「ヒミズ」@センチュリーシネマ

折角映画の日にお休みが取れたのに、体調不良でなかなか起きれんくて、
ハシゴする予定が、この1本しか観れんかった…。
今年は映画をちゃんと見るっていうのが目標だもんで、観るでよ!
てなわけで、1本目は、地元愛知県出身の園子温監督作品「ヒミズ」だぎゃー。

c0025481_2342880.jpg住田佑一(染谷将太)、15歳。彼の願いは“普通”の大人になること。大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに生きたいと考える住田は、実家の貸ボート屋に集う、震災で家を失くした大人たちと平凡な日常を送っていた。茶沢景子(二階堂ふみ)、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。他のクラスメートとは違い、大人びた雰囲気を持つ住田に恋い焦がれる彼女は、彼に猛アタックをかける。疎ましがられながらも住田との距離を縮めていけることに日々喜びを感じる茶沢。しかし、そんな2人の日常は、ある日を境に思いもよらない方向に転がり始めていく。借金を作り、蒸発していた住田の父(光石研)が戻ってきたのだ。金の無心をしながら、住田を激しく殴りつける父親。さらに、母親(渡辺真起子)もほどなく中年男と駆け落ち。住田は中学3年生にして天涯孤独の身となる。そんな住田を必死で励ます茶沢。そして、彼女の気持ちが徐々に住田の心を解きほぐしつつあるとき、“事件”は起こった……。“普通”の人生を全うすることを諦めた住田は、その日からの人生を“オマケ人生”と名付け、その目的を世の中の害悪となる“悪党”を見つけ出し、自らの手で殺すことと定める。夢と希望を諦め、深い暗闇を歩き出した少年と、ただ愛だけを信じ続ける少女。2人は、巨大な絶望を乗り越え、再び希望という名の光を見つけることができるのだろうか……。(goo映画より)

実は園作品は初めてだし、原作も読んだことないんですけどね…。
古谷実の漫画は、一番読んだことあるのは稲中ですw
東日本大震災後という設定に変えらえて、登場人物の設定も原作と大きく変更されとる
とのことだったんですが、まぁ、原作知らんもんで、お構いなしに観てましたw
でも、住田くんの周りにいるホームレス達は、完全に古谷ワールドっぽい感じで、
オッサン達がワイキャイ走り回る姿とか、くすくす笑ってしまった。(かわいいw)

って、そんな笑える作品なのかは知りませんが、自分としては、終始、
クスクス笑いつつも、スクリーンからバンバン押し寄せてくる気迫に圧倒されとりました。
コマ割りが目まぐるしいって印象でもないんだけど、引きの画とかアップの使い方が、
自分的には結構漫画的で、無意識に観客に登場人物の心理を
見せつける手法とか面白かったし、何より、中学生二人の、悲惨すぎる状況や、
それでもやっぱり青い(若い)二人や、キッチュなんだけど、実際に発生した、
震災後という設定をつくることによって、以前ほど「漫画的」にも見えない、
まわりの登場人物や(映画の中における)人々を取り巻く世界とかに、
身体はずーっと緊張しっぱなしだった。
そして、あんなにウソ臭いキレイごとの台詞として出てきていた、
「希望」とか「がんばれ」って言葉に、最終的に(皮肉なのか曲がりなりにもなのか)
収斂されていく「絶望」は、わずかな希望の光なのかもしれないけど、
被災地以外の日本国民に対する、遠回しな皮肉(?)のようにも(勝手に)感じられて、
一人で「あ~。」って思ってまったりw

うーん。なかなか感想がまとめにくいんですけど(笑)、とにかく圧倒されたし、面白かった。
その一言に尽きるw

あー、ただ、こんなこと言うと殴られそうですけど、園子温監督っていうのは、なんか
演劇界で言うなら三浦大輔(ポツドール)みたいなポジションになっとるんかしらん…。


ヒミズ公式サイト
[PR]
by yokusang_09 | 2012-02-01 18:56 | 映画を観てきた。 | Comments(2)
Commented by sabunori at 2012-02-04 00:15
yokusangさん、こんばんは。
園監督は愛知出身だったのですね~。知りませんでした。
監督初のコミック原作の映画化ということでどうなんだろ??と
思っていたのですが、キチンと園カラーになっていてさすが、と思いました。
感想がまとめにくい、というのものすごくわかります。
この監督の作品はどれを観ても感想をうまく言葉にできないんです。
でもそれは感じるものがないということではなくて、いろいろな思いが
押し寄せ過ぎてまとめられないという感じで。
本作は悲惨な展開でありながらどこかおとぎ話のようでもありましたね。
Commented by yokusang_09 at 2012-02-05 08:46
>sabunoriさん

色々な思いが押し寄せすぎて感想がまとめられない、って
まさに!って感じです。
非現実的な物語のようで、でもそう自分(というか現実)に遠くない
ような距離感のある世界だったなぁ、って印象があって、
そのバランス具合が、マンガっぽいというか、御伽話のような
感覚も覚えました。他のも観てみようかなぁ。。。
ちなみに、園監督は、豊川稲荷で有名な、豊川市出身です~。


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 00:43
別の回転レストランに、昔..
by yattokamedagaya at 16:17
>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 02:07
そうなんですよね。 ス..
by yattokamedagaya at 10:36

最新のトラックバック

物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
ヤング≒アダルト
from 龍眼日記 Longan D..
ヒミズ
from 龍眼日記 Longan D..

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

タグ

(167)
(137)
(48)
(48)
(38)
(37)
(33)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(13)
(9)
(8)
(6)

検索

最新の記事

公演のご案内(衣装として参加..
at 2017-06-18 15:33
国産ジーンズ発祥の地・児島へ..
at 2017-05-27 17:59
劇団唐組「ビンローの封印」@..
at 2017-05-20 22:15
SPAC「アンティゴネ 時を..
at 2017-05-05 23:07
クロムモリブデン「空と雲とバ..
at 2017-04-29 22:27
芝居流通センター デス電所「..
at 2017-04-29 16:50
コトリ会議「あ、カッコンの竹..
at 2017-04-22 15:51
悪い芝居「罠々」@HEPHALL
at 2017-04-08 22:56

ブログジャンル

つぶやき
演劇