<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

もう暑いの飽きた。

岐阜・多治見で39.4度=関東、東海で死者相次ぐ-今夏最高、熱中症注意・気象庁(7月22日)
8月上旬まで猛暑注意=気象庁(7月23日)
(いずれも時事通信)

梅雨明けからの暑さが尋常じゃないがんね。
おおじょうこいとるなんてもんじゃないて!
まさしく瀕死!スーツ着とる人みると、キ☆ガイかと思ってまうwww
あああ!転勤先がクーラーがよく効く部屋でよかった(涙)
でも、なんか仕事が急に暇になっちゃったおかげとかで、
周りはピリピリしとるのに、オレは毎日グダってますけど…。
そろそろ課長補佐から顰蹙をかっとるかもせん。泣きそう。

てか、なんか、今日の新聞にもこの連日の猛暑の理由が載っとったけど
(なにやら偏西風がうねって、高気圧を本州付近に押し上げとるとか)
まー、ホント、たいがいにしてほしいよ…。
職場から某ビルの温度計が見えるんだけど、38℃とか。
そりゃ死ぬて…。
しかも、全国の最高気温、東海地方がトップを占めとるし。
多治見じゃ、駅前で団扇を配っとったマスコットの「うながっぱ」(の着ぐるみ)が
倒れそうになって、市民から配った団扇で扇いでもらったとかいう、
微笑ましいんだか、そーじゃにゃーんだかわけわからん
エピソードがあったらしいし。39℃の天気で着ぐるみって、アータ…。
危険手当3倍増し位貰わんと、よーやれんよ!てか、貰ってもやりたないしw
ちなみに、金曜日の「めざましテレビ」の天気予報なんて、
「名古屋38℃」って表示出すだけで、まー、触れもせーせんかったにー!
東京の35℃がなんだってーんだ!ほんなん、涼しいがやw
お花プレゼントも大事だけど、慰め兼ねて触れたってよー。

あと、どっちかというと、涼しい我が家なはずなんだが、今年は帰宅すると
家がボカボカで全然熱がひかせんのだわ。
しょうがないで、一時的にクーラー入れて冷やすんだけど、
電気代が嵩んでまうでヤなんだわね。

あー、やだ。ホントやだ。汗かいて、ソッコーわやになってまうで、
髪の毛セットする気にもならんし。

明日は美容院で、頭もクールビズにしてくるもーん!ケッ!
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-24 02:28 | 多事争論@ナゴヤ | Comments(2)

劇団、江本純子「婦人口論」@東京芸術劇場小ホール1

c0025481_2316565.jpg
ふふふ…。
やっぱ、真面目なジュンリー演出作品も
いっぺん見ときたくて、まっぺん芸劇へw
てか、このポスター、真面目に演劇とか言いながら、
完璧「毛皮族」ノリで誘っとるしwww

チラシかなんかには、
演劇の路地裏ヌーヴェルバーグを見せましょう。
いささかペテンな江本純子の新作、とことんフィジカルな饒舌喜劇
鈍行列車に煌めく迷惑行為の数々。
青春18きっぷで旅に出たやるせない婦人達の星降る夜に痴漢が舞い降りた!

なんて、書いてあったけど、実際は、視覚障害者(盲人)の
世界を体験する施設(お化け屋敷風?)にやってきた女4人+男1人と、
ガイドである視覚障害者(男性)1人の、会話劇。
でも、途中の字幕には「痴漢電車」とかなんとかってタイトルがでてきて、
何だろ?って感じなんですが、まぁ、そのうちわかるわ…w

ちょっと真面目にってことだったんだけど、確かに「毛皮族」に比べると
「ちょっと真面目」だったwww でも、江本色はバッチシ。
そりゃー、なんだ、女三人どころか、4人寄って、
しかも軽く喧嘩なんかしてまやぁ、姦しいにきゃーっとるがねw
(まま、その辺は、毛皮族イメージと相まっとったりする)
もうさー、「総括」とか、極めてオレのツボを突くジュンリーセンスが
繰り出されまくっとって、ドッヒャー!って感じだったw

視覚障害者に悪い人はいない、みたいな晴眼者(健常者)の幻想?を
(そんなもんあるのかどうかわからんけど、ないこたぁないだろ。)
逆手に取るようなお芝居。案外賛否分かれるのかもしれんけど、
やたらと抽象化してみたり、逃げがあったりってこともなく、
いたってシンプルに、(この芝居を目で観ることができる)人間心理の
影の部分(っていうと大袈裟だけど)を突いとったと思う。
いい意味でフザけた芝居だったけど、バカにしとるとかじゃないし。
(最後の点字によるメッセージの使い方が上手いです)

多分、観客はそれなりに流れが予測できた気がするし、
描いとることとか、台詞まくし立てたりしとるけど、色々と、
何だかんだでシンプルなんだわね。
でも、そこをしっかり2時間楽しませてくれる
江本さんの今回の脚本は上手いがんねぇ、と。
どら偉そうだけどw でもホント。カンドーした!

いいもん観ました。
毛皮族だけじゃなしに、劇団、江本純子も観なかんねw

------------------------------------------------
<芸劇が注目する才能たち、「芸劇eyes」参加作品>
劇団、江本純子 vol.3  「婦人口論」
2010年7月15日~25日 @東京芸術劇場小ホール1

作・演出:江本純子
出演:馬渕英俚可、初音映莉子、澤田育子、津村知与支、野村恵里、ノゾエ征爾
舞台監督:森下紀彦/舞台美術:大泉七奈子/照明:伊藤孝(ART CORE)/
音響:田上篤志/衣裳:中西瑞美/宣伝美術:two minute warning/
宣伝イラスト:篠崎真紀/制作助手:照井恭平、坂田厚子/制作:Little giants
協力:ホリプロ、エーチーム、オフィスPSC、モダンスイマーズ、good morning N°5、
拙者ムニエル、舞プロモーション、はえぎわ、マッシュ
助成:財団法人セゾン文化財団
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画・製作:毛皮族



[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-18 22:13 | 芝居を観てきた2010 | Comments(0)

NYLON100℃「2番目、或いは3番目」@本多劇場

c0025481_1151324.jpgなんか、「差別と偏見に挑戦します」的なことが書いてあって、意欲作なんかしらーん!って思ったのと、これまた好きなナイロン役者がこれまた好きな本多劇場で勢ぞろいだったもんで、観ちゃいました。
てか、何故かチケット取るのに苦戦…。いつもなら楽勝なのよw
んで、苦戦してチケット取ったのに、土壇場になって同行者(オオサワ君)が行けれんくなったって言い出したもんで、中高の同級生=のりぴーに救済してもらった。(ありがとね☆)
てなわけで、久々にのりぴーと再会☆
イエイ。

多分ヨーロッパのどっかの国。時代はよく分かりません。
現代のような中世のような。なにやら、どえらい災いごとがおこって、
街(というより国)は、荒廃しまくり。どこか遠くの町から来た一行は、
「自分達の街よりもかなりヒドイ」街をみつけて、何か復興の手助けを
しようとするが、街の住人は何故かみんな明るい…。
というか、むしろ、助けるはずの相手から助けられちゃったりする…。
みたいなはなし。
復興支援の一団と、住人のやりとりとか、住人の家庭内でのやりとりとか
そういうのを、なんつーか、小津映画とか別役実風に描いたような作品。
えー、小津映画っていうのは、ココから引用
別役は、観りゃすぐ思うよw
前々回の作品も、ちょっと別役作品を意識したみたいなことを
言っとらしたと思うのね。ケラさんって。
ソレは、「うわー、別役っぽい!」って感想になってまったんだけど、
今回の不条理具合は、かなりケラ流になっとったなぁ。と思います。
笑いもドッカンドッカン起きとったしねwww
あんな、どす暗い舞台装置に、あのテンションでドッカンドッカンと
笑いが起こっちゃうってアータ!って感じですが、
笑えたもんはしょうがないがね。面白いこと言っとるんだでええがね。
しかしさ、大倉孝二ってぇのは、何やっても「大倉孝二」だがんね…。
おれ、舞台上では、あのボケた演技しか観たことない気がするw
大抵トイレで寝てたって台詞があるんだわね…。
面白いでえーんだけど。(今回もゲラゲラ笑ってまったて)
あんだけ、背丈があって、結構流れを若干無視したような演技でw
しかも、意外と長い尺で出とって、違和感ゼロってすごいがんね…。
勿論、脚本もあるし、本人プロの役者なんだで、
エラソーなこと言ったら申し訳ないけどw

なんか、「小津」で「別役」らしく、不条理系なおテンションで、
日常が(笑いは別として)淡々と描かれていくんだが、そこにある、
「世の中斜めから見とるでよ!」的な視点がまた濡れるんだわw
笑っとる&とにかく淡々と長い(いつものように3時間芝居)もんで、
なんか、一瞬見失うんだけど。
今回、一番心に残ったのは、小出恵介演じるジョゼッペが
「小高い丘に登ったような感じで少し世の中の見晴らしがいいかと思って、
政府の役人に成った」
「『本当のこと』なんて何もないんじゃないか、と思う」
みたいなこと言うシーンがあって、そこがね…心に刺さった。
てか、一見、全くの具象ともいえるような内容なんだけど、
案外抽象的な要素が多くて、いろんなことに当てはまる感じなんだわ。
結構色々考えちゃうのよ。色んなシーンを思い出すたびに。
あんなにフザけとった大倉孝二のシーンだって!(爆)
なんか、そういうのって最近ちょっとあんまり感じとらんかったで、
「ほえー」って気分になりました。深いね。

-----------------------------------------------
NYLON100℃ 35th SESSION
「2番目、或いは3番目」

(東京公演)2010年6月21日~7月19日 @本多劇場

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ みのすけ 三宅弘城 峯村リエ 大倉孝二
   松永玲子 村岡希美 藤田秀世 長田奈麻 喜安浩平
   白石 遥 伊与顕二 斉木茉奈
   小出恵介 谷村美月 緒川たまき マギー
音楽:朝比奈尚行  美術:BOKETA 照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN)  
音響:水越佳-(モックサウンド)  映像:上田大樹 大鹿奈穂(&FICTION!) 
衣裳:前田文子  ヘアメイク:武井優子 
演出助手:相田剛志  舞台監督:宇佐美雅人(バックステージ) 
大道貝:櫻井敏郎(C-COM舞台装置) 唐崎修(smile stage) 小道具:池上三喜(高津映画装飾)
企画・製作:シリーウォーク キュープ

[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-17 23:07 | 芝居を観てきた2010 | Comments(0)

NODA・MAP「ザ・キャラクター」@東京芸術劇場中ホール

c0025481_22434248.jpg町の小さな書道教室、そこに立ち現われるギリシア神話の世界、それが、我々の知っている一つの物語として紡がれていく。物語全てが、ギリシア神話さながらの、変容(=メタモルフォーゼ)をモチーフとしたお話になっています。信じていたものが、姿を変え、変化を遂げていく物語。その最後に立ち現われる、我々が知っている物語とは…。(劇場HPより)

スンゴイ簡単にあらすじを言っちゃうと、町の小さな書道教室が、
ギリシャ神話にかぶれて?、段々とカルト教団化してってまう、というお話。
モチーフは、昭和生まれなら知っとるでしょ、オウムだて、もろオウム真理教。

なんか、ここ数年の傾向として、割と分かりやすい社会的なメッセージを
バーン!っと結構具体的に提示してまうという流れがあるわけですが、
まま、その流れに違いはなかったわけですが、今回はどら「野田秀樹」だった。
言葉遊びとメタモルフォーゼが怒涛のごとく盛られとった!
「儚さの中には「夢」がある」とか「人の言葉とかいて「信」」とか。
ギリシャ神話と現代がシンクロするシーンとかの、あの抽象具合とか
極めて野田っぽい感じで、「いや~ん、ノダだがん!」って満足感アリw

正直、物語の構造とか含めて、ちょっと「オイル」に通じる部分もあるかも。
でも、モチーフが今回の方が世代的にモロだもんで、多分、客は
結構重たかったと思う。「と思う」ってゆーか、重そうだったがんねw
(だからって、それが悪いわけじゃないっぽいんだけど)
いつも騒がしそうな役どころ(今回だとマドロミや、家元夫婦)が
意外と静かだったこととか、「集団」をモチーフとして描いた結果、
ヒロインが暈けた感じがした事とか、その辺りが「重さ」を助長しとったり、
「よくわかんない」とかって感想に繋がるのかもせん。
ま、「野田らしい」ってことは「よくわからん」って部分もあると思うけどw
(でも構造<言葉で攻める傾向があるでね…)
個人的には、折角なんだで、まっと往年のように、ハイテンションで
まくし立てて圧倒するような、熱量の多い芝居に仕上げてくだすったら、
なお嬉しかったですけど(テーマとの落差に濡れるんだわ、オレの場合)
野田さんの今回掲げたテーマに、元々共感する部分があったのと、
よもやあの一連の事件(モチーフ)をこんな風に提示されるとは
思っとらんかったので、2時間10分、ぐいぐいイケた。

演技に関しては、メインどころがやや静かなせいか、
チョウソンハの熱量のある演技はよかった(笑)
あんなにステキな役者さんでしたっけ…?ってくらいw (←どら失礼)
藤井隆も結構あのまんまだったしw、怪我から復帰の銀粉蝶さんも◎
てか、今回のキャスティングは全体的にどらよかったのよ~。
あと、「信」と書かれた半紙を持って、書道教室の生徒(信者)達が
街を行進するアンサンブルのシーンは鳥肌モンだった!

あと、実は、コレが一番残念だったんだけど、芸劇の中ホールはイカン…。
まず、1階席の傾斜がなだらかで、折角どらいい席だったのに、
前の人の頭が邪魔(泣) 一部、肝心なところが見えんことがあった(泣)
あと、あそこ、奥行きがあんまあれせんでしょ?だもんでさー、
ただでさえ書道教室のハナシで、筆でクチクチ書いたりって類の小さめの
動きが多いのにw、余計に美術的な深みがないわけよ…。
コクーンみたいなハコ(で観る感覚)を想定してくと、ハコに萎える。
申し訳ないけど、ハコが負けてました。ええ。完全に!
その点コクーンはよかったがんねw 来年の改修に期待しよまいか。

------------------------------------------
NODA・MAP 第15回公演 「ザ・キャラクター」

2010年6月20日~8月8日 @東京芸術劇場中ホール

作・演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ・古田新太・藤井隆・美波・池内博之・チョウソンハ・田中哲司・銀粉蝶
    野田秀樹・橋爪功
美術:堀尾 幸男  照明:小川 幾雄  選曲・効果:高都 幸男
衣装:ひびのこづえ  振付:黒田 育世  ヘアメイク:宮森 隆行

[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-17 21:27 | 芝居を観てきた2010 | Comments(2)

マッキントッシュのクリーニングのその後

梅雨、明けちゃったね。
んで、一気に夏本番!学校も上手いこと夏休みに突入しやがって、
なんかむかつくがんねwww

梅雨明け初日は、(時間の都合で)新幹線に揺られて東京へ。
スジャータのアイスクリームが柔らかくなっとった件とか、
ビールがキンキンじゃなかった件とか、ちょっと気になったけど、
超久々の新幹線deトーキョーは、やはりどらめちゃ快適。
新幹線deトーキョーは卒業したのに、また味しめそうで、イカンw
しっかし、1時間45分で東京だなんて…。
東海道線だったら、その時間、まだ浜松らへんだよ!
もう、谷川俊太郎の詩みたいなこと言ってまって!たーけ!

で、今回はしぶしぶ品川で下車しまして。(東京まで乗りたかったw)
そこから、徒歩15分くらい? もう、汗が止まらんのだて…。
梅雨時に身体に吸い込んだ湿気がヌァァァ~!っと蒸発しとるかのよう。
だってさ、なんか、生乾きっぽい臭いがしとった気がしたもんね…w
身体ってゆーか、服からってゆーか。
(友人にもしきりに「オレ、生乾きのにおいしない?」って聞きまくった)

で、品川で降りて何をしとったかって言えば、アレよ、アレ。
高輪の「カラキヤ」にマッキントッシュを取りに行ったんだが!
出したときの様子はコチラ
名古屋からやって来て「出来上がったら取りに行くんで連絡ください」って
言うお客は珍しいのか「来店されます」ってメモ書きがw
c0025481_1112215.jpgc0025481_1113291.jpgc0025481_1105717.jpg
マッキントッシュの汚れって、皮脂とかで白化してまったようなのは
落ちんらしいのですが、水で落ちるようなものは綺麗になるんだそうです。
もともと、大事に着とったでそこまで派手に汚れとったわけじゃないけど、
んでも、やっぱりちゃんとサッパリした感じの仕上がりになっとった☆
心配しとった色落ちも殆ど気にならず。よかったがー。
パリっと感も復活しとったし。
しかも、立派なハンガー+虫除けシート+不織布カバー付き。
ステキっす!流石、ちょっとお値段しただけのこたぁある(笑)

てなわけで、今年の冬もマッキントッシュのコート、着てまうでよ~。
10年持たせるのが目標です。来年も出そうかな…。

ステンカラーばっかし着とると、他のアウターにイマイチ手が出せれん…。
例えば、ソフのマウンテンパーカーとか、毎年欲しい!って思うけど、
実は一度も買ったことがないのですwww 路線が決まってまうで?


あと、余談ですけど、このあとSuicaのチャージのために立ち寄ったローソンで、
矢場とんTシャツを着た親子連れに出会って、軽くおののきました…。
あれって、東京のお店でも売っとんの?
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-17 13:14 | よくさん日記 | Comments(0)

深刻な夏グダ(夏バテではない)

せんとくん@近鉄名古屋駅
c0025481_1412488.jpg

あのーですね、最近、どーらめちゃ疲れやすくなってまったのね…。
多分、7月に入ってから、ヒドイ。
とりあえず、曜日感覚の完全崩壊から始まりまして。
(ええ、おかげさまで、出勤日を間違えるという大失態をやらかしまして…)

それでも最初は忙しかったからいいんだけど、
ここにきて、急激に仕事(自分の持分)が暇になってまったら、
どえらい気抜けしてまったのか、なんか、どらめちゃ疲れやすい。
とりあえず、体力的に1週間持つかどうかギリギリな感じなのよ。
定時で早々に帰ってきて、御飯食べたらちゃっと、ってゆーか、
バタンと寝てまう、って日が1週間に1回くらいある。
(ちなみに、今日がソレ。火曜日だよ…?)
でも、その割にはフツーに寝ようとすると寝つきが悪いんだて…。
あと、こないだ、肩凝りが尋常じゃなくなって、電車に乗っとったら
軽く気分が悪くなったくらいだったもんで、整体に行ったら、
テーピングされてまったw
肩凝りで湿布じゃにゃーて、テーピング沙汰って、おみゃーさんよ!
てか、エライもんでかしらんけど、毎日が金曜日みたいなのね…。

そんなこんなで、毎日グッタリ気味なわけですが。
でもさー、コレってもしかして、アレ?
「給料要らないから40日の夏休みください」症候群?
(※ワシだけがかかる、夏のビョーキwww)

でも、前回の「40日~病」の原因=部屋の暑さは、今年はあれせんくて、
幸いなことに、仕事場は涼しいんだわね!(感涙)
部屋の位置の都合だと思うんだけど、冷房の効きがいいんだて!
セントラルヒーティングで、部屋ごとで温度調整が出来んもんで、
みんな同条件なはずなんだけど、同じ建物でも暑い部屋もあるらしい。
でもさー、何、これで体が冷えてまっとるで。なんてこともあるんか?
(とはいえ、他の会社とかに比べたら知れとるんだけど)

あと、40日の夏休みはムリだけど、今年は仕事のスケジュール上、
結構まとめて休みを取ることになりそうだし、憂さ晴らしに精を出しとるでw
何故か毎週末飲んどるし、東京も2回行くし、奈良も静岡も行く予定だし。
それなりに、エサは用意されとるはずなんだけどね。
(今はオカネ使わせてちょ…。)

なんか、今の時点では、別にそこまで自分を取り巻く状況が悪いわけ
じゃないんだけど、まー、とにかく、ムダにおおじょうこいとるわけです。ええ。
グターっ!

真面目な話、夏バテとも違うし、ホントに何なんだろ。コレ。
…もしかして、いよいよ「仕事中毒」なの?
ほんなんヤメテー。かんてー。柄にもにゃーで。

最近の(比較的)真面目な悩み。
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-13 23:44 | よくさん日記 | Comments(0)

「おかげ庵」ヴァージン喪失日記

ちょっと前のハナシになってまうけど、「おかげ庵」に行ってきた。
茶屋ヶ坂にある、コメダの別業態店。
(って言やぁえーの?カッコイイ経済用語でいうと何なの?)。
塩釜口→古出来町への道中に、コメダ的なもんがあれせんかーって、
友達とドライブ中に言っとったら、結局ココに行き着いた。
ちなみに、出来町通沿い育ちだけど、お恥ずかしながら、初入店ww
c0025481_0412416.jpgc0025481_0404942.jpg

コメダの甘味処といいますか。和風スイーツ(←この言い方はキライw)が
楽しめます。ちなみにコメダは「珈琲処」だでね。
てか、店舗の構造は完全にコメダだがんね…。ドアがそのまんまだった。
焼いたもちとか、なんて素敵にジャパネスクなラインナップになっとりますが、
ビミョーに、本業態のコメダとも被ったメニューもあるのね。
例えば、シロノワールとか。でも、上のアイスクリームが抹茶とか選べるんだわ。
で、ワタクシの定番=シェイクも、味のラインナップが違っとった。
抹茶シェイクがあるんだがねー! てなわけで、ご注文。
味が違うもんで単純に比べるのはアレだけど、
いつも飲むコーヒーシェイクよりも味が濃厚で柔らか。
ミルク感が違いますですよ。ええ。
さすが、100円高いだけのこたぁあるがんねw
(ほーなんだて、コメダ珈琲で展開しとる商品も、ここでは値段が
違うんだて。100円高いんだてー。)

名古屋の喫茶店じゃ極めて常識の、おまけの豆もついてきます。
(ちなみに、コメダの豆は、コーヒー類を頼まないとついてこないところと、
飲み物には何でも付いてくるお店とあります。)
これ、コメダとはまた違う味付けになっとんだてー。
基本的には、あの春日井の「ハッピー豆」的なモンなんだけど。
見た目にも、衣?が少なめで、香ばしくて、薄味。

まぁ、なんてゆーのかしら、楽しかったですw
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-12 00:44 | のみくい@ナゴヤ | Comments(0)

「ビルマVJ 消された革命」@名古屋シネマテーク

c0025481_17315.jpgあのデモからまーはいそんなに年数が
経ってまったんか…って感じですが。
2007年にミャンマー(ビルマ)で起きた
反政府デモのドキュメンタリー。
実はミャンマー国内はビデオ撮影等は
禁止されとるらしく、(外国メディアであっても厳しく制限)
そこをかいくぐってVJ(ビデオジャーナリスト)達が
隠れて撮影を行い、そしてそれを海外メディアに発信している。
(ワシらがテレビで観た長井さんが殺害される映像もソレ)
あの、鮮やかなの色の法衣をみにまとった大量の僧侶が街を行進する姿は
ブラウン管通じてだけど(←当時も今も、ウチはまだアナログだでよw)覚えとる。
アウンサンスーチーさんのところまで行ったんだよね。
でも、外国人ジャーナリスト(日本人)が殺害されたニュースが放送されてから
日本のニュースでは、なんか、「日本人が殺された」ってところに
やたらと焦点が集まった気がして(あくまで個人的な印象ですが)、
その後、どうなっちゃったのかイマイチ知らんかった…。
さすがに、結果的に鎮圧されてしまったことは知っとるけど。

この映画、なんか、すっごく感想を述べにくいのよ。
感想がないわけじゃなくて、心に思ったコトをどう表現して良いのかわからん。
呆気に取られたし、感動したし、憤りを覚えたし、鳥肌も立ったし。
なんか、観るのが一番いいと思うのよ。まぁ、こんなこと言ってはなんだけどw
とりあえず、一番心に響いた台詞はVJが言う、「世界は我々に無関心だ」の一言。
それと、ここ最近の世界情勢を見てると、軍事政権が倒された後の
ビルマのことをついつい考えちゃんだわね…。
「どうなんだろ。」…って思ってしまうことが悲しい。

うー。恐ろしく取り留めのない事を断片的にタラリンチョと書いただけw

あ、一つ思ったこと。
ああゆう、ちょっとエンタメ仕上げ(進行上、一部芝居的な要素を入れる)て、
ドキュメンタリーの手法としてはアリなの?
おれ、ああゆうの観たことなくて。ムーアさんとかだって、突撃リポみたいだし、
もっとインタビューを重ねてくような感じだと思っとったのね。
勿論、堂々とカメラを回して撮影できる内容でも情勢でもないわけだし、
表現としてはアレで的確だし効果的なんだけど、素朴に疑問だっただけ。

あー、やっぱし取り留めのない感想がデレデレーって感じw

でも、コレは観るのが一番だて、やっぱし。
ほんで、自分の心に生じた感情とか考えとかを、
そのまま受け止めるのがいいような気がします。
きっと、なんか、後々の自分に繋がる気がすんのね。根拠ないけど。

ビルマVJ 消された革命 オフィシャルサイト
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-01 23:44 | 映画を観てきた。 | Comments(0)

「こまどり姉妹がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」@シネマスコーレ

c0025481_3571324.jpg
結構前から気になっとって、観損ねたーって思っとったら、
名古屋で上映されるってことだもんで、観てきた。
なんか、シネマスコーレ、ちょっとおじさんくさいにおいがしました…。
で、上映される映画が「こまどり姉妹」だで、なんか、リアルよね…w

ザ・ピーナッツが陽に対して、陰といわれた(らしい)こまどり姉妹。
実は、ずーっと前になんかのドキュメンタリー番組で観たことあるんだわ。
「こまどり姉妹」のハナシって。
だで、実は年齢の割には(笑)、彼女達の生い立ちは知っとったんだわね。
でも、そっからだいぶ経つし、なんか、気になってまったのよ。
(ちなみに、ザ・ピーナッツは愛知県出身なのだ!西稜高校中退なのだ!)

この人たちって、やっぱ生ける昭和史ですよね…。
ま、年齢的にそんな人たちはぎょーさんおるんですけどw、
(だって、高齢社会だよ!)
樺太に住んで、引き上げてきて…って、三浦綾子の世界かてw
こんだけ絶頂とどん底を味わった2人のエピソードをこの歳になって知ると、
なんか、失礼かもしれんけど、ちょっと勇気付けられる。
映画の中で、一番印象的だったのは、冒頭に出てくる
「私たち、歌手になりたくてなったわけじゃないんですよ」という一言。
彼女達は生活のために、歌い手の道を進み始めたんだわね。
なんか、このさばけ具合、ある意味でかっこいいなー、というか。
でも「カッコイイ」とは違うか…。なんてゆーか、ホントに神様から
与えられた「食扶持」とでも言やぁえーんかしらん。
でも、その「食扶持」が結局彼女達を苦しめた部分もあったんだと思うと
これまた皮肉だとも思うし。でも、「芸は身を助く」を
これ以上体現した人がおるんかしらん…とも思うし。
いろんな意味で、歌手としての人生が運命だったんだなって感じ。

ぶっちゃけたハナシ、最近、自分はやっぱり仕事で生きてくしかないんかと
思うわけですよ。余暇活動に精を入れとるようにみえると思うけどw
それ以外に、自分を形作るってゆーか、社会に対するステータス的な
(じゃないけど、なんていえばえーの?)モンを形成できん気がして。
(わからん、結婚とかできるならそーゆー道もあるんでしょうよ。)
だもんで、アラサーになってから、改めて「こまどり姉妹」の半生をみて、
「あー、自分も覚悟を決めて頑張らなきゃ」って思ったんだわね。

ま、そんなわけで、アラサーとかその辺にこそ
観てほしい映画な気がしました。

面白いよ。多分、エンディングとかリマスタリングしてあると思うし。

それにしても、スコーレ、今後のラインナップが気になりすぎる。
キャタピラーもそうだけど、他にも諸々。休暇ごとに通わんとかんかもwww

映画「こまどり姉妹がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」公式サイト
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-01 17:08 | 映画を観てきた。 | Comments(0)

W杯予選リーグ風に、この3日間。(セール戦利品もあるでよ)

この1週間、こういう、ワシと日本にとって、でらナイスな流れが
きてほしいなーって思っとったのね。

6月29日 W杯決勝T 日本勝利

6月30日 前日に代表勝利で気持ち晴れやかにボーナス支給日を迎える。

7月1日 代休もらえたで、珍しく朝からバーゲン!で、ボーナスで狙っとったアレを買う。

結果。。。

【6月29日】
残業が長引いて、キックオフの11時に、テレビの前に間に合わず。
風呂に入らず見とったけど、PKまでもつれ込んだ上、敗北…。
久し振りにスポーツの試合見て感動したけど、それとは別に、風呂は
テキトーに見切りつけて入ればよかったがんね…。
余談ですが、今回一番注目しとった選手は、長谷部先生です。
どら爽やかすぎて、すっごい視界に入るのよwww
ウチの会社というより、ウチの業界にはいないタイプ…、多分。
ちょっとでえーで、分けてくれんんかしらん、あの爽やかさ。

【6月30日】
前日、疲れをおして2時までテレビみとったけど、アリナミンのお陰で復活w
忙しいとき、寝る前のアリナミンAは必須だがんね。
しかしー、ボーナスは、去年よりは増えたけど、給与カットが続いとるもんで
予想額(希望額、とも言う)より少なかったです。。。 
ま、貰えるだけありがたいと思わなかんのですが。

【7月1日】
この日は代休だったけど、いきなり寝坊するwww 
ラシックは10時オープンだというのに、10時に起床www
遅刻してくけど、トゥモローランドでお目当ての品はゲット!やった!
これだてー。
c0025481_115468.jpg

ま、ちょっとギャルソンシャツっぽいw 
半ズボンにストール、麦藁帽子にあわせたいがんね。
ポイント還元でもらった商品券使ったで、身銭はたいたのも少なめ。
しっかし、トゥモローランド、後ろに並んどったボウズ頭のオサレお兄さんが
どえれー金額使っとらして、しょえ~って思ったwww
みんな結構頑張るもんなんだねぇ。。。
パルコで友達と合流してランチして、1日で映画1,000円だで、
その後は、観たかったドキュメンタリー映画を2本はしご。
素晴らしき代休日だがー☆

てなわけで、成績をみますと

29日→負け 30日→引き分け 1日→勝ち

って感じで、ま、なんとか、予選リーグ勝ち抜けって感じなにゃーのwww
勝ち抜いたところで何もあれせんけど…。
今後の勤労意欲につなげるってことで…。
土日はまた働かんとかんし(涙)

ところで、学校の先生が使っとる、あの赤ペンってどこで買えるかしらん…。
ちょっとしばらく、仕事で使いたいんだけど。
…ま、知人友人に教員やっとる子がぎょーさんおるんだで、
訊きゃーって感じだけどw 教員伝いに買ってもらえばえーの?
[PR]
by yokusang_09 | 2010-07-01 12:04 | ファッション | Comments(2)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(169)
(138)
(49)
(48)
(38)
(37)
(33)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)

検索

最新の記事

八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00
落ち着いて物事に向き合えない。
at 2017-08-09 00:28
第七劇場「人形の家」@三重県..
at 2017-07-16 23:56
公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33
国産ジーンズ発祥の地・児島へ..
at 2017-05-27 17:59
劇団唐組「ビンローの封印」@..
at 2017-05-20 22:15
小松台東「山笑う」@三鷹市芸..
at 2017-05-20 17:13

ブログジャンル

つぶやき
演劇