<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「小松政夫とイッセー尾形 びーめん生活スペシャル」@梅田芸術劇場シアタードラマシティ

どら久しぶりの梅田。
相変わらずの独特の人込み&不案内さに軽くイラツキを感じつつ…(笑)
だれか、ちゃんとキタを案内してくれんかなぁ…。
(とかいいつつ、結局自分でまわるんだろうけど。友達少ないし。)

今日は小松政夫とイッセー尾形の2人芝居を観てきた。
前々から気にかかっとったんだけど、上手いこと18きっぷシーズンに
かかってくれたで、行ってまったわぁ。

c0025481_0404327.jpg今回は
①55歳のボクサーとエイジェント
②カジノに来た団塊夫婦
③ロシア演劇の劇団の演出と女優
④元船長と港湾業務従事者
⑤老人警備員2人の術事対決
⑥尾形君と小松君(&かおりちゃん)の半生
↑イッセーの学ラン姿は55歳にはよー見えん若さ!

といった構成。

どれもなんか良い意味で加齢臭がする内容だったわ(笑)
役者の世代的に近いところを演じておいでになるが故のリアルさに加えて、
隣の人が若干そんなような香りがしとったもんで(笑)
後半になるにつれ、アドリブ具合に拍車がかかって、
イッセーが小松政夫にフリまくっとって、
小松政夫がグダグダになってくのがどら笑えたw(特に後半④と⑥)
一人芝居のときはイッセーさんが緊張感を持っとらっせるのが伝わってくるんだが、
相手がおると気が休まるのかしらんけど、リラックスしてやりたい放題って感じw
またそれが面白いんだけど。
だでか知らんけど、一人芝居に比べると、コント色が濃いめだったかなぁ。という印象。

ネタそのものも含むけど、芝居&人生経験豊富な役者2人の
肩の力を抜いた戯れを楽しむって感じだがぁ。(ちなみに個人的には③④がスキ)
まだまだワカゾーのワシにゃ無理ってことだがぁ。

ほんで、余談で申し訳にゃあけど、大阪のお客さんって暖かいねぇ。
東京のお客って、やっぱしなんかドーンと構えとって
「んで、何を見せてくれるわけ?」って感じのが多いんだけど、
大阪のお客はもっと素直に場を楽しむって感じ。
なんちゅうか、客のグルーヴ感が違うみたいなw
(ほんで、名古屋の簡単にスタオベしてまう暖かさとも違うがんね)
大阪でお芝居みるときって実はこれも魅力だがんねぇ。
とか内心うっすら思っとったりする。(おみゃあは主催者かって感じだけどw)

*************************

小松政夫とイッセー尾形 びーめん生活スペシャル(大阪公演)

2007年7月27日~29日 @梅田芸術劇場シアタードラマシティ

演出 :森田雄三
出演 :小松政夫・イッセー尾形
主催 :梅田芸術劇場・森田オフィス
制作 :森田オフィス・イッセー尾形・ら(株)
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-29 20:29 | 芝居を観てきた2007 | Comments(0)

ついにやっとこMP3プレーヤーを買った@秋葉原

甲府で居眠りして列車の乗り継ぎに失敗、という失態を受け(笑)、
こないだの海外旅行の浮いたお小遣いで、MP3を買うことにしてまったわー。
とゆーわけで、大月→御茶ノ水→秋葉原へ。
ちなみに、秋葉原は乗り換えでしか使ったことがあれせんくて、マトモに降りるのは初。

駅を降りたら、コスプレじゃなくて、ドクター中松の宣伝カーがお出迎え。
「超スピーカー」なるもので、自作の歌をガンガン流しとらした。
ハイエースの上には、ドクター中松人形が、自動で動いとる…。
外人さんが写真をとりっからきゃーとった。…ま、カオスだわなぁ。
c0025481_2259391.jpg
で、結局、ウォークマンのコレにした。駅近くの若干小さめの店。
性格上、i-podっていうチョイスはあんまり考えんかったです。
こういうとき、いつも2番手とか、一番のメジャーどころを外していきたいタイプだでw
あと、色はゴールドでございます。
(選択理由:何となく、一番人気が無さそうな気がしたでw)
ホントは2GBでよかったんだけど、2GB売り切れで、4GBにしてまった。
(なんか、2GBの定価+ちょこっとってとこまでまけてくれたもんで。)
ヨドバシカメラは、大きい店の中では一番安かったけど、
値引きがポイント還元だもんで、名古屋にあれせんヨドバシカメラで
いつ買い物するかなんて、わっかーせんもんだでやめといたわー。

いやはや。これで、鈍行列車移動の楽しみが増えたわー。
(いままで、ホント、風景見とる以外は、惰眠をむさぼるしかあれせんかったでねぇ。)
早速、明日の大阪ゆきでつかったろー。

*なんでもいいけど、先週末からずーっと胃の調子が悪い。(消化不良って感じ)
 夏風邪なのか、夏バテなのか、胃がんなのか、なんなのか。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-28 23:33 | 物欲との死闘 | Comments(2)

NODA・MAP「THE BEE」(ロンドンバージョン)@シアタートラム

○心なしかネタバレしとるでよ○
c0025481_22461824.jpg1ヶ月ぶりの三軒茶屋。
ほんで、1ヶ月ぶりの野田さん。
NODA・MAP番外公演「THE BEE」のロンドンバージョン(要するに英語版)だがぁ。
まぁ、元々英語で書き下ろした脚本だもんで、
こっちの方が本家なんですけど

*あらすじ等は日本バージョンの感想をみてちょお。

お話の筋も一緒だし、演出家も一緒なんだが、
言語が変わり、役者が変わるとまた雰囲気がこんなにも違うもんなのね。
(確かに、「別な感じでやってます」とは言ってたけど。)

日本バージョンのときは、言語も母国語だし、役者と劇中の登場人物の国籍が一緒だし、
野田氏が男役をやっとらしたもんだでか、どえらいダイレクトな伝わり方をしとったと
思うんだが(だから、指切断シーンがリアルに痛々しかったり。)、
ロンドンバージョンは、言語が英語で、役者の大半がイギリス人で、
しかも野田氏が女役をやって、キャサリンハンター氏が男役をやっとったもんでか、
日本バージョンのような、痛々しいまでのリアルさってのは、あんまり感じんかった。
でも、その辺がうまいこと緩和されとった分、登場人物の冷徹具合や
狂気めいた状況だとかが、より上手いこと描けとったような。

野田さんの女役はよかったよw 悪いけど、井戸役よりハマっとっらしたわw 
重要な脇役ってポジションがあそこまでハマる人もなかなかおらせんよね。

ちなみに、今回、初めての英語劇だったんだが、殆ど聞き取れーせんかったです…。
(想像しとったよりは、英語はゆっくりだったんだけど。)
日本バージョンでの予習&字幕が頼みの綱(笑)
↑まま、一応、日本語で予習しとるもんだでか、楽しめたけど☆
英語は英語の音の面白さとかがあって、客は日本人が多かったけど、笑いも起きとった。
自分は、(日本語バージョンがあった上で、になるんだが)
ロンドンバージョンの方が好みですかね。
ロンドンバージョンの方が、野田さんらしかったし、でら感覚的なんだけど、
テンポもいいし、なにより面白いもんだで。えぇ。
(そのうちWOWOWとかでやると思われるもんで、もしよかったら両方見比べてみやぁ。)


*************************************

NODA・MAP番外公演「THE BEE」(ロンドンバージョン)

(ロンドンバージョン)2007年7月12日(木)~7月29日(日) @シアタートラム

原作:筒井康隆  脚本:野田秀樹&コリン・ティーバン  
演出:野田秀樹
出演:キャサリン・ハンター、トニー・ベル、 グリン・プリチャード、野田秀樹
美術・衣装:ミリアム・ブータ  照明:リック・フィッシャー
音響:ポール・アルディッティ 制作協力:SOHO THEATRE
プロデューサー:北村明子   提携:世田谷パブリックシアター
企画・製作:NODA・MAP

野田地図HP
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-27 18:56 | 芝居を観てきた2007 | Comments(0)

連敗

c0025481_10213461.jpg

ただいま甲府です…
18きっぷで東京に向かっとるんだが、
終点に着いたのに気付かんと寝とったもんで…。
(乗り継ぎ列車はとうに出てってまった)
この前は大月で同じパターンをやらかしたし。
前まではちゃんと起きれたがんね…。
たんちん_| ̄|〇
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-27 10:21 | よそんとこ | Comments(2)

おパリ日記 3日目(7月6日)

c0025481_2303766.jpg
この日は日中は単独行動。
実は、海外で丸一日単独行動するのって初めてだがんね…。
ほんでも、そんなこと言っとれーせんがね。だって…↓

今回のパリ旅行の(個人的な)本当の目的②
=ジャパンエキスポに行ってみたい!


なんか、この時期に、フランスで日本のマンガとかアニメの祭典があるという話を
去年あたりに入手いたしまして。どらめちゃ気になっとったんだてぇ。
だって、なんかキワドイ香りがするがねw (自分が言うのもなんですが…。)

というわけで、まだ帰国しーせんのに、シャルル・ド・ゴール空港行きの列車に乗って、
会場となる「パルク・デ・ゼクスポジション」へ。(要するに、ポートメッセみたいなとこ。)
最初、どの電車に乗ればええんかよぉわからんかったけど、
漢字プリントTシャツを着た少年が乗り込んだ電車に乗ってみたら、正解だったわwww

会場は朝からすんごい人!日本のメディアも取材にきとったみたい。(写真上中)
物販のブースには、日本直輸入のマンガから、フランス語訳されたマンガ、
アニメグッズなんかが販売されとった。「おでん缶」や同人誌もあったけど。
「湘南純愛組」は、フランスでは「young GTO」ってタイトルだった。
…そりゃそうだわなw(写真上右)
写真下左:「NARUTO」のカードゲームの全仏大会もあって、優勝すると日本行けるらしい。
写真下中:今回のイベントのゲストは、元X-JAPANのYOSHIKIだったがんね。
       残念ながら出演は別の日だったらしいが。前売券で入った人はこのクジを
       引いとらした。…しかし、YOSHIKIって「佳樹」なんきゃ?
写真下右:バンダイも出店しとった。星闘士星矢のオモチャが€80…。
c0025481_2375210.jpgc0025481_2363050.jpgc0025481_2382928.jpg
c0025481_2311144.jpgc0025481_2311169.jpgc0025481_23113926.jpg
マンガやアニメ関係以外にも、日本文化を紹介するブースがあって、
何故か剣道やっとった。あとは、囲碁の大会もあったし。着物の販売もあった。
なんか、全体的に、日本人として試されとるような気がしまくりで、変な緊張感だったがーw
というわけで、会場内にあった笹に短冊をさげてみることに。(翌日は七夕だでね。)
えぇ、日本語で願い事をサラサラ~っと書いたったわー!褒められましたw
c0025481_23224310.jpgc0025481_23244352.jpgc0025481_23273185.jpg
そんで、やっぱしおりましたよ。コスプレイヤーが!!
秋葉原で日本人がやっとったらただのヲタクだけどw、フランス人だと、でら映えますな☆
c0025481_23323830.jpgc0025481_23324959.jpgc0025481_2333059.jpgc0025481_23371282.jpg
というわけで、特に買い物とかしんかったけど、ぶらぶらしとるだけでも、
どらめちゃ面白いイベントでございました。
つーか、帰国後気づいたんだが、ワシが帰った直後くらいに
水木一郎のライブがあったらしい。…フランスであの歌声を聞きたかった(笑)

その後のあしどり。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-25 00:59 | たびにでたがね。 | Comments(6)

泥江町で飲んだ。

写真は何となく載せてみた。飲むどころか、出とるけど…。
c0025481_20284199.jpg
今日は久しぶりにプライベートで飲んだ。
一応名駅だけど、正確には泥江町ってゆーか、国際センター。
(なんか、自分って名駅で飲むって言うと、9割方、江川線より東で飲んどるよな…)

実は今日は、以前からちゃんとお会いしたいなぁ。と思っとった方(♂)と、
初めて会うという、下半期始まって早々のビックイベントがあったんだわ!!
あんまり知人から信じてもらえんのだけど、自分、結構人見知りするのよ…。
つーわけで、お酒の力を借りて緊張を緩和する作戦に走ったんですけどw

c0025481_0251259.jpg←ちなみに、ここで飲んどった。
値段の割に、かなりのボリュームで。酒も旨いし。
(↑しかもちゃんと美味しい。けど食べきれん…。)
久々に、「しんちゃん」以外のお気に入りのお店を見つけたって感じだわー。

御対面の方は…。
ホントに気さくな方で、ちゃんとおハナシが続いて、よかった。(←人見知りゆえに重要)
落ち着きと可愛らしさを兼ね備えた、予想通りの素敵な人柄の方でした。
逆に、自分は途中で一部失態を晒してまったけどw
何だかんだで身構えすぎてツマラン印象を与えてまったかも…と、帰り道に反省。
(正確には、「ムダに間違った印象」かw)

そういえば、この、「人と会って反省」って最近密かに多いがんね…。

でも、こういう緊張って久しぶりだったもんで、よかった。うん。
(正月明け以来か?)
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-21 23:45 | のみくい@ナゴヤ | Comments(0)

おパリ日記 2日目(7月5日)

c0025481_2355129.jpg
2日目は、オマケの半日観光でスタート。
(写真はムーランルージュ。外観だけ拝んだ。)

・モンマルトルの丘
基本的に車窓観光ばっかしなんだけど、モンマルトルの丘は自由行動だったんだわー。
森昌子風ガイドが言うには、「ミサンガ売りが沢山いますから」とのことだったが、
確かに、ヤラセかしらん?と思うくらい、どらめちゃおったwww
(まぁ、ワタクシは他の人が絡まれとる隙をついて抜けましたけど)

モンマルトル=売れない画家 ってことしかあれせんかったでかんけど、
実は、サクレ・クール聖堂が有名(写真左)で、オマケにそのふもとの
メリーゴーランド(写真中)はアメリで出てくるところだったりしとったんだね。
…予習不足だわー。こりゃかん。
(一番右の写真は、タイトル「パリに死す」。)
c0025481_1403874.jpgc0025481_1404828.jpgc0025481_1405895.jpg
c0025481_20127.jpg
丘の上(サクレ・クール聖堂の入り口)からの眺めはでらええよぉ。
エッフェル塔の展望台と同じ高さらしーで。まぁ、ある種の金華山的ノリだわ。(ウソ)
サクレ・クール聖堂は入場無料で、現役の宗教施設として使われとるもんでかしらんけど、
個人的に、どーしても長崎の「浦上天主堂」と被る…。

丘の上まで上がってくると、ようやく売れない画家がぎょーさんおった。
ちなみにワタクシ、学生時代に、トモダチから
「君のファッションテーマって、基本的に『パリの売れない画家』って感じだよね。」
ってよく言われたんだけど(褒め言葉ね)、ほんなん、ワシみたいな服装おれせんがね。
丘の下にはミサンガ売りがわんさかおったけど、丘の上には、似顔絵描きが
わんさかおりました。なんか、あんましどえらいおるもんで、笑えてまったw
興味はあったけど、アジア人だとみんなキツネ目にされちゃうらしーでねぇ…。
c0025481_234428.jpgc0025481_2342265.jpg
c0025481_1549345.jpgこの後は、エッフェル塔で写真撮るために10分間だけ降ろしてもらえて、
ほんで終了。なんか前日に中心街はよーけまわったもんだで、収穫は半分位か・・・。
日本語でのガイドって、実際にはわかるもんでありがたいんだけど、
なんか、なーんか、群れるのがイヤだがー…。
(無料日本語ガイドとか嬉しいけど。)

午後。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-20 01:54 | たびにでたがね。 | Comments(4)

おパリ日記 1日目(7月4日)

c0025481_20325190.jpgc0025481_20325998.jpgc0025481_2033961.jpg
c0025481_20332040.jpgc0025481_20332815.jpg
*いきなり機内食スタートでごーめんねぇ。ほんでも撮らんと気が済まんのだわ!

おパリ行ってまいりました。セントレア発。キャセイ利用・香港経由で。
ただし、往路の飛行機は、台北経由の香港行きだったため、機体は同じでも
実質的に別便に近く…。お陰で名古屋→香港で2回も出て、機内食モリ食いだがー。
(機内食はマズイって人が多いみたいですけど、わたしゃ育ちが良くないもんで、
何でも美味いんだわー。ゆれても平気だしw まぁ、食べ過ぎて胃が荒れたけどw)

で、早朝6時くらいにシャルル・ド・ゴール空港着。
機内では予想に反して、わりとしっかり寝れたもんだで、朝から観光。
(でも、やっぱり髪の毛とかはグシャグシャ気味だがんね…。)

c0025481_20435470.jpgc0025481_2044998.jpgc0025481_20443264.jpg
今回一緒に行った、同業他社の友人2人が、飛行機の中で
なにやら相談しとらしたコースを、一緒に回ることに。
機内食モリ食いしたけど、通りで見つけたお店に入って、ブランチとしてキッシュを(写真左)。
食事中に、目の前をイケてるゲイカップルが2人手をつないで散歩しとって、
なんかいきなり「妄想上のパリ」をリアルに拝ませてもらえて、軽く興奮してまったよw
つーか、地球の歩き方の地図はわかりぬくいもんで、街歩きにはちょっとアレだわ…。
(どこ歩いとるのかわからんくて、地理屋&B型としてはだんだんとイラついてきて…w)

そうこうしとる間に、オペラ座界隈(写真右)まで到着。
エティエンヌ・マルセル通りとかその辺から歩いてきたはずだで、結構歩いたんかしらん…。
観光案内所で「カルトミュゼ」を購入。(美術館等の共通入場券。2日間通し利用で€30。)
これ、絶対買ったほうがええね。だって、どこでもたぁけみたいに並んどんのよ。
観光施設って。入場券買うのに。だけど、これがありゃ、さっさか入れるでねぇ。ええよぉ。

c0025481_051389.jpg
そ、そ、そんでここで、ついに、念願のカフェ休憩だがー!(しかも@オペラガルニエ前。写真の左側。)

今回のパリ旅行の(個人的な)本当の目的①
=オープンカフェで細長い煙草吸いながら、カプチーノ啜って(出来ればヒゲ作成)、
 中原中也の詩集読んで、オサレにメランコリックに曇り空を見上げるwww

残念なことに、快晴&詩集じゃなくて指差し会話帳(仏語編)だったでかんけど、
初日の昼にしていきなり長年の夢実現だがー☆(以下、その様子)
c0025481_21205031.jpgc0025481_21215944.jpgc0025481_21231771.jpg
(ホントは、まっと年賀状採用級の写真があるけど、顔アップだでやめとく。)
実は2007年冬から施行された法律で、公共の場所での喫煙が禁止されたんだが、
レストランやカフェはまだ移行期間中でOKだもんで、こーゆーのもこの夏が最後なんだわぁ。
あー、禁止前にやっとけてよかったわぁ。ぐふふ~。今まで生きてきて良かったがぁ。
(それにしても、フランスってホントに喫煙大国だがんね。どこでも吸っとる。)

More
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-16 21:16 | たびにでたがね。 | Comments(8)

劇団♪♪ダンダンブエノ「砂利」@愛知厚生年金会館

なんだかんだで、半月ぶりの観劇。しかも、台風にめげず。
途中、パリとかあったもんで、なんかどら間があるような気がしたけど…。

c0025481_23554440.jpg【あらすじ】(Confettiより)
人の心を踏むような砂利の音。
音を消そうと舞い落ちる雪。
その雪にすら怯えつつ、
人々は四六時中ある人物がやってこないか
庭に耳をすましている。
これは雪国のある日本屋敷で起きた本末転倒な人達のお話。


*まーちょっと補足しますと、主人公(板東)は、幼い頃にいじめた女子からの復讐が
 くるんじゃないかと、毎日怯え、足音がわかるように家の周りに砂利をまく。
 ある日、主人公の内縁の妻(田中)の姉(片桐)が、主人公の家を訪れるのだが、
 いじめられていたのは私だと言い出す。しかも、当時の記憶は殆ど忘れてしまったとも。
 ようやく復讐に怯えることなく安らかな日々を過ごせるようになったのだが、主人公は
 なぜかあまり感動していない様子。主人公は心が「からっぽ」だった…。

みたいな。(いや、ホントはまっと面白い感じなのよw ワシが言うとでらヘボそうだでかんけど。)


ワシにとっては、初めての本谷有希子作品だったんだけど、
なんか、なんとなーく、「らしい」感じが出とったような気がする。
どうやら「虚無」がテーマみたいです。なるほど。

ぶっちゃけ、3分の1くらいまでは、なんかノリきらんくて、
面白い事をそれなりにやっとるんだろうけど、正直ツマンナイ。
まぁ、板東三津五郎ファンにしてみりゃええのかもせんけど。
(そう!今回はやたらと板東三津五郎ファンが多かったんだて!!心なしか御園座化!)
なんだったんでしょ。あの、妙なかったるさは。
舞台上の人物らが疲弊して、先の見えない感じがビシビシ伝わってきとると
解釈すればええんか?(…それとは違ったと思うんだけど。)

しかし、片桐はいりが登場してから、空気がガラリと変わってまった。
つーか、片桐はいり、面白すぎ!!!!
このお芝居、はいりがおらんかったら、ちょっとダメだったかもせーん!!ってくらいw
というわけで、片桐はいりに関する記憶が、この芝居の感想の
8割位を占めてまっとるんだがw、それくらいよかった(笑)

でも、この片桐はいり独り勝ちみたいな状態を、芝居を壊さずに造り出せれとるってのは、
やっぱ周りの役者陣の実力なんでしょうな。みんないい味だしとらした。
近藤サンとか、酒井さんとか、板東三津五郎とか。(酒井さんはなんか可愛らしかったw)
んで、片桐はいり登場と同じくらいのタイミングで、お話もグググっと面白くなってくるし。
(その「虚無」ってゆうテーマへと近づいてくんだがね。)

てなわけで。
最初のツマラナイ感じからは一変、最後はどら食いついてまった作品でございました。

そーいえば、本谷有希子といえば、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が上映中だがね。
観たほうがええんかしらん。



***********************

劇団♪♪ダンダンブエノ双六公演 「砂利」 (名古屋公演)
2007年7月14日@愛知厚生年金会館

作:本谷有希子
演出:倉持 裕
出演:坂東三津五郎・田中美里・片桐はいり・酒井敏也・山西惇・近藤芳正
音楽:ハンバートハンバート  美術:松岡泉
照明:清水利恭(日高舞台照明)  音響:高塩顕 衣裳:今村あずさ
演出助手:山田美紀  舞台監督:村岡晋  宣伝美術:タカハシデザイン室
宣伝:吉田由紀子  制作:藤野和美  制作助手:宮田さゆり
票券・web:荘司雅子

劇団HP(写真は、劇団HPより拝借させていただきました。)

[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-14 23:50 | 芝居を観てきた2007 | Comments(0)

大相撲名古屋場所で同級生力士を応援する。

c0025481_125186.jpg

台風接近にもめげず、愛知県体育館へ。
目的は、大相撲名古屋場所だがー。
実は名古屋在住時代の中学校の同級生が相撲取りになっとらっせるんだわ。
四股名は暁司でござーます。
長らく休場しとったけど、地元名古屋で復帰とゆーことで、幼馴染が音頭をとって見物。
11時くらいに取り組みかとおもっとったんだけど、長らく休場しとったもんで、
結構番付を下げてまって、朝8時45分くらいの取り組みに。
ちょwwwそれ、仕事行くのと完璧おんなじ時間だがねw(いつもと出口は違うけど。)

14日は台風接近で朝からじゃじゃ降りなのに、当日券販売窓口は結構並んどんの。
ワシらの順番の頃には、椅子席は一番安い自由席しか残っとらんかった。
c0025481_131180.jpg

とゆーわけで、暁司の取り組みなんだが。
一緒におったオトコ共が、あの時間帯には、でら似つかわしくない勢いで
応援するもんだで、一緒におって恥ずかしかった…w
(具体的に言うと、朝の9時くらいなのに、まーはい17時50分くらいの勢い。)
結果的に、勝ったでよかったけど☆
これで勝ち越し決定だそーで。よかったよかった。
(しっかし、あんだけ派手に応援して、負けとったらどんだけ気まずかったか…。
野球部じゃないんだで、大声で「ドンマイ」とか言えれーせんしw)

その後、久しぶりにご対面。ちゃんと覚えてもらっとって嬉しかったわぁ。
ついでに、お腹とかオッパイを触らせてもらいますたwww
残りの取り組みも、この勢いでがんばりゃーよぉ!暁司!!

*てゆーか、名古屋場所行ったの10年ぶりだったんだけど、
 相撲って、生で見るとTVより断然面白いがー。改めて実感。
 しかも、一番安い席なら2800円で一日見放題だでよぉ。(途中入退場可)
 今年はまームリだけど、来年とかフラリと行ってみよかしらん。
[PR]
by yokusang_09 | 2007-07-14 23:06 | おでかけ@ナゴヤ | Comments(2)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇