カテゴリ:たびにでたがね。( 84 )

国産ジーンズ発祥の地・児島へ遊びに行ってみる。

かなり久しぶりに岡山に行ってきました。
エクスプレス予約のポイントで、往路はグリーン車。
人生初の新幹線グリーン車!超快適!このまま博多まで行きたい欲が出てまうw
で、メインの用事は、夜の観劇だったのですが、昼間はフリーだったので
少し足を延ばして、児島まで。(マリンライナーで20分ちょっとの距離です)

c0025481_09594970.jpg

岡山県といえば、学生服に代表される繊維産業が盛んな地域ですが、
児島は、ジーンズ生産が盛んな地域なのです。国産ジーンズ発祥の地と言われています。
まぁ、最近ちょっとジーンズ欲しいかも、と思っていたこともありまして。
ジーンズストリートを散歩してまいりました。
写真は、横断幕のように商店街に掲げれらた各店舗のジーンズ。
(児島ジーンズストリート http://jeans-street.com/
言ってしまえば、地方の寂れた商店街の空き店舗にボコボコと
ジーンズ専門店が軒を連ねるエリアでして。
自分が言った5月のGW明けの時期はかなり閑散としているらしいのですが、
GWとか混む時期は凄いらしい…。(つまり緩急が激しいらしいです)

地元のメーカーがお店を出しているので、店頭にはハギレが安く売られていたりして、
ちょっと問屋街みたいな雰囲気もあって面白かったぁ。岐阜を思い出すw
ビッグジョンの店舗では、縫製ミシンや、洗いをかけるためのマシンの
展示もあってちょっとした社会見学気分も。ファッションと社会科、たのしい。
あとは、元々が児島の中心市街地の商店街なので、新しく作られすぎてない、
街の存在がベースにあるのも、個人的には良かったです。
あとは、店員さんがみんな商品に詳しいし、何より洋服好きが
ビシビシ伝わってくるので、ジーンズに限定せずとも服好きとしては楽しい。

c0025481_09594934.jpg


自分は結局のところ、ジーンズに関しては自己との対話が少なすぎた結果、
欲しいものが定まらず、キャンバスシューズを買いました。
PRASという、児島の帆布を使用した、久留米製のスニーカー。
でも、ブランド的には岡山発みたいです。
実際に履いてみると、靴そのものに色んな表情があって楽しい。
長く愛用したい一品。

c0025481_09595084.jpg

児島は海が近いのもいいな、と思っております。
児島駅を降りて町と反対側の出口に出ると、すぐに港がありまして。
そこから瀬戸内海をぼーっと眺めるのもいいんです。すぐに島が見えるし。
まぁ、ぶっちゃけこれが一番やり勝ったことなのかもしれないがw
瀬戸内の空気は、名古屋と違ってカラッとしているので、
多少気温が高くても気持ちいい。
結局、しばらくぼーーーーーっとして考え事したりしてました。
(今年の夏のファッション、とかw)

あぁ、もっと頭空っぽにして、瀬戸内海を愛でながら、ぼーっとしていたい…。
今年の夏も海水浴いこー。(たぶん、行き先は茨城県だけど)
[PR]
by yokusang_09 | 2017-05-27 17:59 | たびにでたがね。 | Comments(0)

夏の茨城旅2016

c0025481_02193162.jpeg


7月の三連休は、名古屋に帰ってきてからは、割と夏休みらしく過ごしている。
とはいえ、決まって関東地方(主に東京)にいるのだが(笑)

今年は少し久しぶりに茨城県へ。
ちゃんと遊びに行ったのは、以前、筑波山に行った以来なので、
1年半ちょっと、ってところでしょうか。

土浦駅で、友人にクルマで拾ってもらったあと、今回は海の方向へ。
とはいえ、常磐線って水戸以南は内陸部を通っているので、
結構距離があるんですね…。
道中は、関東平野らしく開けた土地が広がっていて、そして一面の田畑。
あと、霞ヶ浦を通過したりしてね。
それにしても、茨城県、何度か来ているけど、
これ、思っていたよりもずっと田舎だな…(笑)

クルマを1時間ほど走らせてたどり着いたのは、鉾田の海岸。
(茨城県内では有名な海水浴スポットがあるところです)
てなわけで、なんと、記憶が正しければ、18年ぶりの海水浴でした。
海岸の砂は黒くて、やっぱ関東っぽいなぁ、なんて思いつつも、
海水も砂浜もすごくきれいで、かなりテンションがあがる。
浜辺で寝転んで、ちょっと海に入って(気持ちよかった!)、
まただらっと寝転んで、そうしたら霧が出てきたのでおしまい。
いやーーーーーー、超楽しかった。一日いられるw
寝転んで、散歩して、また寝転んでってのがこんなに楽しいとはw

でも、霧が出ては怖いので(笑)、海岸を後にし、汗を流しに
温泉に行く途中で、今度は茨城県で3番目に大きな湖である涸沼へ。
お恥ずかしながら、私、詳しく知らんかったんですけど、
「ひぬま」なんですね。「こぬま」じゃなくて。
ここも、湖を眺めながらダラーっとするにはいいところです。
といいますか、茨城って外海で、しかも東京よりも北でしょ。
名古屋よりも全然涼しいんですよ…。だからどこでも快適w

そのあとお目当ての温泉に行って、石岡駅前で一杯ひっかけて、
さいごは「ときわ」に乗って東京まで戻りました。
そういえば、フレッシュひたちじゃないんだな…。
(上野駅の特急専用改札がなくなっていたのもちょっとショックだった)

お土産は、鉾田の産直所で買ったお野菜とメロンサイダーと、
一番搾りの取手づくり(6本セット@ヨークベニマル)。
まぁ、ちょっと前までは電車で4駅も行けば取手だったんですから、
こんなもんでしょw

あぁ、またぶらり、茨城県行きたいなぁ。
遊びに行くにはいいところだけどなぁ、茨城県。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-07-20 22:18 | たびにでたがね。 | Comments(0)

早春の熱海へ

去年の今頃は、友人達と箱根に行っていたのですが、今年は同じ仲間で熱海へ。
私は休んで東京で遊んでましたけど、夜まで芝居観ていたので、観劇後は品川から新幹線に乗って熱海まで。熱海って、乗り換えで降りたことはあってもちゃんと改札くぐったことなかったよ・・・。

結構遅い時間から旅館に行って、温泉入って酒盛りしながらUNOしたり。これが楽しいんです。熱海のお湯は、塩分が含まれているので温まりやすいとのことだったのですが、確かに、よく温まる。でも、そんなに塩っぽさがないし、ぬるめだからじっくり使っていても苦じゃなくて、大変よいお湯でした。さすが、徳川家が贔屓にしていただけのことはあります。
c0025481_23115853.jpg
c0025481_23122594.jpg


翌朝、旅館を出た後は、駅前の足湯で温まりながら、後からやってくる友人親子を待ち、その後はバスで来宮の熱海梅園へ。
なんか、偕楽園に行ってから、桜もいいけど梅見に行きたい体質になっちゃったんですよね。なんだソレって感じですけど。年とったんでしょうか。
c0025481_2365216.jpg

c0025481_2371898.jpg

c0025481_2372292.jpg
この日は暖かかったこともあってか、結構咲いておりました。
ちなみにこの梅園も、実は結構歴史のあるところなんですよね。
知らんかった。都市公園で酒盛りしながら桜を愛でるのとは違う、のんびりした感じが好きなんだなぁ。というわけで、少し早い春を堪能。

その後はテクテクと坂道を下り、来宮駅→熱海の中心部へ。
c0025481_23134064.jpg
c0025481_23134616.jpg
c0025481_23134935.jpg
c0025481_2322876.jpg

シブい。むちゃくちゃシブい。熱海の中心部って、温泉街っぽさがあるような、ないようなという感じなのだが(でも、やっぱり隠しきれない温泉街感はビシビシ感じる)、とりあえずシブい。

熱海銀座で空店舗を利用したゲストハウス&カフェで、「ARMY」じゃなくて「ATMY」とプリントされたTシャツやら干物やら買ったり、谷崎潤一郎の愛した「モカロール」を買って、雨宿りしながら食べたり、ついつい大人っぷりを発揮。なんか、爆買いとか揶揄されましたけど、別にそんなに散財してないから!(怒)
多くの文化人に愛された熱海という街は、何気ないものにちょっとしたエピソードがあったりして、そこが面白かった。まぁ、特にモカロールなんですけど。
c0025481_23135360.jpg

c0025481_2314291.jpg


サンビーチ見えるジョナサンで、またしても雨宿りのためお茶したあとは、金色夜叉の銅像のところまで行って記念撮影。房総半島から持ってきた砂とのことですが、まぁ、熱海の風景の一角をなしていることにはあまり異論はないのでは。ちょっと温まりにきちゃったぜ、という感じはするよね。確かに。
c0025481_23172057.jpg
c0025481_23172513.jpg


最後は駅前の商店街まで戻って、温泉饅頭やら買って、解散。(駅前の商店街は、これまたなんか温泉街的情緒がある。)

結果的に、箱根のように遊びに行ったというよりも、散策しにきたくらいのノリになってしまったのだが、結構いっぱい歩いたし、写真撮りながらブラブラしたりして、楽しかった。でも熱海って、どうやって過ごすのが正解、というかスタンダードなのかしらね。やっぱホテルでのんびりなのかなぁ。

今度はもっと天気のいい時期に行きたいかもね。冬でいいんだけど。あと、駅のキヨスクでみかん買っときゃよかったw
c0025481_23231139.jpg

誰が書いたのだろう…。久々に砂浜に文字書いて遊びたくなった。
[PR]
by yokusang_09 | 2016-02-13 22:57 | たびにでたがね。 | Comments(0)

東京から遊びに来た友人とお伊勢参りに行ってきた。

ついに、東京の友人が名古屋の我が家に泊まりで遊びに来た!

ということで、友人の希望で、名古屋から足を延ばして伊勢神宮に行ってまいりました。名古屋じゃないがね!というツッコミは禁止です…。名古屋から余裕を持って遊びに行くというのが重要なのです。東海地方出身の俺は何度も行ったことあるけど、東北出身の友人にとっては初めてのことなのです。これが、一生に一度のお伊勢参りになるかもしれないんだから、ちょっと気合い入るがんねw
c0025481_23205388.jpg

というわけで、近鉄の伊勢志摩ライナーに乗って、一路伊勢市駅へ。
伊勢志摩ライナーって、休日のロマンスカーみたいな感じなんですね。おじさま達が、朝からがんがん酒盛りしてるし、若者はUNOやってるし、みんな箱根行く時とやってること一緒・・・。(2015年2月の記事を参照)自分は飲酒せずに朝ご飯のクルミパンを食べておりましたが。 通常の特急列車とは違って、途中駅にあまり停車しないので、より観光目的の人たちが多いのでしょう。自分も飲めば良かったなとちょっとだけ後悔(笑)
ちなみに、今回は「伊勢神宮参拝きっぷ」というフリー切符で伊勢まで行きました。往復特急+内宮までバス往復すれば元がとれますので、名古屋から日帰りでも使えます。名古屋から伊勢までなら急行やJRの快速(青空フリーパス)でも支障ないですけど、今回は東京の友人が近鉄初めてということだったので、ちょっと奮発(笑)

c0025481_23222076.jpg
伊勢市駅に到着したあとは、国鉄時代の塗装がされたJR車両にキャイキャイしつつ、徒歩で外宮へ。実は外宮、初めてなんです。駅近なのに内宮に比べると観光地としてはマイナーなイメージのある外宮ですが、最近は表参道のところにも綺麗なお店ができたりしているんですね。昔ながらのお土産屋にも盛り上がりつつ、歩いていると、10分ほど(だった気がする)で到着。比較的マイナーと言えども、大勢の参拝客。この日はどうやら、団体での初詣が多い時期だったようです。とにかくビシッとした団体様が多かった。(我が社の社長も行っていたらしい)
正式名称は「豊受大神宮」といい、衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神なんだとか。内宮に比べるとコンパクトですが、それでもなんかすごい・・・。現在の業務上、商売繁盛の神様はちょっと遠慮しているんですけど、あらゆる産業の守り神ならいいのか・・・。私の衣食住をオシャレに充実させてくださらないかしら・・・。そうじゃないか・・・。
c0025481_23222461.jpg
友人が御朱印集めをしていたので、一緒に列に並んで、もらうところを見届けたりして、あー、神社きた!って感じ。それにしてもやはり伊勢神宮。他の神社に比べてとてもシンプル。なんか、格式の違いを感じる。(意味不明だと思いますので、詳しい方は無視してください)
参拝を終えた後、お昼で小腹が空いたので、外宮の前で少しだけおやつを食べて、外宮前のバス停から内宮直通の臨時バスに乗り込みます。こういうの、初詣の時期じゃなくても出てるんだな。(実は公共交通機関で伊勢神宮に行くのはこれが2回目だもんですから)

c0025481_23261753.jpg

バスに20分ほど揺られて、到着いたしましたは、伊勢神宮の内宮。日本人の総氏神ですよ。
いや、知ってましたけど、初めて来る人と一緒にやってきて、ありがたがってる様子を見ると、改めて実感するというか。学生の頃は23号線飛ばして勢いでドライブで行ったこともあったのですが、その頃に比べると観光客も多いし、サミット近いし、ホイホイと来てみたけど、すげーところなんだぁ、とこれまた改めて実感。
c0025481_232625100.jpg
c0025481_23263599.jpg

c0025481_23263039.jpg

個人的に大好きなスポットの五十鈴川の手洗い場でちょっとワイワイしたあと、御正殿へ。そうか、前に来たときはまだ式年遷宮前だったから、今回は突き当たりまでいかないんだなぁ、と時の経過を感じてみたり。
最近、お寺や神社で手を合わせているときに思うことは、自分がいかに得体の知れない焦りの中で生きているか、ということだったりします。準備しないで手を合わせても、頭の中が全く整理ついていなくて、お願い事どころじゃない状態なんですよね。三が日に初詣に行かなかったので、今回の参拝はほんの短い時間ではあるのですが、自分の呼吸を整える今年初めてのタイミングとなりました。あぁ、もっと心穏やかに過ごしたい。

c0025481_2335235.jpg

参拝後はお待ちかねの伊勢名物もぐもぐタイム。実はかなり楽しみにしておりました。完全に花より団子(笑)おはらい町、10年前に比べると、てこね寿司と伊勢うどんの店が目立つようになった気がするのですが、気のせいなのかしら・・・。前は棒天の出店の方が目立ってたような(笑)
余談ですけど、内宮の入り口すぐのところは「おはらい町」で、赤福本店付近から入り込むところが「おかげ横町」なんですね。俺、ついつい全部まとめて「おかげ横町」って言っちゃうんですよね。(そう思ってる人多いと思うんだけど・・・)
c0025481_23351068.jpg

というわけで、早速、おはらい町のてこね寿司と伊勢うどんを食べさせてくれるお店に入り、遅めのランチ。てこね寿司、実は初めてだったのですが、これは旨い。ハマるわ・・・。伊勢うどんも相変わらず旨い。熱燗がほしくなるが、とりあえず理由はないけど我慢。
その後、温かいワンカップを販売している店を見つけるも、うっかりスルーしてしまい、シラフで、たこ天を。すぐ酒を飲みたがるようになったのは、オッサンになった証であろう。10数年前よりは小銭あるしなw

c0025481_23424893.jpg

c0025481_23352379.jpg

その後、ゆるゆると赤福本店へ。個人的には絶対にはずせないところです。赤福ぜんざいも気になりましたが、どちらかというと本店の空間に入りたくて、普通に赤福を。あの畳の間で食べるのが良いのです。
この日、みぞれが舞うくらい寒かった伊勢ですが、温かいお茶で体を温め、3時のおやつで赤福。(その前にもさんざん食べているのだが。)

いつもならここからおかげ横町になだれ込むのですが、今回はそのままおはらい町の通りをまっすぐ進んで、猿田彦神社まで足を延ばしてみました。
c0025481_2343238.jpg

猿田彦神社、全国にあるけれど、実は総本山は鈴鹿ということになっているとか何とか。論争はあるらしいですけど。いずれにしても、こちらも由緒ある神社。土地開発に御利益だそうで、今の私にはこれまた重要。もう、今年度の残りも瀕死ですけど、来年度もツラい気がしているので、本当に、神様、お願いします・・・。
もちろん友人はこちらでも御朱印をもらっておりましたが、ここ、同じ敷地内にもう一つ神社があって(佐瑠女神社)、こちらの御朱印もあるみたいんですよね。社務所は一つなので、希望を伝えないと猿田彦神社しかもらえないんですかね。よくわからん・・・。
こちらの神社もパワースポットで有名らしいのですが、内宮外宮に比べると(当たり前だけど)参拝客は少な目で静かだし、ここまで足を延ばしてみたというのが、また旅の楽しさに厚みを与えてくれる感じがして、よかったです。

c0025481_23444546.jpg

最後は、おかげ横町に戻り、てこね寿司の素を買って、牛捨のコロッケを食べて、帰りの特急で食べるようにめはり寿司を買って、今度は臨時バスで五十鈴川駅へ。
本当はこの駅が内宮からは一番近いんですよね。バスの本数が少ないので、利便性で言えば伊勢市駅や宇治山田駅になってしまうのですが。ここからフリーきっぷをフル活用すべく、1区間だけ特急列車に乗り(笑)、鳥羽まで。(気づいたのだが、日帰りだったとしても、このあたりは特急の方が本数多いくらいなので、フリー区間用特急券は結構使える)
寒いし疲れたし、旅館の日帰り入浴に寄ってしまおう、という魂胆です。駅から徒歩3分ほどのところに、戸田家というホテルがありまして。こちらが1500円でタオルレンタル付きで利用できます。無料の個室風呂もあったりして、とても良かったです。海のすぐそばではあるのですが、塩っぽくなく、とてもいいお湯でございました。満足。
c0025481_23483837.jpg

帰りは、伊勢のクラフトビールをひっかけながら、めはり寿司食べて(あとで思い出したが、めはりすしは、本当は新宮とか熊野の名物です)知らない間に寝てしまい、気付いたら名古屋でした。

あぁ。満足。去年の箱根に似た満足感。名古屋に帰ったら、もう少し近場を大事にしたいなと思っていたのだが、その1つが伊勢だったので、そういう意味でも大変満足。ましてや、東京の友人と一緒に行けたし。
今度は(小学校ぶりに)泊まりで遊びに行ってもいいかもしれないなぁ。今年はそういうゆっくりした時間を作っていきたい。
c0025481_23431797.jpg

これは赤太郎…じゃないのか?
[PR]
by yokusang_09 | 2016-01-23 23:34 | たびにでたがね。 | Comments(0)

新潟の思い出

c0025481_18193874.jpg

劇団のツアー公演に同行する形で、初めて新潟に行きました。
本当は高速バスで行くつもりだったのに、仕事の都合で急遽キャンセルする羽目になり、朝から新幹線で。
てなわけで、かなり今更ながら、2階建て新幹線MAXときを初体験。上越新幹線も初体験。
まぁ、基本的には芝居の本番で行っていたのですが、駅から劇場までの道すがら、少し街をぶらぶらしたり、本番後は新潟在住の友人宅を訪ねたりと、なんか、それなりに楽しんでしまいました(笑)
最後、駅前の居酒屋で地酒を飲み過ぎたのが反省点ですかね…。

[PR]
by yokusang_09 | 2015-10-12 18:13 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ロマンスカーで行く箱根の旅(2日目)

c0025481_126913.jpg

二日目。
まずは、起き抜けに温泉にはいってスッキリ!
こちら、強羅のお湯と大涌谷のお湯の両方が楽しめるという、なんともオイシイところでしたので、そりゃ当然の如く、両方ともじゃんじゃん入るw
てか、日頃の疲れがすさまじく、温泉入ってると「うぃ~」とかため息しかでないのね…。オッサンになったもんだわ。

前日の晴天はどこへやら。この日は朝からザーザー降り。
ちょっと迷ったところもあったけど、フリーパスで乗れるバスに乗り、箱根彫刻の森に向かいました。ここ、40年近い歴史があるんですね。知らんかった…。「なぜ箱根で彫刻なんだ!」とか思ってましたけど、案外しっかりと野外美術館していて、雨降りではあったものの、しっかり楽しんでしまいました。途中、ピカソ館で寝たけどw
c0025481_1384982.jpg
c0025481_139332.jpg
c0025481_1391641.jpg
c0025481_1392226.jpg
c0025481_1412137.jpg
c0025481_1411975.jpg

ここは初夏くらいの頃にもう一度来たいな。でも、究極としては、天気さえ良ければ何でもいいんだけど。
でも、やっぱ観光地にありがちなオルゴール美術館的なものはなんか、やっぱしあんまり好かねーな・・・。彫刻の森は認めるけどw (エラそうで申し訳ない)

さらに、その後、またしてもフリーパスで乗れるバスに乗り、小涌園へ。ええ、ちょっと前にヤクルト風呂のポスターを見かけて、戦慄をを覚えたあの小涌園です(笑) なんか、マスコットがいっぱいおりました。
c0025481_1452289.jpg

でも、ユネッサンじゃなくて、今回は温泉に集中。箱根フリーパスを見せると、結構安くなるので、そこも◎。ユネッサンは芋洗い状態でしたけど、温泉の方はわりとゆったり。春の雨に打たれながらの露天風呂もなかなかオツなもんでした。ちょっとやっぱり春節だから、ちょっとなれてない外国人のマナーは気になっちゃいましたけどね・・・。あー、オッサンだわ、ホント残念なほどに。

ここでも日頃の疲れがにじみ出まくり、お湯が気持ちよすぎて寝そうになったけど、待ち合わせの時間があったため、しぶしぶ出て、敷地内にある登録文化財のお店へ。箱根のお野菜の天丼と、またしても箱根の地酒をちょいと。我ながら、完全にオッサンだわ・・・。
c0025481_1465646.jpg
c0025481_1465195.jpg

まぁ、腹ごしらえもしちゃったら、あとはゆっくり登山鉄道で山を下り、箱根湯本へ。てか、登山鉄道、すっごい混んでたし、窓ガラス曇りまくりで外の景色みえないし、疲れて半分以上寝てたし、なかなかアレでしたわ…(笑)

でも、帰りの登山電車で寝たおかげで、箱根湯本駅前では割と元気におみやげを買い漁っちゃうw
箱根は、エヴァンゲリヲンに出てくる第三新東京市の舞台ですので、地味にゴリゴリ、エヴァ推してくるんですよね…。買いましたけどね、お土産。(「二子山」というお菓子は、食べごたえもあるし、お土産として普通に良いです。)
c0025481_1472140.jpg
c0025481_1473285.jpg

それと、このお菓子を焼く機械がむちゃくちゃ面白かった。1コ70円だし、見てると欲しくなっちゃって、出来たてを購入。アツアツでウマウマ。
c0025481_147133.jpg


そんなこんなで、予定よりちょっと遅くなってしまったのですが、ちょうど良いタイミングだったので、帰りは「メトロはこね」で、北千住まで一本でやってきて、あとは常磐線で柏まで。
いやー、普段乗ってる地下鉄の駅を、ロマンスカーで通り抜けるって、これなかなか体験できることじゃないですよね(笑)
c0025481_147259.jpg


ってことで、なんか概ね、やりたいと思っていたことはやれたのではなかろうか、という箱根の旅でした。やっぱ、箱根はロマンスカーがいいよ(笑) うんうん。
[PR]
by yokusang_09 | 2015-03-01 23:23 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ロマンスカーで行く箱根の旅(1日目)

ずっと憧れだった、ロマンスカーで行く箱根の旅に、気の知れた仲間で出かけてきました。
実は箱根は、小学生の頃の家族旅行ぶり。ただ、その時は車だったんですよね。
ほんでも、やっぱ、東京方面からだったら、箱根はロマンスカーで行ってみたいじゃん。ちょっと優雅にさ。

ってことで、ネットでLSEで運行されるスーパーはこねを予約。(本当はVSEがよかったけど、あんまり本数ないのね・・・)当日は新宿駅でビールとおつまみと軽食を買い込んで、いざ箱根へ!
いやー、どらめちゃロマンスカーだがや、なぁw
c0025481_0393728.jpg

やはり小田急の広告のイメージがあったので、ロマンスカーってもっと落ち着いた雰囲気なのかと思っていたんですよね。しかし、実際には、車両の古さも影響しているのかもしれませんが、完全に職場の慰安旅行に向かう観光バスのノリでしたw
まー、オッサンたちが、座席をうろちょろしながら、紙コップにお酒ついでまわってたりして、元気いっぱい(笑)車内販売も尋常じゃなく進まないし!(みんな呼び止めるから)でも、確かに箱根特急に乗ってる人、全員箱根に行く人だし、かなりの高割合で観光目的の利用だと思えば、やむを得ない事象なのかな、というか、むしろこのグルーヴ感が愛おしくなってきたりw だって、ツアーでもないのに、それぞれの都合で勝手に電車に乗りあわせた人たちが全員同じ目的って、すごいよ・・・。
c0025481_0441355.jpg

ロマンスカーについてばかり書いてしまいましたが(でも、これはしょうがない)、今回の箱根は、いわゆるゴールデンルートを逆回りするというもの。もう、あれやこれやと観光する体力・気力なんて、2月になってからバカみたいに仕事している私らにゃないのである。ロマンスカーで箱根に行って、ゆっくり温泉に浸かりたい!それが最大の目的なのだ!

ということで、まずは箱根湯本で、お昼におそばとお酒をひっかけたあと、バスで元箱根(芦ノ湖)へ。
道中、ほとんど寝ちゃうw 到着後、あんまりゆっくりしている暇もなく、海賊船が出航するためバタバタと乗り込む。これを逃すと1時間後だったんだけど、今にして思えば、その隙に箱根神社でも行けばよかった気もする…。
c0025481_0444053.jpg
c0025481_0445019.jpg
春節の時期だから、中国からのお客さんがむちゃくちゃ多い。さらに、欧米系の人も多い。日本人の方が少なくないか・・・。
この日はよく晴れていたので、富士山もきれいだったし、外の風はさすがに冷たかったけど、気持ちよかったです。

桃源台についたあとは、これまたイソイソとロープウェイに乗車。ツアー客の流れに揉まれすぎだったのだろうか・・・。
c0025481_0541357.jpg


そんなわけで、サクサクっと大涌谷に到着!
c0025481_0551180.jpg

昔、家族旅行で訪れたときには、もっとおどろおどろしいイメージがあったのですが、ロープウェイ駅が改修されたせいか、それとも季節の違いなのか、随分と小綺麗でライトな雰囲気になっておりました。かつて見かけたイメージ通りの箇所もあるんだけど、散策路が土砂崩れで一部閉鎖になってるから、あまり接近できないのでしょうか。たとえば硫黄の結晶(?)みたいなのがたまっているところとか。(強羅へのロープウェイからはよく見えるんだけど)

c0025481_058215.jpg
c0025481_0581785.jpg
c0025481_0582291.jpg
黒たまご用リフトが動くのをみてはキャイキャイし、もちろん黒たまごも食べちゃって、硫黄くさい空気もいっぱい吸い込んで(これがたまらんw)、大涌谷を後に。それにしても、大涌谷、黒たまご推しすぎなんじゃなかろうか(笑)

この日の宿は強羅だったのですが、素泊まりだったため、ケーブルカーで強羅に着いたあとは、店構えが味わい深い酒屋さんでお酒を買い込んでから、豆腐カツ煮で有名な田むら銀カツ亭で、箱根のクラフトビールととも晩ご飯。若い人は素泊まりが多いのかな。大学生くらいの年齢の人が多かったけど、お店は割と落ち着いていて、居心地よかったです。てか、豆腐カツ煮がウマイのなんの!
c0025481_152776.jpg
c0025481_153626.jpg


そして、宿に戻ってからは、温泉入って、お酒飲んで(悩み相談なんかと共にw)、浴衣で卓球やって、UNOやって、また飲んで、就寝。
我ながら、宿での過ごし方が、完全に大人の修学旅行ですな(笑)
c0025481_16526.jpg

c0025481_154453.jpg

※箱根は意外と地酒があって、しかもどれも飲みやすくて、あっという間に空けてしまった。。。

二日目へ続く。
[PR]
by yokusang_09 | 2015-02-28 23:59 | たびにでたがね。 | Comments(0)

江ノ島散策に行ってきた

11月からずっと先延ばしになっていた、江ノ島散策に行ってまいりました。
江ノ島好きの友達のガイド付きなので、もうこちとら怖いもんなんてないんだぜ!

というわけで、久しぶりの藤沢駅から、江ノ電乗り放題の切符を買って、乗車。
江ノ島駅で降ります。
c0025481_1212581.jpg



江ノ島へ抜ける道の途中にある、湘南堂へ立ち寄りました。レトロなパン屋さん。普段は学校等に卸しているんだそうです。ここのクリームパンがおいしいとのことなので、クリームパンと、他にあんドーナツとピロシキをお買い上げ。焼きたてのふわふわ。ちなみに、友人はクリームパンは冷凍保存して、食べるときは寝る前に冷蔵庫から出して、常温で自然解凍するんだそうな。んで、朝食べるらしい。ほうほう。
c0025481_0573923.jpg


ぶっちゃけ今回の最大の目的は、しらす丼を食べるということだったのですが、もうお昼近かったので、これまたその辺の食堂に入り、釜上げしらすとアジの丼を注文。
c0025481_0574872.jpg
じゅるるるるる!
ちなみに、シラスは1月から3月中旬まで禁漁期間なので、生シラスはありません。それでもやっぱり江ノ島で食べるしらすはうまい。


腹ごしらえをした後は、いざ江ノ島へ。早速たくさんのサーファーの姿を見かけて、湘南感がぐいぐい上がります。何となくだけど、この辺はユーミンじゃなくてサザンの管轄エリアって感じよねw
c0025481_0585229.jpg
c0025481_0585669.jpg

元々は小さな島で、それが今は橋で繋がっているので簡単にアクセスができるわけですが、橋を渡ってからの、凝縮された門前町的な空気が、予想していた以上で、なんかキャピつきスイッチが入るw
c0025481_1244196.jpg
昭和な香りのするエスカーに乗って、江島神社へ参拝したのち、島内を散策。湘南っていうとオシャレなイメージがあったんですけど、ここはオシャレというよりは、古くからの風光明媚な観光地といった趣で、東海地方でいうなら、ちょっと伊勢志摩的香りがします。海苔羊羹と実演販売のたこ煎餅を買ってしまいました。散財してるね!
c0025481_135447.jpg
c0025481_135892.jpg


その後、やはり湘南の浜辺をブラブラしたかったので、再び江ノ電に乗って、七里ヶ浜で下車。途中、鎌倉高校前駅付近で、電車から見える海のまぶしいことまぶしいこと。高校生が乗ってたけど、こんなところを通学できる高校生っていいなぁ。スラムダンクだがんね!
c0025481_174726.jpg
c0025481_175319.jpg
七里ヶ浜は、サーファーとそうじゃない人がなんかもういっぱいで、にぎわっておりました。道路沿いには、情報番組で紹介されそうなおしゃれなレストランとかありましたけど(そして、おしゃれなマダムとかがサングラスかけてテラスで会話とかしてらっしゃいましたけど)、そこはスルーw
まずはこの浜辺を堪能する事が大事なのです。ギャルソン風の服を着た、外国人女性が裸足で歩いていて、めちゃくちゃ画になっておりました。それと、なぜか名鉄バス(路線バスのアレ)が国道を走っていて、驚きおののきました…w 貸し切りだとは思うんだけど、何故!?


さらに、長谷駅で降りて、由比ヶ浜へ。この駅、降りたことは何度かあるんですけど、海の方にはでたことがなくてね。どんだけ浜辺が好きなんだって、感じですけどでも穏やかな海も観てみたかったのだからしょうがないw
c0025481_110778.jpg
c0025481_1102537.jpg
c0025481_1103359.jpg
七里ヶ浜よりはもう少し海沿いの生活の雰囲気があって、その辺もポイントが高いです。ここで、海を眺めながら買ったパンを食べていたら、トンビに奪わそうになりました・・・。一度失敗したら二度目のアタックはなかったけど、江ノ島じゃなくても油断はなりません・・・。相模灘に沈む夕日を眺めながら友人と語らい、冷えてオシッコしたくなってきたのもあったので、再び江ノ電に乗り、終点の鎌倉へ。


c0025481_1115663.jpg
c0025481_112217.jpg
鎌倉も何度か行ったことあるけど、悪天候だったり、酔っぱらってたりと、なんか万全じゃない感じのときばかりだったので、こんなに晴れてシラフの状態は初めてですねw
ここでは、観光はせずに買い物に専念。鳩サブレーはマストですけど、加えて、友人おすすめの鎌倉ピクルスをお買い上げ。最近疲れているのか酸っぱいものがたまらなく大好きで、酸味が沁みるのよw まぁ、確かにちょっとお高いんですけど、それでもうまいからいいのである!いろんな野菜詰め合わせのやつが初めてならおすすめかもしれません。もちろん、単品(っていえばいいの?)もあります。きゅうりとか。

江ノ島含め湘南海岸って、電車でこうやって気軽にアクセスできるのがいいよね。例えば名古屋からだと、知多半島は近いけど内海だからちょっと雰囲気違うし、渥美半島の海岸には電車でなかなか行けないしね。まぁ、電車で行かなきゃいいんだけど(笑)、気軽さが違ってくるんだよなぁ。それに、近所にすんでいるカッコイイおやじの多いこと。ウエットスーツに、サーフボードを自転車にひっかけて、チャリチャリ漕いで帰宅してたりしますからね。なんと、まぁ素敵な暮らしですこと(笑)

以前から思ってはいたことなんだけど、もちろん湘南というブランドもあるけど、近場を大事にするこの姿勢って、やっぱり首都圏の好きなところだなぁ。うん。そういうの、自分も大事にしたい。でも、やっぱ名古屋に帰ったら車買った方がいいもんなんかね。(でも通勤で使わないし、金銭的な問題以上に維持ができない気がする)
[PR]
by yokusang_09 | 2015-01-17 23:56 | たびにでたがね。 | Comments(0)

ぶらり、初めての仙台へ

c0025481_293115.jpg

c0025481_293762.jpg

c0025481_294451.jpg

c0025481_295878.jpg
c0025481_2101117.jpg

c0025481_295065.jpg

c0025481_2101784.jpg
c0025481_2133339.jpg

c0025481_2102568.jpg

ふらりと日帰りで仙台に行ってきました。
「はやぶさ」じゃなくて「こまち」に乗って。

実は、仙台はこれが初めて。
仙台在住の友人の案内で、まずは牛タンで腹ごしらえ。
その後、瑞鳳殿と青葉城址を訪れる、という伊達正宗三昧(笑)
だって、やっぱ仙台って言ったら伊達正宗像でしょうよ!
この日は、仙台では珍しく雪が降っていて、情緒がありました。
(東北っぽくていい、と思ったけど、友人が寒くてムカついていたので自粛w)

さらにそこから、せんだいメディアテークに足を伸ばし、震災関連の展示を見た。
色んな立場の人のインタビュー映像やら、作家の展示やら。
実は、こうした「展示」という形で東日本大震災に触れるのは、
おそらく昨年のあいちトリエンナーレ以来だと思う。
発災当時、名古屋に住んでいた自分としては、正直に言ってしまうと、
少し実感に乏しい部分あったのだが、
被災地だった仙台という場所でこうしたものに触れると、少なからず
心が揺れ動くというか、リアリティを持って迫ってくるものがあった。
見終わった後に感想を口にするにも、少し言葉ばないと言い表せなかった。
1.8万人が死んだ一つの地震ではなくて、あの地震で、一人の人間の死が
1.8万人分あったのだ。

メディアテークのある定禅寺通り(ザ・杜の都仙台な場所の一つ)では、
数日前から、光のペーシェントが始まっていて、メチャクチャ綺麗だった。
綺麗なライトアップなんて、東京にはいくらだってあるのだが、
東日本大震災前から続いていた仙台の冬の風物詩が、
こうして今も開催されていることに、なんというか、感慨深いものがあった。
でも、本当にキレイなんだよね。感慨深くなった後みると、余計に。
イチャついてるカップルにもイラつかなかったよw

なんか、グルメに、歴史に、震災に、最後はイルミネーションって、
日帰りノープランの割には超堪能しちゃったよ。初仙台。
最後は、宮城産の牡蠣やらお酒やらひっかけて、
お土産もいっぱい買ったし、完全なる大人の修学旅行だな、こりゃw
(まぁ、翌日には風邪がぶり返して寝込んでましたけど…)

案内してくれた友人に大感謝。
ありがとうございました☆

[PR]
by yokusang_09 | 2014-12-13 23:09 | たびにでたがね。 | Comments(0)

伊香保へドライブ

c0025481_033975.jpg

c0025481_23495353.jpg

c0025481_23485027.jpg

c0025481_2350321.jpg

c0025481_2351045.jpg

c0025481_23501750.jpg

群馬県の伊香保まで、後輩のオオサワ君と一緒にドライブに行ってきました。
初めてのETC!初めての(自分で運転する)首都高!初めての関越!
ああ、なんて関東住民www
とか、ちょっとだけ思いながら。

それにしても、関東の人(関東のナンバー)は、ちゃんと渋滞が近づくと
ハザード焚いてくれるから嬉しい。
焚いてくれないと、ブレーキランプがついてから、高速上の場合、
まさかそこで止まると思わないから死ぬ。

今回の伊香保、メインは温泉ではなくて、グリーン牧場。
年賀状の写真を撮りに行ってきたのです!まめだわー。
しかし、牧場について早々に迎えていただいたのは、ぐんまちゃん!!!!!
リアル動物に触れあいにきた牧場で、キグルミの馬との触れ合い!!!!
とか思ったけど、ぐんまちゃん可愛かったし、
群馬県民の何かが詰まってる感じがしたので、よかった。

グリーン牧場は、確かに入場料を取る観光牧場ではあるんだけど、
ほどほどの大きさだし、ふれあいに重きを置いている感じが良かった。
まさか、ひつじの散歩ができるとは思っておりませんでした…。
ただ、草ばっかり食んでるから、ちっとも進まないんだけど(笑)
でも、なんだかんだで、すっごい楽しかった。
こういうの、よくよく考えたらいつ振りなんだろう…。
俺は、この数年間、一体何をして過ごしていたのか。
職場と劇場にしかいなかったのでは…。

牧場を堪能した後は、ちょっと足を延ばして、伊香保温泉街で
ひとっ風呂浴びて帰ってきました。気持ちよかった。

肝心の写真の方は、まぁ、動物相手なのでなかなか上手くいきませんでしたが、
何とか採用できそうなのは、ある…と思う(笑)
まぁ、フォトショさえあれば、もっと採用の可能性は広がるんだけど。
誰か、後ろの知らない人とか、消したりして…。
エレメンツ買おうかな。
(でも、来年にはPC買いかえようと思ってるんだよなぁ)
[PR]
by yokusang_09 | 2014-11-22 23:47 | たびにでたがね。 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(170)
(140)
(51)
(48)
(40)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

日間賀島でふぐを堪能してきた..
at 2017-11-26 22:59
紅葉狩りを兼ねて、鳳来寺山に..
at 2017-11-23 22:23
約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
愛知県芸術劇場「それからの街..
at 2017-10-22 21:03
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14

ブログジャンル

つぶやき
演劇