<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミクニヤナイハラプロジェクト「東京ノート」@吉祥寺シアター

c0025481_1101155.jpgあの「ミクニヤナイハラ」が、あの静かな演劇の代名詞みたいな
「東京ノート」を上演するって一体何がどうなるんだ!?
と、情報を知ってからめちゃくちゃ興味があったんですけど、
行ってきましたよ。吉祥寺まで。

感想としては、東京ノートの戯曲としての完成度というか、
すごさを見せつけられた、ということに尽きますかね・・・。
だって、あんなに「ミクニヤナイハラ」って感じに仕上げていても、
それでもやっぱりそこで展開されているのは、以前にアゴラでみた
青年団の「東京ノート」に結びついていくし、自分の心に残る感覚も
やっぱり青年団の「東京ノート」なんですよ。これが不思議なことに。
まぁ、元々が現代劇ですし、あまり崩していなかったとかいうのが
あるのかもしれません。でも、そんなこと知らない一観客の自分から
してみれば「東京ノート、マジ強ぇ!」ってことになるんですけど。

もっとダンサブルなイメージを想像していたのですが、そのへんは
割と抑え気味で。ただ、1つの役を3人で回していたり、
台詞がループしたり、元々のあの会話が重なり合う雰囲気や
戯曲から感じ取るイメージをある意味ではプリミティブに
表現されていたような印象も受けました。個人的には。
何か、自分とつながっているけど遠い世界が、きな臭い方向に、
ぐるぐると渦巻きながら段々と接近する感じ、とでも言うんでしょうか。

演出も言っていますが、発表後20年近くが経過しても、
古くさくなるどころか、時代の方が戯曲に近づいてきてしまっている状況で、
思想とか関係なく、そういう意味でもこの戯曲の持つ力というものの
凄さを実感するわけなのですが、個人的には内容よりも、
テキストそのものの骨太さというか、しぶとさ(笑)に
軽く慄きました・・・。

平田オリザ、恐るべし!!!!
うん、最終的にこれだわ。これw



--------------------------------------------------------------------------------
吉祥寺シアター10周年記念公演 
ミクニヤナイハラプロジェクト 「東京ノート」
2016年3月24日~28日 @吉祥寺シアター

作:平田オリザ
演出:矢内原美邦
出演:石松太一、稲継美保、笠木 泉、門田 寛生、川上友里、川田 希、河村竜也、
熊谷祐子、重岡 漠、 島田曜蔵、立蔵葉子、永井秀樹、沼田星麻、橋本和加子、
兵藤公美、細谷貴宏、光瀬指絵、 緑川史絵、守美樹、森山貴邦
映像:高橋啓祐  舞台監督:鈴木康郎  照明:南香織
メインビジュアル:off-Nibroll  宣伝美術:石田直久
企画・制作:プリコグ(奥野将徳、河村美帆香、水野恵美)
主催:ミクニヤナイハラプロジェクト
共催:公益財団法人武蔵野文化事業団
助成:芸術文化振興基金  特別協力:急な坂スタジオ
協力:青年団、アマヤドリ

[PR]
by yokusang_09 | 2016-03-26 23:38 | 芝居を観てきた2016 | Comments(0)

東京で芝居を上演することになりました

c0025481_23491992.jpg

去年公開された、ももいろクローバーZ主演の映画「幕が上がる」という映画はご覧になれたでしょうか。
高校演劇がテーマの作品でしたが、劇中で、ももクロメンバー演じる演劇部員達は「行くぞ、全国!」と言って、全国大会を目指して稽古に打ち込むシーンが出てきます。
でも、実は、高校演劇の大会は、全国大会で終わりではないんですね。
上位入賞すると、夏休みの終わりには、東京の国立劇場で上演する機会があるのです(かつてはBSで全国放送もされていました)。だから、あれ、最終的には「行くぞ、国立!」なんですよね。
というのも、僕も高校時代は演劇部員でして、実は全国大会まで出場したのですが、残念ながら「行くぞ、国立!」の夢までは叶わず、当時の大会開催地・山形で、涙したのでした…。

えっ?あれから16年以上経過してるの!?そりゃ、20世紀の終わりの話だでね…Σ(´∀`;)

で、何が言いたいかというと、その1999年夏に夢破れて以来、16年とちょっとぶりに、リベンジを果たす機会がやってきたのです!
東京で芝居を打つ日がついにやってきたんだがねーー!観る側じゃなくて、演る側(笑)

というわけで、10月に仙台・新潟・名古屋の三都市公演を行った「対ゲキ」ですが、1月の大阪公演を経て、ついにツアーファイナル。4月に東京公演を行うこととなりました。

私は出演はしておりませんが、引き続き衣装として参加しております。
出演はしておりませんが、劇場にはいますし、もしかしたら、受付でヘンな小芝居をしているかもしれません…(全く未定なので過度の期待は禁物)。

というわけで、年度明け早々の大変な時期ではありますが、もしよろしければ、駒場に遊びに来てください。チケットはまだ全ての公演でご用意可能です。

てか、地味に感無量。芝居の創作側として関わるのやめても、あんまり悔いない(笑)

------------------------------------------

短距離男道ミサイル×オレンヂスタ×コトリ会議 「対ゲキだヨ!全員集合~お題は家族♨3劇団で3県回るヨ!!!~ 1府1都増えた!」

(東京公演)
2016年4月1日(金)~3日(日)
4/1 (金) 19:00
4/2 (土) 13:00/18:00
4/3 (日) 11:00/16:00

会場:こまばアゴラ劇場
料金:前売 2800円/当日 3300円
上演時間:2時間25分(途中休憩2回あり)
3団体各40分、休憩各10分


※予約はホームページから可能です。が、私に直接連絡をくださっても大丈夫です。
※私が参加しているオレンヂスタは、『新興宗教ワタシ教』 という  約40分の短編を上演します。

http://taigeki3kazoku.wix.com/index


[PR]
by yokusang_09 | 2016-03-24 23:45 | 芝居稽古日誌 | Comments(0)

NODA・MAP「逆鱗」@東京芸術劇場プレイハウス/シアターBRAVA!

c0025481_0513149.jpgひょんなことから、東京と大阪で2回観てしまいました。
東京以外でノダマップ観るの、実は初めてなんですよね。
ネタバレになりますが、人間魚雷「回天」がテーマのお話。

ぶっちゃけてしまうと、テーマのチョイスは「オイル」に似たものがあるし、
話の展開のさせ方は「エッグ」に似ている。
「オイル」はヒロインが松たか子だったし。ますます似ているw
特攻隊に比べれば、人間魚雷は比較的認知度が低いのかもしれないが、
かといって、さほど新鮮味のあるモチーフでもないし、
それに、ストーリーの展開も、まぁ、強引と言えば強引かもしれない(笑)

と、言いつつ…めちゃくちゃ面白いんですよ、この芝居。
そりゃあ、もう、悔しいくらいに(笑)
東京と大阪と2回観たけれど、2回ともグイグイ引き込まれてしまった。
まぁ、オイルもエッグも、個人的には大好きな作品ではあるのですが、
潔いまでに王道というか、ノダっぽさ満載で構成されていた、
というのもあるかもしれないし、ビジュアル(美術等)の美しさという
要素も大きかったと思います。
テーマの既視感と、直接的な訴求性と、戯曲による包み方が、
バシバシッとキマッたパターンなのではないかと思ってみたり。

王道と言いつつも、ひとつだけ「おや?」と思ったことがあり、
それは野田さんがガンガンは出てないのに、そこに不満がなかったこと(笑)
いや、結構出ていたと思うが、井上真央の存在感がかなり強くて、
ポイントはちょいちょい押さえていたけど、あまり仕事してなかったような・・・
というくらいの印象だったりする。
この点については、俳優・野田秀樹好きとしては地味に衝撃でしたw
あと、瑛太が異常なまでにカッコよかったし、井上真央も凄くよかったし、
アンサンブルのみなさまだって、なんだかもはやアンサンブル域を
超えているような気もしますし。

最初に言った、既視感とかモチーフの新鮮味のなさとか、
その点が引っかからないかと言われれば残念ながら、
多少は引っかかるのだがw、その辺を諸々を全部超越していた。
いやー、素直に、すごかった。面白かった。

余談ですが、東京と大阪で客席の反応を比べてみると、
大阪の方があんまりリアクションよくなかったのに、大阪では、
定番のカーテンコール終了後にまさかのスタオベになってしまい、
野田さんが土下座していたのが、結構衝撃的でしたw
地方公演だとこういうことがあるのか(笑)
あと、良い芝居は2回見るのがいい。贅沢だけど。

---------------------------------------------------------
NODA・MAP 第20回公演 「逆鱗」
(東京公演)2016年1月19日~3月13日 @東京芸術劇場プレイハウス
(大阪公演)2016年3月18日~27日 @シアターBRAVA!

作・演出:野田秀樹
出演:松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ、池田成志、満島真之介、銀粉蝶、野田秀樹
秋草瑠衣子、秋山遊楽、石川朝日、石川詩織、石橋静河、伊藤壮太郎、大石貴也 
大西ユースケ、織田圭祐、川原田樹、菊沢将憲、黒瀧保士、近藤彩香、指出瑞貴 
末冨真由、竹川絵美夏、手代木花野、中村梨那、那海、野口卓磨、的場祐太、
柳生拓哉、吉田朋弘
美術:堀尾幸男  照明:小川幾雄  衣裳:ひびのこづえ 
選曲・効果:高都幸男  振付:井手茂太  映像:奥秀太郎 
美粧:柘植伊佐夫  舞台監督:瀬﨑将孝  プロデューサー:鈴木弘之
主催:NODA・MAP
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)


[PR]
by yokusang_09 | 2016-03-19 18:24 | 芝居を観てきた2016 | Comments(0)

少年王者舘「思い出し未来」@七ツ寺共同スタジオ/ザ・スズナリ

c0025481_0155742.jpg少年王者舘、久しぶりの新作本公演。
ついに、名古屋でも観て、東京でも観るというマニアなことをしてしまった・・・。
あのね、スズナリで一度観ると、やっぱスズナリで観たくなるんだよ・・・。
(元々、別件で上京する予定があったので、せっかくなら・・・というのが理由なのだが。)
あと、お世話になったる正和さん出演というのもありまして。
結果、両方観にいって大正解でした。一言で言ってしまえば、めちゃくちゃ面白かった。

まぁ、いつもの王者舘だと言ってしまえばそれまでなのですが、個人的にはこれまで観た作品の中では、描かれているテーマというか世界観が自分の中に入ってきやすくて、かつ若干人数が少なめだったこともあってか、「王者舘らしさ」がギュッと凝縮されていた感じがしました。
ただ、「濃縮」といっても、単純に濃いのではなく、味がしっかりついている、といった感じです。
ダンスとストーリーとループ場面のバランスが大変良かった。東京でも「中略」ありましたしねw(多分、ダンスなので、ストーリー的には「中略」ではない、という勝手な推測。)

遅筆で有名な天野さんなので、名古屋は仕上がってないことは承知の上だったのですが、でも、それでも結構成立していたには成立していたのですが、ちょっと物足りなさというか、舞台も客席も消化不良だった部分は否めなかったのです。
あと、やっぱり七ツは、エネルギーがほとばしっていたけど、狭かったのも事実。
スズナリは舞台も客席も余裕があるので、バランスがよくて。あと、単純に脚本も役者の熟度もあがっているので、良い意味で落ち着いていた。特にループの掛け合いシーンは、落ち着いた結果、遊びが利いていて、名古屋よりも面白かったし。

あと、これは名古屋も東京も同じなのですが、小林夢二さんとか雪港さんとかがしっかりした芝居をしていたのが印象的で、それも「しっかりした味付け」という印象につながっていると思われるところ。
とはいえ、みんな芝居もダンスもしっかりしていたのですが。特に印象的だったという意味で。

こりゃ確かに両方観るのがツウと言われるわな(笑)
でも、名古屋がホームなんだから、名古屋で完成した作品を見せてほしいなぁ・・・。
叶わぬ願いなのかw


----------------------------------------------------------------------------
少年王者舘 第38回本公演
「思い出し未来」
(愛知公演)2016年2月11日~14日 @七ツ寺共同スタジオ
(東京公演)2016年3月3日~8日 @ザ・スズナリ

作・演出:天野天街
出演:夕沈、虎馬鯨、白鷗文子、雪港、ひのみもく、小林夢二、宮璃アリ、
水柊、池田遼、る正和
舞台美術:田岡一遠  美術製作:小森祐美加  映像:浜嶋将裕
照明:小木曽千倉  音響: 岩野直人[ステージオフィス]  
舞台監督: 岡田保[演劇組織KIMYO]  振付:夕沈  
音楽: 珠水、FUMICO  チラシ:アマノテンガイ
チラシロゴ:田岡一遠  写真:羽鳥直志  記録:山崎のりあき、田中博之
票券:藤田晶久  制作:宮璃アリ  主催・企画:少年王者舘
協力:うにたもみいち、サカイユウゴ、小島祐未子、望月勝美、
寺本ふみ、山本かおり(賄い方)

井村昂、杉浦胎兒、中村榮美子、山本亜手子、サカエミホ、
黒宮万理、☆之、水元汽色、街乃珠衣

[PR]
by yokusang_09 | 2016-03-05 16:59 | 芝居を観てきた2016 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇