NODA・MAP『贋作・罪と罰』@Bunkamuraシアターコクーン

先月に引き続き、また東京で芝居観てきてまったよ。
野田秀樹率いるNODA・MAPの『贋作・罪と罰』@シアターコクーン。
優先予約でチケット取るのに4時間もかかってまって、
でらスゴイんだろうなぁ…、と、思っとったんですけど。
しかもB列だったもんで、かぶりつきだがーん!って期待しとったんですけど。
(実際は7列目だったけど)
コクーンで円形舞台ってどーなっとんの?って思っとったんですけど。
さて、いかに。

タイトルから想像できるとおり、ドストエフスキーの「罪と罰」が下敷きとなっとる脚本。

【あらすじ】
ときは幕末、場所は江戸。日本初の女性官僚になるためだけに生きてきた三条英(松たか子)は、「優れた人間は、既存の法律や道徳に縛られなくてよい」とのエリート意識から殺人を実行する。しかし予定外の被害者まで出し、罪悪感と逮捕の恐怖に苦しむことに。彼女の異変に気づいた同じ塾生の才谷(古田新太)は心配するが、彼にも大きな秘密があった。そして、英のもとに婚約した妹と母が訪ねてくるが、妹の婚約者・溜水(宇梶剛士)は数々の黒い噂を持つ男。死んだと聞かされていた英の父が現れ、溜水が才谷に近づき、江戸崩壊の足音が聞こえ始める頃、英の後悔もピークに達して……。




えー、正直な感想。
アタクシが今まで観た野田演出作品の中では、最もお値打ち感が薄いかったがんね…。
(今まで劇場で観たのは、「オイル」「透明人間の蒸気」「走れメルス」)
なんといいましょうか、妙に静かに、大人しくまとまっとったって感じだったんだわ。
脚本がそういうのだもんでしょうがないかもせんけどさぁ。
野田脚本の持ち味の「落ち着きのなさ・ドタバタ感」があれせんもんだで、
「わー、野田みてまったがねー!」って後味はあんましありゃせなんだわ。

あと、これも仕方がないっちやあ仕方がないんだが、円形舞台だもんで、
演技をする上で、どっちかには尻を向けることになるのは仕方がないんだが、
ワタクシんたぁの方は、客席数が少ないほうだったもんで、
(だって普段は舞台上のところだもんで。それはそれでかなり貴重な経験だったけど☆)
結構重要シーンで背を向かれてまうことが結構あったんだわぁ。ちょっと残念。
(むしろ、普段舞台側の席の客は、舞台美術として利用されとった…?)
ほんでも、舞台美術的にはどら面白い構造しとった。
ありゃ名作だわ。うんうん。

あと、キャスティングなんですけどね…。
才谷が古田新太ってのは、確かに上手かったけど、
でもやっぱし最後とかちょっとシックリこんかったんですけど(笑)
まま、野田さんはその辺も重々わかっとらしてのキャスティングだったらしーけど。
ストレートに、宇梶さんと古田新太を入れ替えたほうがよかったような気もするがんね…。
捻りはあれせんけどさぁ。

と、キビシーことばっかし言ってみたけど、ほんでもやっぱしオモロカッタのは事実☆
松たか子は、どら凛々しかったし、中村まこともどら良かった。
ってか女性人がいい味だしとったねぇ。みんなスキ。
右近健一はでてるだけでおもろかった(笑)
あと、最近マイブームで、頻繁にネタとして小芝居しとる「美輪さん風老婆」は
実は「野田秀樹演じる老婆」のほうが近いことが判明してまったがーん!
まだ美輪レベルまで達しとらんってことだがね、おどろおどろしさが(w
そんなこんなでしたわ。
(しっかし、客のノリも悪かったがんなぁ。)

*****************

NODA・MAP第11回公演「贋作・罪と罰」

2005年12月9日~2006年1月29日
@Bunkamuraシアターコクーン(東京公演)

作・演出:野田秀樹
出演:松たか子、古田新太、段田安則、宇梶剛士、野田秀樹、美波、マギー、
    右近健一、小松和重、村岡希美、中村まこと、進藤健太郎
美術:堀尾幸男
照明:小川幾雄
衣裳:ひびのこづえ
選曲・効果:高都幸男
ヘアメイク:大和田 一美
技術監督:野中 昭二
演出助手:坂本聖子
舞台監督:瀬崎将孝
プロデューサー:北村明子
企画・製作:NODA・MAP

野田地図ホームページ:http://www.nodamap.com/index.htm

[PR]
by yokusang_09 | 2006-01-06 22:40 | 芝居を観てきた2006 | Comments(2)
Commented by raum_18 at 2006-01-10 23:19 x
野田秀樹!?いいな~羨ましい。
一回舞台で見てみたい。ビデオでしか見たことないから・・・
学生の時、本も買っちゃうぐらい本当に大好きでした(今も好きですが)。
「罪と罰」は大竹しのぶ主演のをテレビで見ただけですが、
この話自体は好きな部類かも。
やはり英国留学前と後で、野田秀樹の作品って変わった気がします。

ヴィヴィアン・ウェストウッド展行きたいけれど、
上京する予定皆無なのが寂しい。
Commented by yokusang_09 at 2006-01-11 00:17
>raum_18さん

おぉ、野田好きなんですね!
野田作品は、やっぱし(特に若いころの作品は)難しいんですけど、
それをとことんエンタメにしちゃうところがスゴイと思うんですよねぇ。

いまなら18きっぷがまだ使えますので、「罪と罰」は
並べば当日券もありますし、いっそふらりと上京してみては!?


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(169)
(138)
(49)
(48)
(38)
(37)
(33)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)

検索

最新の記事

八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00
落ち着いて物事に向き合えない。
at 2017-08-09 00:28
第七劇場「人形の家」@三重県..
at 2017-07-16 23:56
公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33
国産ジーンズ発祥の地・児島へ..
at 2017-05-27 17:59
劇団唐組「ビンローの封印」@..
at 2017-05-20 22:15
小松台東「山笑う」@三鷹市芸..
at 2017-05-20 17:13

ブログジャンル

つぶやき
演劇