フジテレビジョン/ホリプロ「スウィーニー・トッド」@日生劇場

ま、2月に名古屋でも公演があるんだけど、ついでだで観てきた。
名古屋で観るより、600円高かったけど…。
ま、えっか。(←だもんで貯まらんのだろうなぁ…)
それにしても、ミュージカルって一体いつぶりだろ…。(多分、2年ぶりくらいかしらん。)

c0025481_22193891.jpg【ストーリー】(e+ホームページより)
19世紀末のロンドン。好色なターピン(立川三貴)判事に妻を横恋慕され、無実の罪を着せられ流刑にされた床屋のスウィーニー・トッド(市村正親)は、若い船乗りアンソニー(城田優)に命を救われる。
15年ぶりに街に戻ったスウィーニーは、妻の自殺と、娘ジョアンナ(ソニン)がターピンに養育されている事実を知る。彼への復讐を誓うスウィーニーは、ミセス・ラヴェット(大竹しのぶ)のパイ屋の2階に理髪店を開業する。その素晴らしい腕前からスウィーニーの店は大繁盛。素性を偽っているスウィーニーは、その過去を知る人間たちの髭をあたるふりをして喉を掻っ捌いていく。
一方、ろくな肉を仕入れられないラヴェット夫人のミートパイはロンドンで1番まずいことで有名だったが、スウィーニーが殺した人間の肉でパイを焼くことを思いつく。人肉パイはこの上もなく美味で、店はまたたく間に大繁盛。死体も隠滅でき、一挙両得と高笑いの2人。
この様子をラヴェット夫人を慕う頭が弱い使いっ走りの青年トバイアス(武田真治)が不思議そうに眺めていた。
また、スウィーニーを助けたアンソニーは、偶然知りあったジョアンナと恋に落ちてしまう。駆け落ちを企てる2人だが、ターピンに取り押さえられ、ジョアンナは精神病院に隔離されてしまう。
ターピンへの復讐を画策するスウィーニー、スウィーニーの正体を疑う小役人ビードル(斉藤暁)、スウィーニーでさえ知らない秘密を握りながら彼を愛しはじめるラヴェット夫人、ジョアンナに邪な欲望を抱くターピン、愛を成就したいアンソニーとジョアンナ、不吉な予言を言いだす謎の乞食女(キムラ緑子)。
それぞれの欲望が渦を巻き、物語は恐怖の終幕に突き進んでいくのだが……。


さすが、宮本亜門。違いがわかる男だがねー!(笑)
久しぶりにミュージカル観て興奮したわー。
どうだろ、石丸幹二主演の「壁抜け男」以来だわ。(あれ、また違いがわかる男だがーw)

いや、もう、こんなドキドキするミュージカル(つーか、芝居)って久しぶりだて。
おもわず「むふむふ」って感じのポーズになってまったでねぇ(爆)
       (↑両手をグーにして口の前に持ってく感じ)

まず、オーケストラピットの存在に興奮w
実は初めてなんだわー。その存在を目にするのが。

つづいて、本命・大竹しのぶに興奮。(欲情したって意味じゃないでね!)
さすがだわー、まさに女優だわー。貫禄の演技。
歌いはじめてまうと、それほど役(普通の演技)のときと声や喋り方なんかが
一致してない場合が多かったりするんだが、大竹しのぶは、良い意味で、
台詞を言うように歌っとった。歌唱力をフォローする作戦なんかしらん?
(でも、それが、妙に気に入ってまったんだけど。他の人もやっとらした。)
つーか、大竹しのぶの歌って「みかん」のイメージしかなかったけど…。
だからなんたって感じなんだけどね…。
あ、ほんでも、ミュージカル嫌いな人には、どらダメな感じかもしれん。
「歌ってんだか喋ってんだか」なんて。

役者に関しては、市村正親もかなりキとらした。さすがミュージカルスターだがね。
スウィーニー・トッドの役がハマりまくっとった。斉藤暁もいい具合だったし☆
「四季」とかだと、声楽出身の人とかおって、美声ドーン!
って感じだったりするときもあるけど、今回の場合、
演技メインの役者が歌う、そのある種の素朴さが、結構心に染みた。

それと、戯曲自体がそうとうスリリングでエキサイティングで、でら面白い!
(ま、ありがちな話といえばありがちなんだが…。わかっちゃいるけど…ってやつだて。)
片時も目を離せれーせん感じで、ドンドン引き込まれてまうでよー。まーかん。
でも、しっかりテーマ性を持たせてあったりしてね。復讐ですわ。…ある意味で流行の。
宮本亜門がこれをやることにしたのは、やっぱし「太平洋序曲」の流れがあるんかしらね。
そっちの方は、あんまよーわからんけど。

とにかく大興奮間違いなしの傑作だわー。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

「スウィーニー・トッド」

2007年1月5日~1月29日 @日生劇場

原作:クリストファー・ボンド
作:ヒュー・ホィーラー
作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム
演出:振付:宮本亜門
翻訳・訳詩:橋本邦彦 音楽監督:山下康介  指揮:西野淳  美術:松本るみ
照明:中川隆一  音響:大坪正仁  衣裳:前田文子  ヘアメイク:憑啓孝
歌唱指導:北川潤・泉忠道  音楽助手・ピアノ稽古:中條純子  演出助手:伊藤和美
舞台監督:二瓶剛雄  主催:フジテレビ・ホリプロ
出演:市村正親・大竹しのぶ・キムラ緑子・ソニン・城田優・立川三貴・斉藤暁・武田真治
   阿部裕・大須賀ひでき・岡田誠・越智則英・小関明久・さけもとあきら
   中西勝之・水野栄治・山田展弘・秋園美緒・北澤装子・菅原さおり
   高橋桂・福麻むつ美・三木麻衣子・山崎ちか
[PR]
by yokusang_09 | 2007-01-07 16:00 | 芝居を観てきた2007 | Comments(2)
Commented by マダム at 2007-01-10 11:05 x
いいいいいっすねぇ!!
大竹しのぶが生で見たいです。
「蛇よ!」のビデオ見てから強く思うようになりました。
Commented by yokusang_09 at 2007-01-11 00:06
>マダムさん

やっぱ一度は生で拝んでおきたい役者さんですよね。
野田さんの芝居に出てたのなんかも、生で観てみたかった…。
機会があれば是非行ってみてくだされ~。
2月には名古屋でも上演するよー。


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇