NYLON100℃「シャープさんフラットさん」(ブラックチーム)@本多劇場

【ネタばれしまくり】c0025481_23312962.jpg
ダブルキャストだでさぁ。
やっぱ両方観なかんがね。
ってことで、2日ぶりに本多劇場w
久々の下北沢マチネ。です。
三宅・新谷・廣川あたりで繰り出されとった、
あの重くて、ねっちっこい世界(←一応褒め言葉)は、
大倉孝二メインでどーなるんだ?
そして、大倉孝二がやっとった、あのとろっくさい役は、いかに!?


率直な感想=なんとゆうライトな口当たりでございましょうwww

やっぱ、ブラックチームの方が、申し訳ないけどキャストに華があるもんw
というか、有名人率が高いのね。だもんで、なんてゆーか、
客が結構笑いに来てる部分があるっぽい。木曜日より、笑いが起きとりました。

ただ、それは、演出的な部分によるものもだいぶあるとは思うけど。
基本的には同じ台本・演出さんなのに、役者が違うとこんなにも違うんきゃ!
って感じで、かなり興味深かったw
ブラックチームは、そのチーム名とは裏腹にw、薄味に仕上がっとった。
なんか、「大倉孝二がやりゃあ、こんな感じだわなぁ」と思われるテンションが、
全体的にも広がったって感じ。峯村リエも、そのテンションに一役買っとる感じ。
辻煙というキャラクターが、三宅さんが演ると、「狂っとる」って印象なんだけど、
大倉孝二がやると、「妄想癖がヒドイ」くらいの印象になっとりました。
ホントにマイルドな口あたりで、遠方からこっちだけ観においでた方とかには、
優しい感じになっとったと思いますよwww

ただ、ホワイトチームと比べると、「軽さ」余って媚売っとるんかって気がしんでもない。
まぁ、「媚売っとる」っていうのは正しくないんですけど、なんか、一般ウケ狙った感?
確かに、「ナイロンには軽さがなくっちゃ」とは言いましたけど、ホワイトチームと
台本変えた部分との相乗効果で、いつもより、どら軽かった印象だがんね…。





ネタバレしまくりで説明してまうとですね。

(カフカはサナトリウムに篭って執筆していて、辻がそれに憧れていたという前提があって)
後半に、元彼女が辻に向かって、
「カフカって、サナトリウムに篭ったまま死ぬんでしょ?」
(辻が「結核で死んだ」的な答えをして)「じゃあ、だめじゃん」 っていう場面があんの。
そこの言い方が、両者で全然違うんだわ。
ホワイト(新谷真弓)は、「だめじゃん」の言い方が結構吐き捨てる感じなわけ。
それは、「オマエは、カフカのような大物にはなれない」って思えちゃう言い方で、
結果、舞台世界にさらなる重さと閉塞感(救いのなさ)を与えてとるんだけど、
ブラック(小池栄子)の言い方は、「だめじゃん」がちょっと優しいんだわね。
そこには、「サナトリウムで死んじゃうようなカフカを目指してちゃダメじゃん」っていう
彼女の辻に対する愛情のようなものが感じられたんだわ。全然息苦しくないわけ。

「あー、この違い、多分ラストに大きく影響するんだろーな。」と思ったんだけど、案の定。

ホワイトでは、最後、あるトラブルをきっかけに、館内で殺傷事件が発生(シーンあり)、
それを目撃した辻は、「笑わなきゃやっとれん」といった感じで、赤坂とギャグに興じて
終了。そして最後まで救いがない感じで、ケラらしい感じの終わり方。
一方のブラックでは、トラブルはあるけど、殺傷シーンとかあれせんくて
(それどころか親子愛の確認シーン)、その代わりに、元彼女が乗った車が
高速道路で激しい事故に遭ったという知らせが、辻の元に入り、
それを聞いた辻は、現実逃避するかのように、ギャグ言い合いっこをはじめて終了。

↑↑ この違いがですね、アテクシには、「うーん」って感じだったんだて。
  こんなにマイルドでえーんきゃ、みたいなw
  まるで、「ナイロン解散後、豪華キャストで再構築して再演」みたいな印象w

どら重いのと、どら軽いのとで2本立て、って言われりゃそれまでなんですけど。
(まぁ、だもんで、1本でも楽しめるけど、2本観んとかんのだわなぁw)
ケラさん、普段こーゆー迷い方するんだぁ。みたいな感じだったわ。自分的には。
筆が遅いにも、ちょっと納得だったがんねw

次回は、1本なら、両者の間を取った感じの作品を期待しとりますwww

-------------------------------------------------------------------

NYLON100℃ 32nd session 15years anniversary
「シャープさんフラットさん」 
2008年9月16日~10月19日 @下北沢 本多劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演(ブラックチーム):大倉孝二 犬山イヌコ みのすけ 峯村リエ 長田奈麻 
植木夏十 喜安浩平 大山鎬則 廻飛雄 柚木幹斗 三宅弘城
小池栄子 坂井真紀 住田隆 マギー
美術:BOKETA 照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN)
音響:水越佳一(モックサウンド) 音楽:三浦俊一
映像:上田大樹(instant wife) 衣裳:松本夏記(ミシンロックス)
ヘアメイク:武井優子 演出助手:山田美紀(至福団)・相田剛志
舞台監督:山矢源(ダイ・レクト) 宣伝美術:雨堤千砂子(wagon)
プロデューサー:北牧裕幸、高橋典子
制作:北里美織子、太斎志保、佐々木悠
制作協力:馬場順子、花澤理恵 広報:米田律子
協力:イエローキャブ、石井光三オフィス、大人計画、オフィスIII's、オフィスPSC、
シス・カンパニー、ジャングル、スターダストプロモーション、ダックスープ、
ハイレグタワー、プロダクション人力舍、マッシュ
助成:文化庁・芸術創造活動重点支援事業

[PR]
by yokusang_09 | 2008-09-27 17:50 | 芝居を観てきた2008 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇