劇団子供鉅人「重力の光」@近鉄アート館

c0025481_2233125.jpg 僕らはみんな神々しい! 生まれ落ち、転がり落ちた人生に光あれ!
「おじいちゃんの死ぬ間際、空から現れた天使を、悲しみに狂ったお父さんが 襲って僕は生まれた・・・・」
天使と人間のあいだに生を受け、
男と女の性器を持つ両性具有の主人公・光(ひかり)は、
元天使の母親が営むスナック 「堕天使」で働いていた。
ある日、悲しみの癒えぬまま各地に子供を作り続ける父親を探す旅に出た光であったが、
男と女すべてに恋をさせ、夢中にさせる光の無垢な魂を、
人々の「愛」という名の重力が押し潰してゆくのだった。


実は、今年の秋に劇団員の方がヒッチハイクで芝居の宣伝をしている、という時に、名古屋でチラシをもらいまして。ちょうど大阪に行く予定もあったし、ということで、こちらもぶっこんでみることにした次第です。
お恥ずかしながら、劇団のこともそれまで知らなかったんですけど、なんかチラシがジワジワ訴えてきたんですよ。

てなわけで、初めてのあべのハルカス。
実は最初の頃「ハスカル」だと思っていたのは内緒です・・・。

いきなり、きわめて個人的な感覚なのですが、なんかやっぱり関西の劇団っぽい!
それはさておき、ひとまずの感想としては、思っていたよりも、構成が荒削りな印象。劇団結成10周年というお祭り的要素もいくらかはあったんだろうか。それならそれでわからなくもないけど。あとは、基本的には下北沢駅前劇場を照準に作っていたのだろうか。天井の高い近鉄アート館とは、少しだけ折り合いがよろしくないような部分も感じつつ。(といいながら、でも駅前劇場だとまた全然違うし、あの美術だと難しいね…)

ただ、荒削りが悪いというわけではなくて、結構面白く作用していたといいますか。ケレン味、という表現を当てはめていいものかは悩むところなのですが(私の中で、関西の劇団だと「悪い芝居」なんかはケレン味があると思っています)、比較的ドンドンドン!と大きくエピソードを進めていくところと、両性具有の天使という存在を取り巻くお話というところと、役者が多いところ等々、諸々のモノがつながって、結果として実に芝居らしいハッタリをかましまくってる印象で、それは客として面白かったんです。(まぁ、それを「ケレン味」という気もするですが、自分の中ではちょっとニュアンスが違うんだよなぁ。)

ただ、何かもう少し戯曲に深み(といえばいいのか?)があると、あれの「ハッタリ」がちゃんと「ケレン味」として機能するのかもしれません。(私の言うところの「ケレン味」なので何とも言えませんが)
個人的にはストーリーの荒削り感はあるにしても、ちょっとアッサリな印象が強かったというか。劇団の特色とはいえ、ファンタジー的要素に引きずられ気味だった…のか?割にいろんな要素が盛り込まれていた印象があったので、もう少し濃い部分があってもよかったのかな、とは思いました。
ただ、全体に包むあのポップな重さは、あの大雑把さがないと表現できない気もするので、これまた難しいところ。ブツブツ言ってはいますけど、あのスピード感とかリズム感と、オシャレ風吹かしてやってくる閉塞感っていうのは、やっぱり心地よかったんですよね。
なんなのよw 大変不思議です。あと、オシャレ。

キャスティングは、なんかもう自分好みにはまっていたので、よかったです。ヨーロッパ企画の石田さんもよかったし、ロロの篠崎さんもいい仕事してたし。光を演じていた益山兄弟の弟氏は、実に不思議な印象だった。あの両性具有の天使役とか、ハマりすぎでしょ(笑)

-------------------------------------------------------------------

劇団子供鉅人 結成10周年記念公演
「重力の光」
(大阪公演)2015年12月3日~12月7日 
@近鉄アート館

作・演出:益山貴司
出演:益山寛司、キキ花香、影山徹、億なつき、ミネユキ、山西竜矢、益山U☆G、石田剛太(ヨーロッパ企画)、篠崎大悟(ロロ)、呉城久美(悪い芝居)、うらじぬの、古野陽大、佐藤ばびぶべ、長友郁真、阿部未和、豊澤知子、柿の葉なら、地道元春、南舘優雄斗、鴇田直也
舞台監督:伊藤新(ダミアン)  照明:筆谷亮也  音響:近松祐貴 衣裳:田中迅人
美術部:谷口悠、増田靖子  演出助手:さくらの、古野陽大、稲川悟史
演出部:柿の葉なら、地道元春、南舘優雄斗、鴇田直也
宣伝美術:小林剛(UNA) WEB:ミネユキ 撮影:橋本大和 佐藤祐紀 明地清恵
制作:佐々木瑞穂、鳥井由美子、中西由佳 
協力:大人鉅人、jungle、ヨーロッパ企画、ロロ、悪い芝居、株式会社POS建築観察設計研究所、studiogigigi、河村真由美、松原利巳、露木妙、さっちゃん(風みどり)
助成 :芸術文化振興基金
主催 :劇団子供鉅人

[PR]
by yokusang_09 | 2015-12-05 21:58 | 芝居を観てきた2015 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(50)
(48)
(39)
(37)
(34)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)

検索

最新の記事

佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00
落ち着いて物事に向き合えない。
at 2017-08-09 00:28
第七劇場「人形の家」@三重県..
at 2017-07-16 23:56
公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33

ブログジャンル

つぶやき
演劇