はえぎわ「ハエのように舞い 牛は笑う」@東京芸術劇場シアターイースト

c0025481_2033852.jpgはえぎわ、15周年。次なるステージの新たなる探検。
はえぎわ始動して丸15年になります。
27回目の公演。2回再演をしているので、新作本数で言うと25本目で、2年ぶりの新作です。色々あった15年でした。って、色々なかった15年なんてないだろうけど。
振り返っては反省し、反省しては次の反省を積み重ね、反省のフォルダがパンパンになったところで、パンと何かが弾けて、気が付いたら‘遅咲きの不良中年’なんて目もあてられない。良い人間は、良い友に囲まれ、良い生活で、良い顔になる。そんなのはフィクションだ。 どうしようもない人間はゴロゴロいますが、どうでもいい人生なんて一つもないのだろう。
15年の地獄を、いや、地力を、どうぞお楽しみください。
はえぎわの、新たな一歩の最初の一歩。
(劇団HPより)


なんだかんだで、気になっていたのにずっと観てなかった劇団の一つがはえぎわでございまして。で、このたび、ついに初観劇に至ったわけでございます。
びば。東京暮らし最高。正しくは千葉だけど。

俺、最近、正直言うと、感想を書くのに苦労するんですけど、「特段テーマやらなんやらを振りかざしてこないが、実は奥の奥になにやら言いたげなことがあるような芝居」って好きだったりしまして。(問題は自分がそこまで深く読みとれないことなんですけど)
この芝居も、なんか自分がノゾエさんに対して期待していた、まさにソレでございました。そして劇団15周年なりの祝祭性。たまんねーな、おい!

でもなー、なんか勝手にいろいろ考えちゃうよなぁ。(この勝手にいろいろ考えちゃえれるところが好きだったりする)

いわばガラパゴス的平和を保っていた世界に、外部からの刺激により混乱してしまった結果、悪い方へとどんどん転がっていく女性経営者の様だったり、でもそのガラパゴスで頑張りすぎて、記憶の断捨離をしてしまう男性だったり、いろんなタイプのキャラクターが劇中に登場してくるんですけど、そのいろんな登場人物全部が、自分の中にあるんだかないんだか、みたいな可能性を次々と提示される。何でもないことを難しく考えることに対するアンチテーゼを、これまた示唆的に見せられるというか。ぐちゃぐちゃ考えたところで、結局は無駄足掻きに終わる、というかさして意味がなく、結局自分は自分という人間に帰着するしかないのか、とかね。

いろんなしがらみやら欲求やら不安やら、そういったものにものすごく足を取られるし、あと、安全・安心・安定ってものすごくほしいし、どうしたらいいんだろ、って今の自分がむちゃくちゃ考えていることだったりするんだけど、結局答えがでなくて、ポーンってなっちゃうか、そう出来なくて、ふたをしちゃって悶々とか、いろんな人の事象として舞台上では提示されているけど、結局みんな共感できるから、ポップに描かれてはいるんだけど、結構チクチクきたりしてたw

それにしても、あのお芝居、かなり面白かったなぁ。意外なほど役者がたくさんでてきてたし、役者の層も厚かったし、生演奏だって何気に元SAKEROCKでてたし、油断ならねー!って感じ(笑)
おセンチな感じに持っていくことなく、得体の知れないハッピーさに包まれているのも、不思議な感覚で心地よかった。ほかの芝居だともっと違うのかなな。ちょっとだけ、B級遊撃隊の芝居や、財団、江本純子の芝居にも似たテイストもあっった気がしたんだけど、なんか、かなり私の好きな良質な会話中心劇って感じでした。役者もみんな愛おしかったし、なんかいいなぁ、あの、根拠のない楽観具合。かなり好きでした。はい。

そして関係ないけど、あれってやっぱり桜島がモチーフなのかな。・・・ゾンビ映画のロケ地として有名なの?長渕じゃないの?

------------------------------------------------------------------
芸劇eyes はえぎわ
「ハエのように舞い 牛は笑う」
2014年8月23日~8月31日 @東京芸術劇場シアターイースト

作・演出:ノゾエ征爾
出演:井内ミワク、町田水城、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶、踊り子あり、川上友里、鳥島明、富川一人、山口航太、ノゾエ征爾、笠木泉、上村聡(遊園地再生事業団)、河井克夫、橘花梨
音楽:田中馨+1(川村亘平斎:25日,27日~31日、オロロトリヒロ: 23日,24日,26日)
舞台監督:田中翼  舞台美術:稲田美智子 
音響:井上直裕 (atSound)  照明:葛生英之(日高舞台照明)  
音楽:田中馨+1(川村亘平斎(滞空時間)、オロロトリヒロ (COINN))
衣裳:rei (GRENADINE)  宣伝美術:成田久(キュキュキュカンパニー)
宣伝写真:森恒河  印刷:凸版印刷  ホームページ制作:朝日太一  
ドラマターク:齋藤拓(青年団)  演出助手:松森モヘー、萩野肇
協力 : アニマ・エージェンシー、イトーカンパニー、エースエージェント、エスアーティスト、
      M3&CO.、krei inc.、MY promotion、吉住モータース
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金  制作進行:桑澤恵、リトルジャイアンツ
主催 : はえぎわ

[PR]
by yokusang_09 | 2014-08-31 20:24 | 芝居を観てきた2014 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇