<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本劇団協議会「プラモラル」@ザ・スズナリ

出演者のまどかさんにご案内いただき、観てきちゃいました。
実は初演を観たことがあって、なんとサイン戯曲まで持っていたりするのですが、
実家に置いてきてしまい、さらに自分のブログで感想を辿ってみたら、
サクッとした感想しか書いてなくてストーリーが思い出せなかったというw
(シーンは覚えてたんだけど、他の芝居とどうにも被っちゃってね)
なので、比較的新鮮な気持ちで再演を観てきた。
神谷演出と佃演出の違いも楽しみにしつつ。

c0025481_243141.jpg【あらすじ】
何もない舞台。「男1」が一人現れる。
彼は「男1」であるがゆえ、まだ何者でもない誰かだ。
あけぼの小学校のPTAの婦人パトロールの人達と遭遇する「男1」。
婦人パトロールの人たちは「男1」を<不審者>だと決めつける。
この町では三年前に小学校女子の殺害事件があり、その犯人はまだ捕まっていないので
見かけない男に対してピリピリしているのだ。
<不審者>から危うく<犯人>に決めつけられそうになった彼だったが、遅れてきた夫人の一人の
曖昧な記憶により<コミュニティーセンター職員>となった彼は、責務を全うしようとこの町でイベントを
開催しようとするのだが、徐々にこの町の問題点が浮き彫りになってくる。
それは新興住宅地域における新しい住人たちと昔からこの町に住む住人たちとの根深い確執・・・
そこから生まれる人間関係のの裏と表・・・性的倒錯による歪んだ愛情・・・それらが次々と剥き出しになっていく。
そして、<コミュニティーセンター職員>から再び<不審者><犯人>へと変貌を余儀なくされる「男1」。


ニュータウンを抱えるある町の、旧来の住民と新住民とのやりとりだったり、
ニュータウンならではの住民のイヤな繋がりだったりを中心に描いた、
人間のモラルについて描いたちょっとイヤな感じのお話。
大幅に間違っているわけではないはずw

正直、ちょうど山口県の田舎で5人くらい殺された事件が
話題になっていたこともあったし、自分も歳を食ったので、
7~8年くらい前の話なんだけど、今の方が自分に入ってくるという意味では
面白く観ていた。役者がいつものB級遊撃隊の方々ではない、という
新鮮さもありましたけど。というか、ニュータウンを舞台にしたっていう時点で、
当時も(悪い意味ではなく)あるある感はあったんだけど、今の方が
確実にそれが増している、ということが妙に怖かったというかなんというか。
繰り返しになるけど、たぶんあれから年齢を重ねた、という部分は
だいぶ大きいと思うんですけどね。あとは、感じる湿度の成分が違うっていうのかな?
(そうやって考えると、B級って大人の芝居だよなー)

誰しもが持っている、とかって感じさせるわけではないんだけど、
エラソーな顔しているくせして陰でなにやってるかわかんない、
あの感覚って言うのは、案外観客の自分たちも他人の行いを覗き見感覚で
観ちゃってるところがあって、その瞬間って「あらやだ」って程度なんですけど、
まぁ、じぶんだってそんなこたぁさんざんある訳でw
(ただし、犯罪には手を染めていませんから!)
他人の振りして笑っちゃいたくなるほど見せつけてくるのではなく、
薄皮剥いでくるようなあの感覚を、まさか再演モノで感じるとは思ってもいなくて、
今更ながらに、ちょっと社会派っぽい感じの作品が続いていたころの
佃戯曲を今一度観てみたい感覚になりました。

それにしても、名古屋の劇団って、あれなの?そんなにメタが好きなの?w
今回はそのメタがうまいこと作品の不気味な世界観に繋がっていたけど、
そんなに「私は男1です」みたいな台詞言っちゃうのが好きなのかね?
・・・ってのは、思いましたw
そうじゃない劇団もいっぱいある、というかそっちの方が多いような
気はしておりますが、でもなんか少なくはないよね・・・。
あと、吉村さんが大変よかったです。あの方、だんだん
B級に馴染んできてらっしゃるからなのかわかりませんけど、
きっとご本人が持ってみえる色気みたいなもんが、回を重ねるごとにでてきてる気がする。
演出の佃さん含めて3人、B級の役者が出演することで、
元々の劇団カラーも残しつつ、でも外部の役者さんの刺激もありつつ、
そしてなにより、佃さんの芝居を(そして知人が出演する芝居を)
スズナリで観られたってことが、まーなんか、新鮮だったわw

-----------------------------------------------------------------------
(公財)日本劇団協議会 日本の演劇人を育てるプロジェクト 
「プラモラル」
2013年7月24日~28日 @ザ・スズナリ
作・演出:佃典彦
出演:木暮拓矢(流山児★事務所)、吉村公佑(劇団B級遊撃隊)、坂井香奈美(流山児★事務所)、
    山丸莉菜☆ (流山児★事務所)、寺十吾 (tsumazuki no ishi)、若杉宏二 (流山児★事務所)、
   下総源太朗 (ワンダー・プロ)、青木砂織 (流山児★事務所)、麻乃佳世、平手舞 (Beehive inc.)、
   まどか園太夫 (劇団B級遊撃隊)
照明:小木曽千倉、音響:岩野直人、舞台監督:小林岳郎、演出助手:三井田明日香
宣伝美術:グラフ、チラシ原画:ヨコヤマ茂未、アシスタント・プロデューサー:米山恭子
プロデューサー:流山児祥



[PR]
by yokusang_09 | 2013-07-27 22:41 | 芝居を観てきた2013 | Comments(0)

夏の夕空(我が家のベランダより)

c0025481_143312.jpg

この時期、ものすごく好きなんだけど、思いのほか出かけない。
芝居観に行くこと以外、思いのほかうまく回っていないw
折角環境が変わったのに、中途半端に空回りしている。うーん…。
何か軌道に乗りきらない。つい4か月ほど前までは、だいぶノリノリだったんだがw
覚悟が決まらないのか。じわじわ来る企業文化の違いが、予想外にじわじわ来ているのか。
無駄なプライドが邪魔をするのか。生産性の低さがいよいよアチコチに影響を及ぼしてきたのか。

なんでもいいけど、柏はいいところだんだけど、都内まで何かと1時間かかるのが厄介ですw

[PR]
by yokusang_09 | 2013-07-22 01:49 | よくさん日記 | Comments(0)

FUKAIPRODUCE羽衣「Still on a roll」@こまばアゴラ劇場

c0025481_0455212.jpg
評判を聞いて、初めて観てきた。
東京っていいねw
こうやって簡単に芝居にアクセスできるで!

ちなみに、タイトルは「まだまだ元気はあるぜ!」という
意味なんだそうです。へー。


売れないロッカーみたいな人(しかもヒモ)が、スナック勤めの
彼女の帰りを待っているところからスタート。
そこから、彼の空想の世界(?)にある、ハッピーな農村の世界が展開していく。
その後も、農村の世界と、現在の世知辛い東京砂漠(でいいのか?)との往復で、
物語は進行してゆきます。

なんか、正直、最初はこりゃあ苦手なパターンかな、と思ったものの、
ミュージカル的な作りが結構楽しくって(笑)、いつの間にやら引き込まれてしまった。
別に田舎の牧歌的な生活に対して憧れ、というか、
手離しで賞賛する人間ではないので、そういう抵抗感が微塵もないわけでは
なかったんだけど、あれだけ役が、そして役者が舞台上で活きていたら、
やっぱ心に打たれちゃうもんがありますわいな…。
とにかく、ホント、半端ない。
というよりは、舞台から押し寄せてくる、凄まじい熱量と密度を持ったパワーの塊に、
圧倒された、というのが正しいのかもしれない。
泣いてる人もいっぱいいた。自分は泣いてしまうほど、
話の意味を理解していたわけではないので(笑)、そんなこたぁなかったんですが、
でも、ともすれば涙していたかもしれんわね…。

東京に出てきて2ヶ月近く経とうとしていて、そろそろ疲れてきたこともあったりして、
それなりに東京砂漠的な気分を経験しちゃったりしてるなら、
この圧倒的な生のパワーは、間違いなくグイグイくる。
でも、そんな気分って結構誰でも、現在進行形で
味わってる気もするんですけどね…。
地震だの原発だの。言いたかないけど。

そして、この芝居、見終わってからもまだアツいんだよね。
ずーっとジワジワくる。特に、歌が(笑)
「猫っ毛!」とか歌い出したくなるもんw
つーか、既に独りで家にいるときには歌っとるけどw
いやー、久しぶりに、理屈抜きで、役者力に圧倒された芝居を観た。
パッション!

-------------------------------------------------------------
FUKAIPRODUCE羽衣 第16回公演  
「still on a roll」 (東京公演)
2013年7月11日~21日 @こまばアゴラ劇場

プロデュース:深井順子
作・演出・音楽・美術:糸井幸之介
出演:深井順子・日高啓介・鯉和鮎美・高橋義和・澤田慎司・森下亮(クロムモリブデン)
    伊藤昌子・福原冠・鈴木裕二・新部聖子
舞台監督:渡辺了((株)ダイ・レクト) 照明:松本永 音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)
音響操作:寺澤光 衣装:吉田健太郎 振付:木皮成 宣伝美術:林弥生
チラシ絵:糸井幸之介 制作:坂田厚子・大石丈太郎  企画・製作:FUKAIPRODUCE羽衣

[PR]
by yokusang_09 | 2013-07-20 18:38 | 芝居を観てきた2013 | Comments(0)

やなぎみわ演劇プロジェクト「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」@神奈川芸術劇場大スタジオ

【ネタバレしてます】
8月末に名古屋に帰省するのは至難の業っぽかったし、フツーに横浜で観ましたw
まぁ、横浜遠いって言っても知れてますから…。名古屋からに比べりゃ余裕w
でも、電車だけで1時間半かかるけど。つまり自宅からは2時間仕事…。

c0025481_1571754.jpg
【あらすじ】
「ゼロ・アワー」とは、太平洋戦争中に日本政府が連合国軍向けに発信していたラジオ番組の名称。南太平洋で戦う米兵たちに届いた女性アナウンサーの魅惑的な声はいつの間にか、東洋の魔女「東京ローズ」と呼ばれるようになる。 終戦後、彼女を一目見ようと彼らは廃墟の東京に殺到するが... 史実とフィクションが交錯する「声たち」をめぐる物語。


非常にシンプルかつ洗練された演劇だったなぁ。
というのが、とりあえず一言感想。
最終的に、何だか包み込まれるような気分だったんだけど、
その要因をいくつか考えてくと、ちょっと鳥肌立っちゃう感じだった。

劇場に入ると、まず受付嬢から携帯ラジオを貰い、
片耳だけイヤホンをつけるんだが、本編が始まると、
ちょいちょいそのラジオから、
芝居と合わせた音声が流れる、という仕掛け。
これ、慣れないと気持ち悪いかもしれないけど、どらめちゃよかった。
耳から入ってくる情報って、視覚よりも残るんだよね。
携帯ラジオのイヤホンから流れてきた、東京ローズの声が、
耳に良い余韻を残すんですわ。
イヤホンから聞こえてきたラジオの声主は、実は男性の声を
女性に変えたものなんですけど・・・。
でも、この東京ローズの声の主をめぐっての事件というのが、
今回のお話なわけで。
ラジオ(イヤホン)越しに声を聞くことで、登場人物になった気分というと、
ちょっと違うんだけど、戯曲の世界に無意識に入り込んじゃう。

この芝居、パーツで考えてみると色々と不思議なところがあって、
特にビジュアル面を考えると、なんか割と、全く戦中戦後の日本じゃないんですよw
例えば舞台美術は、シンプルかつ機能的で、戦中戦後の
日本のラジオ局なわきゃねーぜw
って感じで、このオシャレさがどう振れちゃうもんなのか?と一瞬心配もしていたけど、
抽象と具象のはざまな感じで、あんまり気にならなかった。
(というより、かなりガラガラ動かして使ってるんだけど、
なぜにあんなにスマートなのか気になった)
アナウンサーたちだって、モンペどころが、受付嬢スタイルだしね。
でも、これっぽっちも気にならないんだよね。
やってる芝居は随分と具象なんですけど。
アナウンサー達の衣装について言えば、同じ受付嬢スタイルで
無個性な感じにしつつも、(実際に、ラジオ放送でも自分の名前を
名乗っているわけではなかった彼女たち)
それでもやっぱり出てくる登場人物各人の背景なり個性なりっていうものを、
浮かび上がらせる効果があったようにも思うわけですが、
この、攻めの引き算みたいなところ(?)が、自分にとっては心地よくって。
積極的に意味を持たせない、というか。

それでいて戯曲が、しなやかかつ強度があるもんだから、する~っと入ってきちゃう。
観客に想像させる余地を残しつつ(例えば、最後に、若い姿のまま登場する
潮見は生きているのか死んでいるのか、とか)、シンプルなストーリーなんだけど、
それでいて、登場人物たちの言葉にしきれない背景や気持ちが透けてみえてきて。
見せ方全体含めて、ああ、おれ、正直こういう芝居、自分のプロデュースで
やってみたかったんだよなぁ…とか、ちょっと思い出しちゃったしw(※やらんけど)

なんか、繰り返しになっちゃうけど、嬉しさも悲しさも、温かさも冷たさも、
すべてを優しくでもしっかりと包み込みこんでくれる、
なんか、そういう芝居だったなぁ。うん。自分にとってはそういう感じでした。

そういえば、役者では、放送技師の方がどえらい印象的でした。
他の役者さんも、それぞれ個性があって、凄く良かったんだけどね。
あー、愛知での反応が気になります。

----------------------------------------------
やなぎみわ演劇プロジェクト2013
「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」
(神奈川公演) 2013年7月12日~15日 @神奈川芸術劇場大スタジオ

作・演出・美術:やなぎみわ
出演:松角洋平・荒尾日南子・吉田圭佑・高橋紀恵(文学座)・高橋牧・小田さやか・明季
声のみの出演:Clyde Stroman、Lucas Kushner、松﨑颯、
          Robert B. Spenser、Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)
音声デザイン: フォルマント兄弟  装置デザイン: トラフ建築設計事務所
照明:大石真一郎(KAAT)  音響:徳久礼子(KAAT)  舞台監督:小金井伸一(KAAT)
技術監督:堀内真人(KAAT)  映像制作:三谷正 小道具:黒飛忠紀 衣裳:朝倉夕加里
結髪:阿久津寛子 宣伝美術:木村三晴  翻訳:マチダゲン  演出助手:山﨑なし
制作:井上美葉子(ARTCABINET)、藤井明子(あいちトリエンナーレ2013)、井上はるか(KAAT)
企画アドバイス:小崎哲哉(あいちトリエンナーレ2013統括プロデューサー)
主催:やなぎみわ演劇プロジェクト(神奈川公演)/あいちトリエンナーレ実行委員会・愛知芸術文化センター(あいち公演)
提携:KAAT神奈川芸術劇場(神奈川公演)  
製作:あいちトリエンナーレ2013 /やなぎみわ演劇プロジェクト
制作協力:KAAT神奈川芸術劇場 企画:やなぎみわ演劇プロジェクト

[PR]
by yokusang_09 | 2013-07-14 21:52 | 芝居を観てきた2013 | Comments(0)

フィンランドのドーナツ

c0025481_2134154.jpg

c0025481_213427.jpg

吉祥寺は、何故か北欧関連の店が多い気がする。
理由はわからないが。
でも、中央線沿線だと思うと、なんか受け入れられるw
根拠とかは、これっぽっちもないけど。

というわけで、芝居を観に行ったついでに寄り道して、ぶらぶらしてきたんですが、割と最近進出してきた、フィンランド生まれのドーナツ屋・アーノルドに寄ってみました。半分怖いもの見たさで試したかった(笑)リコリス味はまだ売ってなかった…。いや、うちにスーパーサルミアッキあるんだけど、まずはドーナツからチャレンジしてみようかな…って思ったんですけどw

と、いうわけで、割とスタンダードなのを買ってみましたが、お味は、ミスドとクリスピーの間って感じかな…。外国っぽい感じなんだけど、なんか馴染むというか。

今度は絶対にリコリス味にチャレンジする…予定w
[PR]
by yokusang_09 | 2013-07-01 21:17 | 東京暮らし | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇