<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

平成28年2月文楽公演(第一部)「靱猿」/「信州川中島合戦」@国立劇場小劇場

c0025481_0584535.jpg半蔵門は朝の11時。

実は、国立劇場に来るのは初めて。かつてはこの劇場で上演することを目指して、高校生の頃は頑張っていたのだが、今日はこうして客として観にきたわけです。(今回は小劇場ですけど)
ああ、自分の中で「東京」がどんどんと近くなっていくよ。
って、何を今さらって感じですけどw

思い出話はさておき。

東京勤務時代の同僚に誘ってもらって、初めての文楽を観にやってきたのです。
ちなみに、「文楽」というのは人形浄瑠璃の一派なんですね。
今回に向けて調べました(笑)
東京にいた頃から誘ってもらっていたのですが、なかなかタイミングが合わなくて。
でも、NHKで「ちかえもん」の放送が始まり、さらにたまたま人形劇に
関わる機会があったこともあって、このタイミングで行っちゃうことにしちゃいました。

とりあえずの感想としては・・・すんません、むちゃくちゃ油断してました。
予想以上に面白かった!
以下、ど素人なりに、思ったことをチマチマと。
(本当に、観慣れていない人の感想メモなので、いろいろとすみません…)

[靱猿]
狂言の演目から抜粋したもの(景事)らしく、そのため内容もつかみやすいし、
初心者にはとても優しい内容。正直大したストーリーはないのですが、
初心者が人形浄瑠璃の「人形」の面白さを実感するにはバッチリでした。
猿の人形が出てくるのですが、それがすごくかわいい(笑)
しかも、猿の地味で目立たないけど狂言らしい、細かな動きが愛おしい。
踊りの場面が続くので、人形遣いっぷりを堪能できるのですが、
実は首・右手(主遣い)→左手(左遣い)→足(足遣い)の順番でランクが
下がっていくんですね・・・。てっきり、足が2番手だと思っていたw
でも、3人の息がきちんとあってないと当然ながら人形はきちんと動かないし、
よく見ていると、主遣いがリードしっぱなし、というわけでもなかったんですよね。
この演目に関して言えば、曲芸をする場面があることもあって、
キーとなる人がころころ変わっていて、ちょっとバレーボールみたいというか、
意外なほどスポーティーなんだな、という印象。
人形1体に3人がついて、さらに太夫や、三味線やら、
黒子(人形を操らない純粋に裏方)もいたりで、なんちゅー総力戦。
人形劇といえど、こりゃふつうの芝居と変わらんじゃないか!
と、なんか、人形浄瑠璃の世界にバーン!と当てられて、最初の30分が終了。

[信州川中島合戦]
第一部メイン。
あまり動きのない作品で、ちょっと眠いかもしれない、という事前情報は
聞いていたのですが、まぁ、慣れたら眠いかもしれないw
しかし(前の演目も同じだが)太夫の台詞は字幕表示されるため、
何を言っているかはちゃんと聞き取れるし、パンフレットに詳しいあらすじが
載っているため(さすが国立クオリティ。お買い得。鑑賞にはマスト)、
そんなに眠気を覚えることもなく。
靱猿はスポーティーな印象でしたが、こちらはもっとじっくりと落ち着いた
演技を楽しむことができました。本当に初めてだった「猿靫」のときは、
人形遣いの動きに注目が行きがちだったのですが、
今度は、人形の動きや表情といった、人形そのものの演技力
(操り方が上手いということなのでしょうが、そういうことではなくて)に
見入ってしまいました。「ちかえもん」の劇中に、人形の動きに客が
悲鳴や歓声をあげるシーンがありましたが、別にそれは、
娯楽が少ないから人形芝居で満足している、とかいうわけではなくて、
本当に人形が生きた演技をしているんですよね。
(あと、人形といえば、一人で操作する人形も出ていたのが印象的でした。
あれは古い人形浄瑠璃のスタイルなんですかね?)

文楽を観慣れていない自分は、ついつい舞台正面で展開される人形芝居に
注目しがちなのですが、太夫の浄瑠璃語りも素晴らしかったです。
敵将と老婆とのいがみ合いやら、吃音の妻の苦労やら、古典の「語り」なので、
自分が普段観ている芝居と比べると、やはりある程度は叙事的な要素が
強くなるもんだと思っていたのですが、そんなこと全く関係なく、
叙情的にもシーンが立ち上がってくるし、劇場の空気もガンガン作っておりました。
というか、太夫自身、声(語り))だけじゃないパフォーマンスもありますもんね。
そりゃそうだ。(というか、小劇場系の目線で観すぎか?)

というわけで、初めての文楽だったわけですが。
人形芝居なので、舞台上で細かい動きが続くし、表情の動きだって(人間に比べたら)
大してあるわけでもないですけど、でも普通に生身の人間が演じる歌舞伎よりも、
ずっと濃縮された世界がそこにはあるような印象を受けました。
(もちろん、かなり前の方の良席を確保してもらっていたので、見え方については
いっさいストレスを感じる必要がなかったこともかなり大きいのですがw)

いやー、こりゃなんか、ちょっと新しい扉を開いてしまった感(笑)
自分が、純粋にどっぷり古典にハマるとはあまり想像できないのですが、
とか言ってるとそのうちハマってそうですが、また行きたいなぁ。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-02-20 14:40 | 芝居を観てきた2016 | Comments(0)

この1年、忘れ物や無くし物が絶えない。

c0025481_21295837.jpg

この1年ほど、忘れ物・無くし物が多い。

・峠の釜飯の漬物ケース
・誕生日プレゼントにもらったピジャマのiPhoneケース
・パリで買ったヴィトンのパスケース
・長く使っていたSuica
・EX-ICカード
・眼鏡
・ポンタカード
・iPhone
・新品のヘアワックス
・デジカメ
・買い直したピジャマのiPhoneケース(←new)

※余計なモノをつけたせば、東京暮らしも無くなっている(笑)

何故だ。何故なのだ。
この1年間でなんでこんなに物を忘れたり、なくしたりするのだ。
ちなみに、後半のものは、割と手元に戻ってきているのだが、前半のものは失われたままである。
気をつけているのに、それでも無くしてしまう。気をつけ方が足らんのだろうが、元々モノ無くしやすいタイプでもないし、どーしたらいいとかよくわからん…。

一部は対策を始めてみてはいる。
例えば温泉に忘れていったヘアワックスは、小分けケースに入れることで、無くしても買い直す事態は回避するようにした。
忘れ物については、きちんとした位置にしまわなかったが故に発生していることが多いので、これも意識するようにしている。しかし、れでも最後のiPhoneケース忘れは発生したのだが…。

どーすりゃえーーのよ!

ちなみに、モノを無くしてわかったことは、探し出すときには、なるべくなくした場所や時間、形状をきちんと伝えることが大事だということ。
特に、iPhone。この時は、某駅の窓口に忘れて、その40分後位に気が付いたのだが、駅窓口に最初「携帯電話の忘れ物ありませんでしたか?」と尋ねてみたら、「見てない」と言われてしまった。しかし、「あれ?もしかしてiPhone?」と相手方が察して、その結果、その場で取り戻すことができた。
「携帯電話」というと、ガラケーを想像される可能性があるようなので、少なくともスマホの場合、最初の一言目から「スマホ」と言った方がよさそうである。(そして、そのスマホがiPhoneなら、最初から「iPhone」と言った方がよい)

って、こんな経験蓄積させたくねーよ…。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-02-14 21:26 | よくさん日記 | Comments(2)

早春の熱海へ

去年の今頃は、友人達と箱根に行っていたのですが、今年は同じ仲間で熱海へ。
私は休んで東京で遊んでましたけど、夜まで芝居観ていたので、観劇後は品川から新幹線に乗って熱海まで。熱海って、乗り換えで降りたことはあってもちゃんと改札くぐったことなかったよ・・・。

結構遅い時間から旅館に行って、温泉入って酒盛りしながらUNOしたり。これが楽しいんです。熱海のお湯は、塩分が含まれているので温まりやすいとのことだったのですが、確かに、よく温まる。でも、そんなに塩っぽさがないし、ぬるめだからじっくり使っていても苦じゃなくて、大変よいお湯でした。さすが、徳川家が贔屓にしていただけのことはあります。
c0025481_23115853.jpg
c0025481_23122594.jpg


翌朝、旅館を出た後は、駅前の足湯で温まりながら、後からやってくる友人親子を待ち、その後はバスで来宮の熱海梅園へ。
なんか、偕楽園に行ってから、桜もいいけど梅見に行きたい体質になっちゃったんですよね。なんだソレって感じですけど。年とったんでしょうか。
c0025481_2365216.jpg

c0025481_2371898.jpg

c0025481_2372292.jpg
この日は暖かかったこともあってか、結構咲いておりました。
ちなみにこの梅園も、実は結構歴史のあるところなんですよね。
知らんかった。都市公園で酒盛りしながら桜を愛でるのとは違う、のんびりした感じが好きなんだなぁ。というわけで、少し早い春を堪能。

その後はテクテクと坂道を下り、来宮駅→熱海の中心部へ。
c0025481_23134064.jpg
c0025481_23134616.jpg
c0025481_23134935.jpg
c0025481_2322876.jpg

シブい。むちゃくちゃシブい。熱海の中心部って、温泉街っぽさがあるような、ないようなという感じなのだが(でも、やっぱり隠しきれない温泉街感はビシビシ感じる)、とりあえずシブい。

熱海銀座で空店舗を利用したゲストハウス&カフェで、「ARMY」じゃなくて「ATMY」とプリントされたTシャツやら干物やら買ったり、谷崎潤一郎の愛した「モカロール」を買って、雨宿りしながら食べたり、ついつい大人っぷりを発揮。なんか、爆買いとか揶揄されましたけど、別にそんなに散財してないから!(怒)
多くの文化人に愛された熱海という街は、何気ないものにちょっとしたエピソードがあったりして、そこが面白かった。まぁ、特にモカロールなんですけど。
c0025481_23135360.jpg

c0025481_2314291.jpg


サンビーチ見えるジョナサンで、またしても雨宿りのためお茶したあとは、金色夜叉の銅像のところまで行って記念撮影。房総半島から持ってきた砂とのことですが、まぁ、熱海の風景の一角をなしていることにはあまり異論はないのでは。ちょっと温まりにきちゃったぜ、という感じはするよね。確かに。
c0025481_23172057.jpg
c0025481_23172513.jpg


最後は駅前の商店街まで戻って、温泉饅頭やら買って、解散。(駅前の商店街は、これまたなんか温泉街的情緒がある。)

結果的に、箱根のように遊びに行ったというよりも、散策しにきたくらいのノリになってしまったのだが、結構いっぱい歩いたし、写真撮りながらブラブラしたりして、楽しかった。でも熱海って、どうやって過ごすのが正解、というかスタンダードなのかしらね。やっぱホテルでのんびりなのかなぁ。

今度はもっと天気のいい時期に行きたいかもね。冬でいいんだけど。あと、駅のキヨスクでみかん買っときゃよかったw
c0025481_23231139.jpg

誰が書いたのだろう…。久々に砂浜に文字書いて遊びたくなった。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-02-13 22:57 | たびにでたがね。 | Comments(0)

東京No.1親子「あぶくしゃくりのブリガンテ」@下北沢駅前劇場

c0025481_2313035.jpg当初は予定のやりくりが上手く行かず諦めていたのだが、そこがなんとかなってしまったため、観にいくことにしてしまいました。
(実は、この前の週も用事があって東京に行っており、2週連続で、さらに翌週も東京に行く予定があるため、2月は3週連続で東京なのである。)

佐藤B作&銀平親子によるユニット。で、福原さんが作・演出、という企画。銀平さん、わし、好きな俳優さんなのでその点もかなり気になるポイントだったのですが。
一言で言ってしまえば、超濃厚で圧倒されてしまった。福原ワールド大炸裂。いつも以上に冴えていた気がします。まぁ、ちょっと、父親役のイメージが田中角栄に似ていたせいなのか、少しだけ、猫ホテの過去作品に似た印象もあったけど、あれ、よく考えたら、潤色・演出は福原さんだった(笑)

正直言うと、元々役者が目当てのような感じだったので、福原作品とはいえ、当初は、その点については、それほど意識はしていなかったのだが、まさかまさかの戯曲クオリティで、結局のところ役者が強烈&戯曲も冴えてるで、そりゃあ、圧倒されちゃうよね、って感じだったわけです。

地元で圧倒的な存在である父親と、その息子と嫁との関係を通じて物語は展開していきます。父子については、元々の企画からしてこれを「あて書き」と言うのが適切かどうかはわからないが、でもやはり、この父子だからこそでる雰囲気みたいなものがあって、どこまでが筋書きで、どこまでが完全にアドリブなのかわからないところなんかも、まさにソレだったりして。

確かに舞台上のB作氏の存在は確かに圧倒的で、めっちゃくちゃギラギラしてたし、しかも駅前劇場だから客席と近くて、とんでもない圧だったのですが(笑)、それに対する息子の銀平氏も、自分からしてみればいつも通りのいい仕事してましたけど、まぁ、あのすさまじい圧に比べると、息子はまだまだ不安なところはあるかもしれないけど・・・。関係ないけど、前よりも体が鍛わっていた印象。やっぱりあれか、ボクサー役だからか?

安藤聖氏の仕事ぶりも実に素晴らしくて。てか、あのポジションにあの人いなかったら、絶対まとまってなかった(笑)しかも、もう少しクールな演技する印象があったんだけど、あんなに化粧っ気のない(?)感じの演技するんだ、という親子との対峙というわけではなくて、役者個人の演技も印象的だった。

とはいえ、ここまでは期待どおりといえば期待どおりだったのだが、この3人の役者に死ぬほど仕事をさせていた戯曲が、めちゃくちゃ面白いのである。よくもまぁ、あんな発想でてきますな(笑)
あの成り上がりの親父の設定も、シンプルかつキャッチーで、個人的には、作家の持ち味を堪能するには良い設定だと思っているのですが、ストレートながらもなかなかに歪んだ意味不明なストーリーと、秀逸なコピーの感覚に近い印象的な台詞と、あのスピード感。
これを、あの3人にやらせてたわけでしょ…? 
いっぱい笑ったし、ドキドキしたし、大変純粋な気持ちで舞台を楽しませてもらいました。

が、改めて振り返ってみると、あれ3人しか役者でてないんだよな・・・。なんかすげー芝居だったんだな・・・。

-----------------------------------------------------------------
東京No.1親子「あぶくしゃくりのブリガンテ」
2016年2月3日~14日
@下北沢駅前劇場

脚本・演出:福原充則
出演:佐藤B作、佐藤銀平、安藤 聖
美術:片平圭衣子 照明:河上賢一 音響:高塩 顕
衣裳:髙木阿友子 演出助手:入倉麻美 舞台監督:西廣 奏
宣伝美術:ナミヘイ 宣伝写真:露木聡子
劇団ロゴデザイン:野島敏光
制作:笠原健一
協力:オフィスボードビル 円企画 コムレイド ノックス
制作協力:プラグマックス&エンタテインメント 主催:東京No.1親子

[PR]
by yokusang_09 | 2016-02-12 23:03 | 芝居を観てきた2016 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(169)
(138)
(49)
(48)
(38)
(37)
(33)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)

検索

最新の記事

八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00
落ち着いて物事に向き合えない。
at 2017-08-09 00:28
第七劇場「人形の家」@三重県..
at 2017-07-16 23:56
公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33
国産ジーンズ発祥の地・児島へ..
at 2017-05-27 17:59
劇団唐組「ビンローの封印」@..
at 2017-05-20 22:15
小松台東「山笑う」@三鷹市芸..
at 2017-05-20 17:13

ブログジャンル

つぶやき
演劇