ポツドール「おしまいのとき」@ザ・スズナリ

ポツドール3年半ぶりの新作。
で、自分自身も久々のポツドール。

今回は珍しく、お友達(オオサワくん)にチケットを手配してもらった。
いっつも自分がチケット調達するんですけどね…。なんか新鮮!
しかし、この日は、見事に寝坊してまって、7時20分に栄から出る
中央ライナー(高速バス)に乗るはずが、起きたら昼の11時過ぎ…!!!
まー、バスなんて山梨県内突入してまっとるがねー!ってことで、
慌てて新幹線で移動。3連休の中日だったけど、もう12時半に名古屋を出る
新幹線は結構空いとったよ。。。 E席取れたもんねww
(高速バス代と合わせると13,000円くらいかかったことになるんだが、
誕生日プレゼントにグリーン車に乗ったことにして、自己完結(泣))
でも、完全に無駄な出費だったて。新幹線は好きだけど、別の誕プレがほしかった!
でも、5時間近く寝坊しても、結局、東京への予定到着時刻1時間遅れで到着。
新幹線、やっぱ大好きwww
ちなみに、この日は久々に渋谷で買い物もして楽しかったー☆

なこたぁどーでもいいんだて。そろそろ本題。

c0025481_154480.jpgすさまじく簡単にあらすじを説明すると、
子供を亡くしてしまった主婦が、失意のどん底から、
不倫やドラッグを通じて、むちゃくちゃやってる自分を
肯定しまって復活を遂げるも、エスカレートし過ぎて
破滅してしまう、というお話。
…まぁ、ポツドールらしいお話だね(笑)
不倫相手のシャブ中の電気工事屋とか、
偽善たっぷりの隣人夫婦とか、どうしようもない人や、
イヤ~な人とかがいっぱい出てきて、その辺もポツドールw
あと、今回も「マンコくさい」ってセリフがでてきて、あれもよかったwww

最初に見た「激情」は、人間の嫌な部分を抽出凝縮しまくったパイを
顔に投げつけられたような衝撃があったんだけど(笑)、
それに比べりゃ、なんか、ポップでキャッチーな印象だった。
だって、観終わって、嫌な気持ちどころか、元気出てまったでね!
以前のパルコ劇場での作品に近いストーリーではありましたが、
スズナリという小バコ(とはいえ、下北沢じゃちょっと大きめなんだけど)が故の
覗き見感と、グルーヴ感は大変良かった。

しかし、自分の中でも意外だったのが、妙にすっきりとこの、イヤーな人間を
受け入れちゃってたってこと。よく言われるのは、三浦さんの書く人間って、
結局自分の中にどこか存在している部分なんだってことなんだけど、
まぁ、今回だってそうなんだろうけど、多分、3.11の地震と原発事故を通じて、
なんかそれが(自分の中だけかもだけど)、世の中にえらく共有されちゃったのよね。
もう、ぶっちゃけちゃうと、自分の中ではそれこそ「おしまい」が来てまったのよ、半分。
だからこそ、人間の、嫌な部分だろうがなんだろうが、本能さらけ出して、
道を踏み外して破滅的にでも、ある種ドッコイ生きてる主人公に、
共感や羨望とはまた違うんだけど、「そっか、そっか、そうだわなー」みたいな、
この境地を何と表現するのが適切なのかわからんけど、そんな感じだった。
また、いつもかかっとるんだけど、再度の復活を遂げた岡村靖幸が客入れで
流れとったのも、ちったあ影響あるんでしょうか。。。(ちょっとだけあったかなw)

というわけで、なんか、うん、救いなんてあれせんのだけど、
さわやかな後味だったよ。ポツドールなのに(笑) 
純粋に、面白かった。

あー、で、いつもの展開で、ちょっとだけケチつけとくと、リアリティをどらめちゃ
重視するがゆえに、ちょっとね、気になる点がありました。
ラストの、旦那を包丁で刺した時の血糊の飛び方と、そのあとご飯食べるとき。
血糊が、ぴゅぴゅっ!って何かスポイト(?)みたいなもんで飛ばしたでしょ?
なんか、ぬるかった!
あと、炊飯ジャーの中にあらかじめ茶碗に盛ったご飯を入れとくのは反則。
ちゃんと盛り付けるか、手づかみで食べるとか、そういうのが欲しかった。
ダメ出しが小姑みたいですんません!

-------------------------------------------------

ポツドールvol.19 「おしまいのとき」

2011年9月8日(木)~9月25日(日) @ザ・スズナリ

脚本・演出 三浦大輔
出演:米村亮太朗 古澤裕介 松浦祐也 松澤匠
    篠原友希子 高木珠里 新田めぐみ
舞台美術:田中敏恵 照明:伊藤孝(ART CORE) 映像・宣伝美術:冨田中理
小道具:河合路代 舞台監督:酒井詠理佳 演出助手:飯塚克之 上松頼子
写真撮影:曵野若菜 制作:木下京子 広報:石井裕太 制作協力:保坂綾子
協力:ゴキブリコンビナート 劇団宝船 スターダス・21 バードレーベル 
   スカイコーポレーション ダックスープ オフィスPSC スペーステン M☆A☆S☆H
企画・製作:ポツドール

[PR]
by yokusang_09 | 2011-09-18 23:38 | 芝居を観てきた2011 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(170)
(139)
(51)
(48)
(39)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14
日本総合悲劇協会「業音」@東..
at 2017-09-13 22:45
八月納涼歌舞伎第三部「野田版..
at 2017-08-17 23:39
少年王者舘「シアンガーデン」..
at 2017-08-10 22:00

ブログジャンル

つぶやき
演劇