「ヤング≒アダルト」@センチュリーシネマ

とある方の評価に「ビデオで観れば十分」といって厳しめの評価を
しとらっせる方がおみえになって、結構話題になっとんのに、
そんなんなんきゃ?と思いつつも、映画のビデオなんて借りる習慣が
あれせん自分は、気になる映画はちゃんと劇場に足を運ぶのでございました~。
仕事が急遽暇になったので、早退して、洋服買って、
映画の日に1000円ですけどね!
(もう、なんか、最近、なるべく毎月1日は、映画観ようと考えている)

c0025481_16594136.jpg【あらすじ】
37歳になるメイビス(シャーリーズ・セロン)は自称作家だが、現在はゴーストライターとして“ヤングアダルト”(少女向け小説)を執筆中。バツイチで恋人ナシ、心の友はアルコールと愛犬という彼女はある日、一通のメールを受け取り、故郷へ帰ることに。昔の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)と再会するメイビス。いつまでも大人になれない、そんな規格外の彼女が大騒動を巻き起こした果てに見つける“真実”とは……。(MovieWalkerより)

「ビデオで観ればいい」というのは、アレだわ。
映画の演出方法が、ビッチな主人公に合わせたような手法だったってとこが
そう思わせるんかしらん…(笑)
アメリカ映画なのに、意外なほどミニシアター系な作りだったので、ちょっと驚いたw
というか、物語だって、舞台はアメリカだけど、なんか全然外国っぽくないというか、
日本でも、まったくそのまま有り得そうなストーリーに、衝撃を受けちゃったよ…。
こういう、田舎が憎くて街に出てきて、久しぶりに帰ってみたら云々みたいな話って
やっぱなに、万国共通なんでしょうか…。

都会出身で、思春期に田舎に引っ越したことで、故郷=都会好きが
決定的になった自分としては、田舎時代は別に黒歴史じゃないんだけど、
田舎が嫌で都会(ミネアポリス)に飛び出した気持ちがわからんでもないし、
というか、独身でビッチじゃなくても、これ、誰しもが何かしらの心当たりがあって、
ちょっとチクチクすることない?(笑)
俺は、別にありもしない古傷がちょっと刺激されてまったよwww
(だいたい、ニューヨークじゃなくて、ミネアポリスってところが、
また変にリアルだがんね…。東京じゃなくて名古屋、みたいなw)
あとは、チクチクとは別に、「あるある」ポイントが、3か所くらいはある(爆)
(結婚の知らせは突然なのに、なんか子供が生まれたことは律儀に
報告してくるとかね!)

故郷が嫌で都会に飛び出して、そこそこうまくやってはいるんだろうけど、
でも順風満帆ではなくて、年齢もいい感じになってきちゃった主人公メイビスと、
吃驚するくらい何も変わっていなくて、相変わらずの田舎町で、退屈なんだけど、
(いろんな意味で)健やかに小さな幸せを築いているかつての恋人や同級生。
都会に出て行ったメイビスからしてみたら、そろそろ田舎の思い出って美化される
存在だったのかもしれないが、田舎だって同じだけ時間は流れているわけで、
同級生も同じように年齢を重ねているわけです。
良くも悪くも、変わってないのは街並みだけだがんね。
田舎時代が黒歴史化しとると、本人たちからしてみれば、余計にエグい
んだろうけど、まぁ、ありきたりな対立構造だとは思うんですけど、
今の時代だからこそ、その先に見える、もっと大きな対立構造が
透けて面白いなぁ・・・って思っちゃった。(我ながら、こういう構造好きだね・・・)
しかも、舞台はどういうわけか、アメリカだしね!(←ここが日本人の自分にはデカい)

あと、金髪女優が着ると、キティーちゃんもあんなにオシャレなのかと
ビビりましたがw、こういう女性が、キティーちゃんのスウェットを着ているのが
「イタい」「ビッチ」というのも、これも何、日米共通なんきゃ?(笑)
[PR]
by yokusang_09 | 2012-03-01 15:58 | 映画を観てきた。 | Comments(2)
Commented by sabunori at 2012-03-29 21:50
yokusangさん、こんばんは。
私は結構好きでしたよ、この作品。
確かにニューヨークじゃなくてミネアポリスってとこが微妙でうまいですよね。
帰省して道端で母親にバッタリ出くわすシーンも笑いました。
まわりのウワサ話で娘が帰省しているらしいことを知っていた、って。(笑)
メイビスは確かに勘違いオンナではあるけれど、正直ですよね。
あいたた、とは思う部分はありましたが私はそんなに嫌いじゃないかも。
私が一番苦手なのはもと恋人の奥さんみたいな女性。
やたら他人に情けをかけたり〇〇してあげる、みたいな上から目線が
イヤだわー。
Commented by yokusang_09 at 2012-03-31 01:23
>sabunoriさん

自分も何だかんだで結構好きです。この作品。
あの奥さん…。きっと、健やかに結婚して子供ができて、
「アタシ今、幸せッ!!」って感じで主張したいときなんですかね…。
あれが、ああいう形で他人への攻撃につながるのかなぁ。なんて、
考えてしまいました。母親とのシーンは面白かったですね~。
あと、実家に帰って「私の昔の車ある?」って自転車みたいに
クルマに乗っているシーンも、なんか文化の違いを感じてしまいました(笑)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
オサレ@ナゴヤ
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 15:41
明けましておめでとうござ..
by yattokamedagaya at 10:38

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

(163)
(136)
(48)
(48)
(36)
(36)
(32)
(26)
(20)
(20)
(20)
(14)
(13)
(9)
(8)
(6)

検索

最新の記事

2017年春のおしゃれ散財記..
at 2017-03-23 21:39
玉田企画「少年期の脳みそ」@..
at 2017-03-11 22:56
ベッド&メイキングス「あたら..
at 2017-03-05 16:01
パルコプロデュース「キャバレ..
at 2017-02-19 18:04
2017年春のおしゃれ散財記..
at 2017-02-18 22:46
次回公演のご案内(オレンヂス..
at 2017-02-09 02:23
遅ればせながら、2017年の..
at 2017-01-21 03:15
今年観た芝居を振り返りベスト..
at 2016-12-31 23:56

ブログジャンル

つぶやき
演劇