小松台東「山笑う」@三鷹市芸術文化センター 星のホール

c0025481_22164675.jpg女手一つで兄妹を育ててくれた母が死んだ。その通夜の夜。
母に反抗し続けていた妹が東京から帰ってきた。
闘病中の母を一度も見舞わなかった白状物の妹を兄が待ち構える。
責められることを覚悟していた妹は自分の身を守るためなのか、
東京から恋人を同伴させた。歓迎する者、呆れる者、様々な反応が入り混じる中、
兄だけは怒りを抑えきれずにいた…。
斎場の片隅にある親族控室で、母への想いを巡り、家族が激しく、
そして醜く、ぶつかり合う。(チラシより)


実は以前からずっと気になっていた、小松台東。
どの公演がきっかけかは忘れたのだが、もしかすると「ぼくかわ」のときだったかもしれない。
(でも、「ぼくかわ」の時は観にいけなかったんだよな。)
なので、今回は念願かなっての初・小松台東。わーい。しかも「山笑う」再演。
本当は、宮崎県出身のオオサワ君と観にいって、そしてコメントを聞きたかったのだが、
よく考えたら、オオサワ君は延岡だから宮崎のことは知らんかもしれん…。

冒頭から、劇場全体を葬儀場に見立てた演出に、「おや?」と思いつつも、
始まってみると意外なほどスタンダードな設定だし、スタンダードな始まり。
ていうか、まぁ、青年団系なのかな。あまり気にしていなかったが。
正直、全編宮崎弁と言われた時点で、少しイロモノっぽいのかと思っていたが(←偏見w)、
全然そんなことはなくて、でもストーリーではちゃんと笑わせてくれるのでよい。
何より、方言を笑いのネタにしないところがいい。勿論、宮崎弁が故の面白さもあるのだが。

他人に言わせれば妙な上から目線っで「よくある話」と言われるようなことでも、
やはりそれぞれの家庭なり個人なりの事情というのはあるもので。
この家族の事情というのも、実際に知り合いにいたら、結構特殊だと思うのだが、
それでも、特別派手な印象もないし、通常であり得ない話ではない。
そこに、「妹が彼氏として連れてきた男性が、実は彼氏ではない」という、
逆にドラマならあり得るけど実際にはかなりあり得ないが、
「なんか大都会・東京ではあるかもね…」みたいな、この日常と非日常(?)の
絶妙な匙加減が大変良かった。

絶妙な匙加減といえば、登場人物のキャラ立ち具合もこれまた絶妙で、この芝居の
面白さの重要なポイントだったかも、と思っている。
特段沢山出てくる、という印象でもないのだが、全員キャラクターがはっきりおり、
兄妹の緊張感も、通夜の日の酒の席という非日常空間におけるワチャワチャ感も、
シンプルに、しかしはっきりとした味付けになっていた、という印象。全員好き(笑)

故郷(田舎)を離れてた人間にとって、故郷という存在は、好意的に捉えていたとしても、
やはり単純なノスタルジーだけで、「いいね」と全肯定ができるものでもないのだと思う。
かくいう私も半分くらいそうなのだが…。
東京に出た妹と宮崎で暮らし続ける兄の各々の生き様や、二人の対立を含めてのやりとりを
見ていると、実家から離れて暮らすものとしては、やはり地元のことを思い出してしまうし、
「イオン」というフレーズにでさえ、胸が締め付けられる思いになるのである…。

というわけで、大変良いお芝居でした。お気に入り。


--------------------------------------------------------------------------
小松台東「山笑う」
2017年5月19日~28日 @三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:松本哲也
出演:川村紗也、瓜生和成(東京タンバリン)、山田百次(劇団野の上/青年団リンクホエイ)、
荻野友里(青年団)尾倉ケント、松本哲也
舞台監督:内山清人(サマカト) 美術:泉真 音響:星野大輔(サウンドウィーズ) 音響操作:大矢紗瑛
照明:中佐真梨香(空間企画) 演出助手:福名理穂(ぱぷりか) 宣伝美術:土屋朋子(citronworks)
舞台撮影:保坂萌 制作:塩田友克、小松台東 主催:(公財)三鷹市スポーツと文化財団

[PR]
by yokusang_09 | 2017-05-20 17:13 | 芝居を観てきた2017 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(170)
(140)
(51)
(48)
(40)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

日間賀島でふぐを堪能してきた..
at 2017-11-26 22:59
紅葉狩りを兼ねて、鳳来寺山に..
at 2017-11-23 22:23
約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
愛知県芸術劇場「それからの街..
at 2017-10-22 21:03
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14

ブログジャンル

つぶやき
演劇