgc0025481_1573722.jpg
c0025481_2132428.jpgc0025481_1582527.jpg
c0025481_1581528.jpg
バルト海、凍っとる!!! でも沖合は凍っとらんかった。
ちなみに、冬と夏では氷の関係で所要時間が30分程度違うらしいです。

c0025481_1585167.jpgc0025481_1585452.jpg
てなわけで、約2時間半後、タリンに到着。
ひゃー!なんてったって、バルト三国!!! 初めての旧ソビエト!!! アガるwww
なんか、この建物、旧共産圏ぽくない? あと、路面電車にも何故か興奮w
c0025481_159319.jpgc0025481_2214986.jpg

事前のネット情報と、桃井かおりの番組と、絵地図みたいなガイドマップが頼り…
でしたが、まぁ、何とかなりました。
フェリー乗り場から歩いて15分程度で、世界遺産になっている旧市街に到着。
観光としてはオフシーズンだし、月曜日で博物館とかも休みだもんでか
ちょっと空いとった。あと、日本人がほぼ全然おらんくってよかったw
c0025481_1592594.jpg

c0025481_1593255.jpgc0025481_1593077.jpg

俺、高校は日本史だったもんで、世界史全然わからんのだけど、
かつてハンザ同盟で栄えた街で、結構中世ドイツっぽい感じなんだそうです。
まぁ、たしかに、いかにもヨーロッパ!! な街並みがバババーン!! と拡がって
おりまして、そりゃあもうタマらんかったですよ。

c0025481_240259.jpgc0025481_244249.jpg
c0025481_24831100.jpgc0025481_2572434.jpg
c0025481_2433869.jpgc0025481_246253.jpgc0025481_2542067.jpg

ドアや窓がいちいち可愛かったりオシャレだったり、カラーリングがたまらんかったり
とにかくデザインに特徴があって、同行者とともに、
「このドアいいですね~」「壁の色遣いがタマらん!」とか連呼しながら、
写真撮りまくりで、二人して完全に「たてもの探訪」状態でした…。
正直、情報量が少なかったのと、英語のガイドマップを日本語訳するのが
メンドイもんでw、もうあれこれ言わんから、写真をガンガン紹介しますわ…。
(とはいえ、ほんのごく一部なんですけど…)

c0025481_31868.jpgc0025481_321419.jpg
c0025481_3131751.jpgc0025481_3105047.jpg
c0025481_3382359.jpgc0025481_339812.jpg
c0025481_3394366.jpgc0025481_340854.jpg
c0025481_3563592.jpgc0025481_3413474.jpg
c0025481_3433677.jpgc0025481_3112621.jpgc0025481_303811.jpg
c0025481_3115756.jpgc0025481_3122565.jpgc0025481_3403454.jpg

本当は、この町はどこか高い塔に上って街の全景を眺めると素晴らしいのですが、
それができる場所がよくわからんかった&できるところが改装中で
閉まっとったもんで、それは出来ずでした…。残念。
でも、ホントに見事なまでに中世の街並みが残っていて、いかにもヨーロッパなの!
また雪との組み合わせがたまらんのです…。ちょっとロシアっぽいというか。
ヨーロッパの街をブラブラするっていうのが好きな自分としては、
ぶらぶらしとるだけでも相当楽しかった。
c0025481_333969.jpg
ボリウッドっていう、アジア料理屋に入る。
インド風なのか、中華風なのかよくわかんないけど、
同行者が頼んでいた酸辣湯的なスープは胡椒辛かった…。
しかしエストニアは物価が安い。これ、二人分でも11ユーロくらいだったよ…。

c0025481_33488.jpgc0025481_3343990.jpg

歩き疲れたので、町はずれにあった劇場併設のカフェに入る。
チビッコが一人芝居に熱中していた。
てゆーか、エストニア語が分かんないから、そうだと思う…w
でも、エストニアでも英語はちゃんと通じます。

c0025481_3574712.jpg
最後、女性の職人が集まってお店を出しているエリアに立ち寄り、
クッションカバーを買いました。(早く、かぶせる中身を大塚屋に行って買わねば!)
このあたり、モロに旅番組で紹介されていたところ。あんな遠い海外の情景が
目の前に広がっていると思うと、感動だよ。。。(予習しといてよかった。)

c0025481_451748.jpg
c0025481_454562.jpg

暗くなるまで、くまなくあっちこっち歩き回り、
一応19時30分に出航するフェリーでヘルシンキに帰ろうと思い、1時間前には
フェリー乗り場に向かうも、曜日を間違えて実は21時にしかフェリーがないことが判明…。
てなわけで、最寄りのスーパーに立ち寄ってなんかテキトーに時間を潰すことに。

c0025481_414177.jpgc0025481_423374.jpg

イメージとしてはあれです、大きめのマックスバリュみたいな感じでした。
がっ! ここがなかなか楽しくて。とりあえず、雑貨屋みたいなところで
ホテルで履くスリッパを購入。2ユーロしてなかった。激安。
そして、お水やらエストニア土産をいっぱい購入。ここも激安。
ちなみに、エストニアのチョコレートメーカーは「カレブ」(kalev)です。
ぎょーさん種類があったので、(しかも外国人土産にちょうどいい感じのが!)
あれこれ買ったけど、自分が買った中で、一番高いやつでも
5ユーロしとらんかったので、やはり物価が安い…!
味もそんなに甘すぎる感じじゃなくて、ちょうどいいんです。オススメ。
このチョコレートを買っておけば、とりあえず間違いないw

でもなんかねー、今やEUに加盟して、ユーロにまで参加しちゃってるけど、
20年ちょっと前までは共産主義国だったわけでしょ…。
と思うと、なんか感慨深いモンがあるがんね…。
まぁ、ただ、スーパーの店員とかは軒並み愛想がなかったので、
その辺は、「やっぱり!」とか勝手に思ってましたけどw

c0025481_482933.jpgc0025481_485387.jpg

夜のフェリーは、朝よりも仕事帰りっぽい、ちょっとイカつい男性が多くて、
ちーとばかしビビりましたが、別に何かあったりはなく、フェリー内で晩御飯食べて、
翌日のプランをあーでもないこーでもないと言いながら(ちょっと疲れてたから荒れ気味…)
組んでいたら、あっという間にヘルシンキ到着。帰ってソッコー寝た。

てなわけで、3日目に続く…。
[PR]
by yokusang_09 | 2013-03-24 04:12 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ぶらりフィンランド・エストニアの旅 プロローグ&1日目(2月17日)

前回のフランス旅行からはや5年半…。
やっとこさ念願の海外旅行に行ってきたがねー。
行先はフィンランド&エストニア。
まぁ、主にフィンランドなんですけど。エストニアはフェリーで日帰りです。
みなさん、この時期にフィンランドって言うとオーロラツアーに行くのかと
思われるんですが、俺がそんな可愛げあるもんに行くわけあらすかw
ヘルシンキの街をじっくり堪能コースです。まぁ、「かもめ食堂」ノリだわ。

今の職場は暑い時期が忙しいもんで、まとまった休みを取るなら(でも年休対応)、
この時期(2月下旬)しかなくて、じゃあこのタイミングで行こう、という話は
友人とずっとしとったんだが、具体的な行先とかがちっとも決まらんくって、
実はけっこうしばらくの間、ドイツ周遊的な方向で話が進んどったんですが、
どーせフィンエアーで行くならフィンランド行きたいってゴネたりした結果、
フィンランド(ヘルシンキ)+ドイツ(デュッセルドルフ)って話も出てたんですが、
いつのまにやらフィンランド(+エストニア)に落ち着いた、という展開www

しかし、あれだて。前回のパリ旅行の時と同じくらい、
今でもサーチャージってどえらい高いんだね…。
ヨーロッパまで5~6万しましたよ、アータ!
当初は周遊する+ドイツは知り合いの家に泊まる可能性があったもんで、
自力ですべて手配するつもりだったんだけど、
サーチャージが高すぎて挫けかけた…。
が、試しにHISのサイト見てみたら、まともに飛行機のチケット取る値段で
サーチャージ込で、グレードアップしたホテル+朝食で
まだおつりがくるぐらいのフリープランが出とったもんだで、
それにしてまった。まぁ、この時期は安いですからね…。
ちなみに、延泊が可能なプランの場合、ツアー離脱手数料(?)的なものを
支払えばアレンジも可能なことが、今回の旅行で判明。
(例えば、フリープラン4泊6日のツアーを、3日分延泊扱いにしたうえで離脱し、
3日間は違う国に行く)
手数料もたかが3,000円だったもんで、次回はこの手を使おう…。
(その方が飛行機代安い)

前回のデンマーク&スウェーデン旅行(なんと8年前!)で学んだこととして、

・耳あて必須(寒さで耳が痛くなって顎が開けれんくなった)
・タイツ必須(コペンハーゲンでは冷えておしっこばっかりしとった)
・カメラの予備電源必須(ストックホルムで寒さで電池切れ起こして乾電池買った)

ってことがあったもんで、その辺だけは準備して、あとは何と出発当日の未明から
荷造りを始めておりました…。忙しくて準備する暇がなかったのもあるけど、
基本的には、あとは飛行機で寝ればいいという魂胆。
完全に18きっぷやバスで東京に行くのと同じノリだがんねw

てなわけで、セントレアから、フィンエアーで一路ヘルシンキへ。
c0025481_1203792.jpg

セントレアからのフィンエアーは、まぁ日本人がいっぱいでしたw
どうせ大半は、乗り継ぎなんでしょう。
てか、JALとのコードシェア便、日本人乗務員率増えたよな…。
c0025481_1204895.jpgc0025481_1204581.jpg
お楽しみの機内食。なんか、日本風…。
約10時間のフライトは、ご飯食べて、映画観て(日本語吹き替え版いっぱいあった)、
居眠りして、ご飯食べて、終了。
c0025481_1205139.jpg

c0025481_120542.jpgc0025481_1205780.jpg

てなわけで、なんか、割とあっという間にフィンランド到着。
案の定、オシャレw (写真左下。乗り換え口への案内サインが可愛い!)
そして、今回ももれなく空港で、ヨーロッパ到着の踊りをぶちかます。
フィンエアーのエアポートバスで、ヘルシンキ中央駅に向かいます。
時間的(30分程度)にもお値段的(6.3ユーロ)にも、なんか小牧感覚w

で、バスを降りたら、いきなりヘルシンキ中央駅がお出迎え!
なんか、アールデコ。そしていかにもヨーロッパな駅。
電車も可愛いし。扉の緑色の窓も可愛い。
鉄ではないけど、そりゃ興奮だがねー。
乗りもしないのに駅侵入w 写真撮りまくりw
c0025481_121215.jpg
c0025481_121744.jpg
c0025481_121243.jpgc0025481_1532352.jpg

c0025481_1211114.jpgc0025481_1211362.jpg

そして、駅の横には、お約束の屋外スケートリンク。
みんなすいすい滑っとらした。さすがだがね…!
c0025481_1211836.jpg


ホテルはここから歩いて5分程度のところでした。
到着した日が日曜日だったもんで、デパートとかは18時ぐらいで閉まってしまい、
これ言ってやることもない感じだったし、なによりよく考えたら
前日半分徹夜状態だったもんで、結構くたびれてまっとったもんで、
駅周辺を偵察がてらご飯食べに行き、後はホテルに帰って、
翌日のタリンについて調べまくっておりました…。
(実はここでこの作業をしたことで、かなり助かったというか命拾いしましたw)
ホテルはwi-fiが飛んどるもんで、スマホ持っていけばネットやれるんだわね。
てか、ホテル以外でも空港とか無料のwi-fiが結構あって、日本みたいに
通信会社で囲い込みされとるわけじゃないもんで、スマホ持っていけば、
どら便利だった。劇団関係のやりとりとか、フィンランドにいながらにして
結構やっておりました…。ホテルにいるときくらいしか出来なんだけど。

c0025481_1215573.jpgc0025481_1215856.jpg

ちなみに、この日の食事は、海外に行くと必ず1回は行きたい、マクドナルドw
日本にないメニューを頼むのが定番。今回はマックラップと、ライ麦バーガー!
ラップは美味しかった!ぎっしり詰まっとって、なかなかのボリューム。
ライ麦バーガーは…普通のハンバーガーでよかった…かな…w

c0025481_122247.jpg

妖しげに照らされた、古い建物。なんか気に入ってる。(宿泊先ではありません)

てなわけで、2日目に続く。
[PR]
by yokusang_09 | 2013-03-07 01:57 | たびにでたがね。 | Comments(2)

フィンランドから帰ってきました。

c0025481_19334531.jpg

なんか、スマホ持って行ったもんで、
結構浦島太郎状態じゃないんだけど、
帰ってきました〜。

とりあえず、お土産の仕分けしてます。
多分、買い過ぎた…。
[PR]
by yokusang_09 | 2013-02-22 19:30 | たびにでたがね。 | Comments(0)

フィンランドに行ってきます

c0025481_11402959.jpg

セントレアなう。
久しぶりの海外旅行です。
[PR]
by yokusang_09 | 2013-02-17 11:39 | たびにでたがね。 | Comments(0)

フィルムスキャンデビュー(10代最後のおもひで付き)

c0025481_4365220.jpg

↑↑↑ これ
フィルムスキャンも出来るスキャナを買ってまった。
名古屋栄のど真ん中~♪ のトップカメラで。
全盛期に比べると淋しくなってまった感じだったけど、なんかカメラ関係だで。
(とはいえ、パソコンコーナーでしたけどw)

フツーのスキャナだで、でかいんだわ…。
ホントは、キャノンの縦置きも出来るやつがよかったんだけど、CCDじゃなくて、
店員さんが「CCDとそーじゃないやつだと、差が歴然と違います」って言わっせるで、
キャノンの方が俄然オシャレだったけど、機能を取ったという展開…。
(つーか、エプソンのスキャナは全体的にオシャレじゃない)
で、早速スキャンしてみましたけど。モノによっては色合い調整しんくてもいける!
(フィルム写真をPCに取り込むと、やっぱ空の色がなかなか綺麗にでーせんね…。)
ま、サクサクとはいかんけど(多分PCのスペックに問題ありw)、まぁまぁ
スムーズに動いてくれるし、結構満足だがんね。
これで、フィルムで撮った写真もブログにUPできるがーん!

てなわけで、お試しで、懐かしいお写真を一部公開。
生まれて初めて海外旅行(韓国はソウル3泊4日)に行ったとき。
旅行ってゆーか、正しくは巡検なんだが。
(大学の授業で、地理のフィールドワーク。とはいえ、ほとんど旅行w)
はしゃいだなぁ…。まだ(ギリギリ)10代でしたので、青パスポートでございやんした。
まだ名古屋空港(要するに小牧)からだったんだよねぇ。
そんで、帰国してから1週間後くらいに911テロがあって、飛行機が飛ばんくなった
ニュースを見て「あー、あのタイミングでよかった~」って安堵したんだわwww
c0025481_431350.jpg

c0025481_4312566.jpg

c0025481_4314255.jpg

c0025481_4314598.jpg

c0025481_4314828.jpg


てか、今までアレコレやっとったら、まーはいこんな時間だよ…。
土曜日にエラすぎて24時間寝てまったで、時間感覚がメチャクチャ。困った(汗)
[PR]
by yokusang_09 | 2011-01-10 04:46 | 物欲との死闘 | Comments(0)

おパリ日記 3日目(7月6日)

c0025481_2303766.jpg
この日は日中は単独行動。
実は、海外で丸一日単独行動するのって初めてだがんね…。
ほんでも、そんなこと言っとれーせんがね。だって…↓

今回のパリ旅行の(個人的な)本当の目的②
=ジャパンエキスポに行ってみたい!


なんか、この時期に、フランスで日本のマンガとかアニメの祭典があるという話を
去年あたりに入手いたしまして。どらめちゃ気になっとったんだてぇ。
だって、なんかキワドイ香りがするがねw (自分が言うのもなんですが…。)

というわけで、まだ帰国しーせんのに、シャルル・ド・ゴール空港行きの列車に乗って、
会場となる「パルク・デ・ゼクスポジション」へ。(要するに、ポートメッセみたいなとこ。)
最初、どの電車に乗ればええんかよぉわからんかったけど、
漢字プリントTシャツを着た少年が乗り込んだ電車に乗ってみたら、正解だったわwww

会場は朝からすんごい人!日本のメディアも取材にきとったみたい。(写真上中)
物販のブースには、日本直輸入のマンガから、フランス語訳されたマンガ、
アニメグッズなんかが販売されとった。「おでん缶」や同人誌もあったけど。
「湘南純愛組」は、フランスでは「young GTO」ってタイトルだった。
…そりゃそうだわなw(写真上右)
写真下左:「NARUTO」のカードゲームの全仏大会もあって、優勝すると日本行けるらしい。
写真下中:今回のイベントのゲストは、元X-JAPANのYOSHIKIだったがんね。
       残念ながら出演は別の日だったらしいが。前売券で入った人はこのクジを
       引いとらした。…しかし、YOSHIKIって「佳樹」なんきゃ?
写真下右:バンダイも出店しとった。星闘士星矢のオモチャが€80…。
c0025481_2375210.jpgc0025481_2363050.jpgc0025481_2382928.jpg
c0025481_2311144.jpgc0025481_2311169.jpgc0025481_23113926.jpg
マンガやアニメ関係以外にも、日本文化を紹介するブースがあって、
何故か剣道やっとった。あとは、囲碁の大会もあったし。着物の販売もあった。
なんか、全体的に、日本人として試されとるような気がしまくりで、変な緊張感だったがーw
というわけで、会場内にあった笹に短冊をさげてみることに。(翌日は七夕だでね。)
えぇ、日本語で願い事をサラサラ~っと書いたったわー!褒められましたw
c0025481_23224310.jpgc0025481_23244352.jpgc0025481_23273185.jpg
そんで、やっぱしおりましたよ。コスプレイヤーが!!
秋葉原で日本人がやっとったらただのヲタクだけどw、フランス人だと、でら映えますな☆
c0025481_23323830.jpgc0025481_23324959.jpgc0025481_2333059.jpgc0025481_23371282.jpg
というわけで、特に買い物とかしんかったけど、ぶらぶらしとるだけでも、
どらめちゃ面白いイベントでございました。
つーか、帰国後気づいたんだが、ワシが帰った直後くらいに
水木一郎のライブがあったらしい。…フランスであの歌声を聞きたかった(笑)

その後のあしどり。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-25 00:59 | たびにでたがね。 | Comments(6)

おパリ日記 2日目(7月5日)

c0025481_2355129.jpg
2日目は、オマケの半日観光でスタート。
(写真はムーランルージュ。外観だけ拝んだ。)

・モンマルトルの丘
基本的に車窓観光ばっかしなんだけど、モンマルトルの丘は自由行動だったんだわー。
森昌子風ガイドが言うには、「ミサンガ売りが沢山いますから」とのことだったが、
確かに、ヤラセかしらん?と思うくらい、どらめちゃおったwww
(まぁ、ワタクシは他の人が絡まれとる隙をついて抜けましたけど)

モンマルトル=売れない画家 ってことしかあれせんかったでかんけど、
実は、サクレ・クール聖堂が有名(写真左)で、オマケにそのふもとの
メリーゴーランド(写真中)はアメリで出てくるところだったりしとったんだね。
…予習不足だわー。こりゃかん。
(一番右の写真は、タイトル「パリに死す」。)
c0025481_1403874.jpgc0025481_1404828.jpgc0025481_1405895.jpg
c0025481_20127.jpg
丘の上(サクレ・クール聖堂の入り口)からの眺めはでらええよぉ。
エッフェル塔の展望台と同じ高さらしーで。まぁ、ある種の金華山的ノリだわ。(ウソ)
サクレ・クール聖堂は入場無料で、現役の宗教施設として使われとるもんでかしらんけど、
個人的に、どーしても長崎の「浦上天主堂」と被る…。

丘の上まで上がってくると、ようやく売れない画家がぎょーさんおった。
ちなみにワタクシ、学生時代に、トモダチから
「君のファッションテーマって、基本的に『パリの売れない画家』って感じだよね。」
ってよく言われたんだけど(褒め言葉ね)、ほんなん、ワシみたいな服装おれせんがね。
丘の下にはミサンガ売りがわんさかおったけど、丘の上には、似顔絵描きが
わんさかおりました。なんか、あんましどえらいおるもんで、笑えてまったw
興味はあったけど、アジア人だとみんなキツネ目にされちゃうらしーでねぇ…。
c0025481_234428.jpgc0025481_2342265.jpg
c0025481_1549345.jpgこの後は、エッフェル塔で写真撮るために10分間だけ降ろしてもらえて、
ほんで終了。なんか前日に中心街はよーけまわったもんだで、収穫は半分位か・・・。
日本語でのガイドって、実際にはわかるもんでありがたいんだけど、
なんか、なーんか、群れるのがイヤだがー…。
(無料日本語ガイドとか嬉しいけど。)

午後。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-20 01:54 | たびにでたがね。 | Comments(4)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

タグ

(167)
(137)
(48)
(48)
(38)
(37)
(33)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(13)
(9)
(8)
(6)

検索

最新の記事

公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33
国産ジーンズ発祥の地・児島へ..
at 2017-05-27 17:59
劇団唐組「ビンローの封印」@..
at 2017-05-20 22:15
SPAC「アンティゴネ 時を..
at 2017-05-05 23:07
クロムモリブデン「空と雲とバ..
at 2017-04-29 22:27
芝居流通センター デス電所「..
at 2017-04-29 16:50
コトリ会議「あ、カッコンの竹..
at 2017-04-22 15:51
悪い芝居「罠々」@HEPHALL
at 2017-04-08 22:56

ブログジャンル

つぶやき
演劇