日間賀島でふぐを堪能してきたでよ。

c0025481_22590379.jpg


日曜日は、東京勤務の時の同僚が、愛知県までお越しくださったので、
日間賀島へフグを食べに行きました。名古屋からちょっとした小旅行ですな。

この時期、名鉄沿線でよく広告を見かける、名鉄フリー切符+連絡船+ふぐ料理の
「日間賀島ふぐづくしプラン(日帰り)」を利用しておでかけ。
(メンバーの1人が手配してくれました。ありがとうございます!)
ちなみに、日間賀島とは、愛知県の有人離島のひとつでして、
トラフグやタコの水揚げで有名です。
http://www.himaka.net/fugu/institution

c0025481_22584872.jpg

c0025481_22585450.jpg

c0025481_22585917.jpg

名古屋から知多半島の先っぽの方の河和まで、名鉄特急で40分ちょい。
河和港から連絡船で20分ほどで到着。思っていたより近いw
ちなみに、今回はジャーニー気分を堪能するために、パノラマスーパーの展望席に乗車。
実は、長いこと愛知県民やってて初めて!大学時代、いつも名鉄乗ってたけど、
一般車両しか乗ったことなかったから…。ついつい感動というか、興奮。



到着後、少しだけ散策。というか、いきなりタコの串と缶ビールで大人のおやつをキメる。
日間賀島、長いこと愛知県民やってても初めてだったんですけど、先月の佐久島より
全然拓けてますな。本土も近いし。普通に漁港というか、観光地。人もたくさん。
(そう思うと、佐久島ってどらめちゃ田舎…)

そんなことを言いながら、時間になったので、そそくさと、
可及的速やかに、フグが待つ旅館へ(笑)



そしていよいよ…ふぐづくし!
これだよーーー!ふぐ刺し!てっさ!
歯ごたえがたまらんです。コリコリしていて、それでいてやわらか。
c0025481_22592154.jpg

てっちりーーー!(あえての湯気付き写真で感動を伝えたい)
c0025481_22590806.jpg

c0025481_22591626.jpg

シメは雑炊でうまうま。
c0025481_22591213.jpg


サービスで熱燗を一人一本ずつ付けてもらえて、これまた美味いの。
(ほかにもいろいろあったけど、ふぐに興奮しすぎて写真撮るの忘れた)

c0025481_23583345.jpg

c0025481_22592522.jpg

ちょっとお天気が良くなかったのと、その他事情により、旅館のお風呂でまったりしたあとは、
ちょっと足早に島を出てしまいましたが、もうちょっとゆっくりしてもよかったかも。
(レンタサイクルもあるし、レンタルの釣り竿もあるので、釣りもできます)
帰りは、船着き場付近でお土産を買って(タコせんべいと、ふぐの干物と、タコの塩辛)
またしても、パノラマスーパー(後ろ向きだけど最前列貸し切り)で名古屋に到着。
ちょっとした贅沢ですけど、こういうの重要だわ…

いや、佐久島、鳳来寺山と続き、愛知県の観光地を楽しんでまった…。
今まで何をやっていたのだろう、俺は…(苦笑)
でも、こういう近場との出会いをくれる人が、実は、みんな東京から
帰ってきた人(またはやってきた人)というのが面白い(笑)
この地方のことを、またちょっと見直すきっかけになったかも。

と、真面目っぽいこと言ってますけど、今度はタコ食いたいし、
この際、早いとこ篠島も行きたい。わーい。

[PR]
# by yokusang_09 | 2017-11-26 22:59 | アイチだがね。 | Comments(1)

紅葉狩りを兼ねて、鳳来寺山に登山に行ってきた。

c0025481_20262710.jpg

友人に誘われて、鳳来寺山に紅葉狩りを兼ねた登山に行ってきました。
ガッツリなアウトドアって、多分、霧ヶ峰以来…。
あの時はトレッキングだったので、登山となると20年前の御嶽山以来…。
(ケーブルカーで殆ど登っちゃった筑波山はノーカウントで。)
わし、この10年間とか何やってたんでしょ、とたまに疑問に思う。
(多分、仕事と芝居に邁進しまくってたんだと思う。今もしてるけど)
おかげさまで、周囲のアドバイスを受けて、真面目にパンツと靴だけ買ったというw

c0025481_20181801.jpg
というわけで、友人の車で、名古屋から新東名経由で2時間弱?で到着。
朝方まで雨だったけど、日ごろの行いがよかったせいか出発後まもなく晴れてきまして。
鳳来寺山の駐車場(その昔、鉄道があった頃は駅だったところ、らしい)から散策開始。
もみじまつり開催中で、屋台もたくさん出ておりました。
そして、しっかり色づいた木々。(もちろん、こないだ買った一眼レフ持参だでよ!)
c0025481_20261065.jpg


色づいた木々に心躍らせながら、そして屋台の誘惑を我慢しながら
(登山する時間がなくなるので)、鳳来寺山の石段まで到達。
ここ、1400段以上の石段があるんですよ…。
c0025481_20264331.jpg

c0025481_20265786.jpg

まぁ、階段上がるのは比較的得意なのですが(都会の階段で鍛えてるからw)、
それでもどらめちゃ長いし、雨でぬれて足元すべりやすいし、傾斜キツいしで、
途中で暑くて汗だくになって、上着脱いだりとか色々してましたけど、鳳来寺まで到着。
でも、実はここまでは車で来れるんですよねw
鳳来寺山といえば、愛知県の県鳥であるコノハズクが有名でして、
寺と崖とコノハズクの画は愛知県民ならば一度は見たことあるもんだと
思っていたのですが、そうでもないのか…。
とにかく、そういう山です。

c0025481_20360539.jpg

売店で五平餅を喰らって休憩した後は、本格的な登山の開始です。
東海自然歩道を歩く形で、恐らく鳳来寺本堂の横から抜けてくのがメジャーなのですが、
今回は東照宮の横を通り抜けてスタート。
これが石段エリアとは比べ物にならないくらい荒れ気味で
いきなりしっかりと倒木が道を塞いでいて、おニューの靴とパンツがしっかり汚れる…。
標高は低いけど、20年振りの登山の自分にとっては、なかなかの登り応え。
鳳来寺より上になると、杉が多くなるので、あまり紅葉している木は少ないんですが、
それでも時々、色づいた木々に出会うと嬉しくなって写真撮っちゃったり。
c0025481_20271931.jpg

木がしっかり生えているので、眺望がいいところというのは少ない気がしたんだけど、
それでも時々、下界を見渡せるところが出てくると、
「あ~、登山してる~」って気になりますw
c0025481_20273051.jpg


そんなこんなで、雨に濡れた登山道にたまに滑りそうになりながらも、頂上に到着。
しかし、頂上ってのが、全然頂上っぽくないw 途中の方がよっぽど頂上っぽい。
同じ比較的低い山でも、筑波山の女体山の方がはるかに頂上らしいんだが…。
c0025481_20274167.jpg
しかし、山頂にはなぜかまったくアウトドア感のない人々がいてビックリする…。
いや、服装や靴で登ってこられるような道ではなかったと思うのだが…。
我々にとっての下りルートはもっと楽なのか?
しかし、道中も意外なほど、ソレらしくない(ジャージにスニーカーですらない)人々に
出くわしたのは事実で、考えてみたのですが、地図を見ると鳳来寺から頂上まで
ちょっと行けば辿り着けそうな感じなんですよ。それこそ筑波山みたいに。
実際のところ、標高的にはそうなのかもしれないけど、そんなことないはずなんだけど…。
c0025481_20275507.jpg
ちなみに、鳳来寺山山頂から少し行ったところに、ルリ山という山がありまして。
そこの山頂は、眺望もよくて「これだよ、これが山頂だよーーー!」
というところがあります。筑波山な満足度w
登山で行かれる方はぜひ、そこまで足を延ばしていただきたい。
ビジュアル的な登頂感を満たしていただきたい。

c0025481_20561661.jpg
下りのルートは、上りに比べると整備されていたかな、という印象ですが、
それでも朝方まで降った雨の影響もあって、道はぬかるみ気味のところもあったし、
傾斜もちょっとキツかったです…。普通に通れるけど、倒木もちらほら。
でも、下るにつれて色づいてる木々も増えてきて、景色は楽しかったかな。
普通に歩くことはできたけど、段々と足が疲れてきて、
踏ん張りが効きにくくなりつつあったので、石段エリアも含めて慎重に下山。

で、日も暮れ始めた頃に、駐車場まで戻ってまいりました。
休憩とか含めて5~6時間くらい歩いてたことになるのかな。
夕陽に照らされた紅葉もこれまた美しく。実に正しく紅葉狩り。
充実のアウトドアな休日でございまいした。
(帰りは、温泉と焼き肉で疲れをいやして、名古屋へ戻り)
c0025481_20281054.jpg
c0025481_20282758.jpg
c0025481_20270745.jpg

10月の佐久島も含めて、なんか愛知県づいてますな、わし。
海水浴は茨城県まで行っちゃうようなわしなのにw
でも、これも誘ってくれる友人のおかげ。感謝感謝です。


************************

c0025481_20511561.jpg
余談ですが、昔はジャージにスニーカーで出かけてましたど、
やっぱり登山用のパンツと靴はあった方がいいですね…。
今回は好日山荘でパンツを買い、靴はL.L.BEANで買いました。
L.L.BEANは思っていたよりもお値打ちなので、個人的にはオススメしたい。
トップスは、汗をかいても速乾性のあるものがよくて、自分は長袖のコンプレッションに
ジム用のTシャツ、その上にネルシャツとナイロンパーカーというスタイルでしたが、
暑がりなのもあってか、これで十分でした。(一応、着込む用のジャージは持ってたけど)
トレッキングシューズは泥で汚れるし、下ってくると足が疲れるので、
替えの靴はあった方がよいです。
(今回同行した、登山が趣味の友人の助言に従いました)
それと、手袋もあった方がいい。丸太とか触らないといけないときがあって、
素手で触るのがちょっとなぁ…と思った瞬間が何度かあったので。
好日山荘がセール中で金券をもらったので、それで買っておこうかな、と思ってます。
(とはいえ、次の登山ないしトレッキングがいつになるかは不明なのだがw)

以上です。あー、楽しかった。



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
# by yokusang_09 | 2017-11-23 22:23 | アイチだがね。 | Comments(0)

約10年ぶりに、真面目にスポーツジムに行くことにしました。

c0025481_20573412.jpg
ほぼ10年ぶりに、真面目にスポーツジムに行くことにしました。
で、あまりにも運動着とかなかったので、色々新調しました…。
でも、グローブはかつて真面目に筋トレしていた時のやつそのまま!
ちなみに、靴は演劇関係者の性が出てしまい、ソールまで真っ黒のやつです(笑)

実はですね、健康診断にひっかかりまして…。血圧なんですけど。ちと高い。
塩分もあるのかもしれないけど、あと、白衣高血圧も絶対あると思うんだけど、
それでも東京勤務時代、毎日往復3.4キロくらい歩いてたときは
血圧なんて引っかからなかったんですよね。
それでなくとも、姿勢悪いし身体硬いし、筋肉萎んで痩せてくるし…
で、そろそろ運動しなきゃな、と思っていたところではあったのですが。

というわけで、11月からジム復活ですわー。場所は、通勤途中の某駅付近で。
見た目よくなる筋肉もつけたいけど、それよりも健康増進目的優先で、頑張りたい。

[PR]
# by yokusang_09 | 2017-10-29 20:57 | よくさん日記 | Comments(2)

愛知県芸術劇場「それからの街」@愛知県芸術劇場小ホール

c0025481_01110283.jpgわしが、年に1回、どういうわけか、名古屋で構えてみる芝居ってのが
このAAF戯曲賞受賞記念公演かもしれん。関係者じゃないけどw
なんか、たいてい何かしら攻めてくるから…。

今回は、審査員の一人、第七劇場の鳴海さん演出。なんかうれしい。
(審査員、みんな演出家だし、それぞれ観たいので。)
しかし、脚本を事前に見て驚きましたけど、なんちゅーか、
案外ザックリといいますか、世界がパラレルに流れてるところがあって、
台詞が被ったり、同時進行したり、つながったりって…
あれ…これって…名古屋でいうなら王○舘…w みたいな気持ちになり、
「ちょっとこの王○舘のお膝元で、いい根性してるじゃないの~」みたいな、
ウザ外野モードな気持ちも持ちつつw(←冗談です)鑑賞。

作者は元々は音楽系の人で、ミニマルミュージック等をやっておられるとのことで。
そういわれてみると、戯曲を見たときの印象は、自分が今まで見た演劇の台本とは違って、
ちょっと楽譜のような印象もあったのは事実。
「音楽的と捉えるか、演劇的と捉えるか」みたいなことが当日パンフの記述にあって、
正直言うと、鳴海演出の今回の作品には、演劇的なものは感じていたけど、
あまり音楽的な要素は見いだせてなくて(踊ってたりもしてたけど)。
そうしたら、実はそういうことで、今回の作品ではすごく
「演劇」に寄せることに注力したんだそうな。
ワシ、そういう点では完全に演劇思考なので、普通に受け入れちゃってたよ…w
でもなに、ついついテキストから意味を見出そうとするのって、
やっぱ、あれかね、一応は演劇思考なの…?
(これ以上深く考えるのはやめますw)

行動を起こす/起こさない、去りし者/残されし者という関係性も
気になってはいたけど、物事や行動を繰り返す(時には他とリンクする)中で、
形骸化したり欠落したりしていく様子が、今の自分には大変印象的だった。
別にそれが悪いことだとは一切思わないし、人間が本能的に行っている、
ごく当たり前のことなのかもしれないけど、こうやって辛いことも嬉しいことも、
大なり小なり忘れて、熟して生きていくんですよね…という。
しかし、それのことが、何か大きな気持ちの変動を伴って起こるものではなく、
流れるようにして事が起こって、受け入れ、段々と喪失していく、
というそのプロセスは、色んな事に当てはめれてしまうし、それ故色々想起してしまう。
そのことが、批判のような、同時に自責のような、でもそんなことは切り離して、
ただそういう事実が示されていたような。
とはいえ、これ、色々そぎ落としての演劇でしょ? みたいな思考が結構ぐるぐる
回ってしまって最終的に、結構心にずっしり来ちゃう。

今回の公演、役者は事前段階からとっても気になっていたのだが、
予想していたよりもずっとよかった。
雑なコメントになってしまうけど、やっぱり役者力がすごい!
あの役者だから成立していた部分もあったかな、という印象。
中林さんと茂手木さんは何度か演技は観たことがあって、
名古屋で観られる喜び~みたいな
感じだったけど、
あとの初見の2人もこれまた、すんごくよくて。

そういう意味で言うと、ホントに、演出をはじめとするスタッフと
役者で作り上げてますな、今回の作品。なんちゅーか、この構築された感じってのが、
自分は結構好きだったのかもしれない。別に関係者じゃないから、
苦労に対する贔屓目みたいなものは一切ないし、そういう意味でもないんですけど。

------------------------------------------------------------------------------
愛知県芸術劇場 第16回AAF戯曲賞受賞記念公演「それからの街」
2017年10月21日~23日 @愛知県芸術劇場小ホール

作:額田大志
演出:鳴海康平(第七劇場)
出演:中林舞、南波圭(なんばしすたーず/青年団)、茂手木桜子、山内庸平
振付:福留麻里 サウンドアドバイザー:池田萌
照明:藤原康弘  衣装:清川敦子
演出助手:蜂巣もも(青年団演出部) ドラマトゥルク:長島確
宣伝写真:松見拓也 宣伝美術:三重野龍
舞台監督:世古口善徳 制作:村松里実、高橋志野
プロデューサー:山本麦子

[PR]
# by yokusang_09 | 2017-10-22 21:03 | 芝居を観てきた2017 | Comments(0)

下鴨車窓「冬雷」@四天王寺スクエア

c0025481_23573063.jpg【あらすじ】
寒い海に臨む小さな町で起きた山火事。報道によれば死者は出ず、被害は無人の山小屋が焼け落ちるところで止まったという(その周りの林に多少の延焼があった)。麓から火事を見たある者は山に雷が落ちて煙が上がったと証言した。別の者は放置された山小屋にたびたび侵入する地元の若い人が関係しているのではないかと噂した。
消防が原因を調査中というところまでしか報じられなかったのは、なにか秘密があるわけではなく、報じるに値するほどの事件ではないとされたからであり実際にほとんどの者はまもなく忘れてしまった。現場近くのロープウェイも火事の翌日から通常通りに営業され観光にも影響はなかった。
けれども沈黙して現場に赴く者がいる。焼けたままになっているその場所から海に目を遣り、雷が鳴るのを聞く。しばらくすれば雪が降る。海から向かってくる、強い雪が。(劇団HPより引用)


劇団名は以前から知ってはいたのですが、今回初めての下鴨車窓。
あんまりどんな芝居なのかってことは、ちゃんと聞いたことがなかったので、
超暗かったらどうしよう…とか思ってたんですけど(笑)
結果的には超良質な会話劇に大満足。

台詞・役者の動き・スタッフワークのすべてにおいて、実に細かなところまで
配慮がなされていて、その緻密さに圧倒されたというか。
アフタートークでわかったことなのですが、まさか役者がチャック全開で出てくる
場面に関して、あそこまでの配慮があったとはw
個人的には、汗っかきと思われる役者に、途中で汗を拭かせる演出が
あったというのが斬新だったです。それも、きわめて自然に。
あとは屋外の放送のエコーの効き方とか。
基本的には静かな芝居なのですが、意外と静かさを感じさせない、上手く言えないけど
登場人物たちの意識と、実際の空間描写とのバランス具合も興味深かったです。

男女の会話から、まぁ、いわゆる男脳女脳的なものも感じ取れるわけなのですが、
そのすれ違いっぷりというか、立ち上がってくるディスコミュニケーション具合が
超リアルで、登場人物の気持ちや、場の空気感が、本当に手に取るように、というか
心に直接伝わってくる感じで、その空気感自体は心地よいものではないのだけれど、
芝居には安心して身をゆだねられるっていうか。

一方で、台詞が何度かリフレインしたり、土とリノ床のコラボのところに裸足で立つとか、
役者の出ハケのアレンジによる時間的・空間的処理という、いかにも演劇的な
ものが、全体のリアルさとの対比で結構意識が向くんです。
ともすれば何でもない会話劇なのですが(まぁ、会話劇とは大抵そういうもんであるw)、
そこに、そういった演劇的な非リアルが、実にスッと入り込んでいるところも面白くて。
ただ切り取ってきた、というわけじゃなくて、ちゃっかり?しっかり演劇的な
構造が組み込まれて機能していたという、そういう点でも、演劇的満足度が高かったです。
つまり、大変良かったということです。はい。

てか、津なんて、名古屋から案外近いんだからもっとみんな
行けばいいと思うんだどなぁ。うん。
(というのも、自分がいった回は、意外と客が少なかったので…)

------------------------------------------------------------------------------------
下鴨車窓 演劇作品「冬雷」(ふゆのらい)
(津公演)
2017年10月14日~15日 @四天王寺スクエア

脚本・演出:田辺剛
出演:気田睦、横山莉枝子、國松卓、政井卓実、福井菜月(ウミ下着)、篠原彩
舞台監督:山中秀一
舞台美術:川上明子
照明:葛西健一、堀あゆむ
音響:小早川保隆、下野司
企画制作:下鴨車窓、三井耶乃、(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催(津公演):下鴨車窓、(特非)パフォーミングアーツネットワークみえ、四天王寺スクエア
助成:芸術文化振興基金

[PR]
# by yokusang_09 | 2017-10-14 16:53 | 芝居を観てきた2017 | Comments(0)


生きて名古屋に帰って来たよ。


by yokusang_09

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おしらせなど

☆気軽にコメントしてちょお
*エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。

☆記事の内容に関係のないコメント・トラックバックはこちらの判断で削除させていただく場合があります。

☆現在、スパム対策として、当ブログの記事にリンクのないTBを拒否する設定にしています。(エキサイトブログはリンク無しでも可)。

お気に入りブログ

フランス落書き帳
広島きのぴーワールドヽ(...
勝手気ままに書き綴りたいこと
おてんば日記~~魅惑のゲ...
パルケのひとりごと
やっとかめ どっとこむ
北欧建築ゼミ アアルト
グッドデザイン フォー ミー
龍眼日記 Longan...
smilecircle
近代建築ゼミ Moder...
-since 1984-...
ユロ*グラフィック ニュ...
メンズファッション塾-ネ...
コペンハーゲン mell...
青山おしゃれ古着店
バンコク mellow ...
グッドデザインニューヨーク
橙通信/堀江宏樹ブログ
WITH LATTICE

カテゴリ

全体
ナゴヤだがー。
芝居を観てきた2017
芝居を観てきた2016
芝居を観てきた2015
芝居を観てきた2014
芝居を観てきた2013
芝居を観てきた2012
芝居を観てきた2011
芝居を観てきた2010
芝居を観てきた2009
芝居を観てきた2008
芝居を観てきた2007
芝居を観てきた2006
芝居を観てきた2005
映画を観てきた。
ファッション
多事争論@ナゴヤ
探検・発見@ナゴヤ
のみくい@ナゴヤ
おでかけ@ナゴヤ
アイチだがね。
物欲との死闘
ギフもええよ。
ナガノの近く。
よそんとこ
たびにでたがね。
よくさん日記
芝居稽古日誌
東京暮らし
このブログのこと
未分類

最新のコメント

>やっとかめさん そう..
by yokusang_09 at 00:17
普段ほとんど上が100い..
by yattokamedagaya at 19:30
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:51
新しいPENTAX、いい..
by yattokamedagaya at 16:52
>秋津さま 私も初めて..
by yokusang_09 at 23:40
ご来場ありがとうございま..
by 秋津ねを at 18:23
>やっとかめさん ..
by yokusang_09 at 21:58
記事とは直接関係ないんで..
by yattokamedagaya at 14:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(170)
(140)
(51)
(48)
(40)
(37)
(35)
(28)
(20)
(20)
(20)
(14)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)

検索

最新の記事

日間賀島でふぐを堪能してきた..
at 2017-11-26 22:59
紅葉狩りを兼ねて、鳳来寺山に..
at 2017-11-23 22:23
約10年ぶりに、真面目にスポ..
at 2017-10-29 20:57
愛知県芸術劇場「それからの街..
at 2017-10-22 21:03
下鴨車窓「冬雷」@四天王寺ス..
at 2017-10-14 16:53
佐久島で開催のオールナイト映..
at 2017-10-12 01:35
ロロ「BGM」@三重県文化会..
at 2017-09-30 16:11
ぼくのデジタル一眼レフデビュ..
at 2017-09-28 01:14

ブログジャンル

つぶやき
演劇